島田 和武

J-GLOBALへ         更新日: 09/03/09 00:00
 
アバター
研究者氏名
島田 和武
 
シマダ カズタケ
所属
旧所属 金沢大学 大学院自然科学研究科 生命科学専攻
学位
薬学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1967年
 - 
1987年
東北大学 助手,講師,助教授
 
1987年
   
 
金沢大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1967年
北海道大学 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1965年
東北大学 医学部 薬学科
 

委員歴

 
2006年
 - 
2006年
日本薬学会  北陸支部長
 
2005年
 - 
2006年
日本分析化学会  中部支部幹事
 
2005年
 - 
2005年
日本臨床化学会  副支部長
 
2006年
 - 
2007年
クロマトグラフィー科学会  評議委員,編集委員
 

受賞

 
1978年
日本薬学会奨励賞
 
2002年
クロマトグラフィー科学会学会賞
 

Misc

 
先端の分析化学ー理工学からナノ・バイオまでー
エヌ・ティ・エス社      2004年
Development of analyses of biological steroids using chromatography----
Chromatography   24(1) 1-6   2003年
Application of 4-(4-nitrophenyl)-1,2,4-triazoline-3,5-dione to analysis of 25-hydroxyvitamin D3---
ANALYTICAL SCIENCES   19(6) 941-943   2003年
Studies on neurosteroids XV. Development of enzyme-linked immunosorbend assay for ---
JOURNAL OF PHARMACEUTICAL AND BIOMEDICAL ANALYSIS   30(6) 1907-1917   2003年
分析化学II,改訂第5版
南江堂      2002年

Works

 
アルファカルシド-ル微量測定法の開発
2001年
ヒト前立腺でのdehydroepiandrosteroneの動態
2001年

競争的資金等の研究課題

 
生体成分の分析科学
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2005年

特許

 
ステロイド性生体内微量物質の測定方法
3686657