堀 裕和

J-GLOBALへ         更新日: 03/12/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
堀 裕和
 
ホリ ヒロカズ
所属
山梨大学
部署
大学院医学工学総合研究部 物質工学系 山梨大学 大学院医学工学総合研究部 物質工学系
職名
教授
学位
工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1983年4月
   
 
山梨大学講師(工学部)
 
1986年8月
   
 
山梨大学助教授(工学部)
 
1988年8月
   
 
University of Washington客員准教授
 
2003年2月
   
 
山梨大学教授(工学部)
 

学歴

 
 
 - 
1980年
京都大学大学院  
 
 
 - 
1983年
京都大学大学院  
 
 
 - 
1978年
京都大学  
 

Misc

 
H. Nejo,P. Dorozhkin,H. Hori
Jpn. J. Appl. Phys.   42(7B) 4743-4747   2003年
解説論文:光近接場の基本的な性質
井上 哲也,堀 裕和
電子情報通信学会論文誌 C   J84-C(5) 349-356   2001年
特集」応用物理と境界領域, ナノテクノロジーにおける光と物性の融合
堀 裕和
応用物理   70(8) 976-983   2001年
総合報告;ナノ光科学・技術の進展と今後の展望
堀 裕和
応用物理   77(6) 631-642   2008年
Y.Ohdaira,K. Kijima,K. Terasawa,M. Kawai,H. Hori,K. Kitahara
J. Microscopy   202(1) 255-260   2001年

書籍等出版物

 
ナノ光工学ハンドブック
朝倉書店   2001年   
共訳, 生命とは何か:それからの50年, (What is life?:The next fifty years, M.P.Murphy and L.A.J.O'Neil eds., Cambridge Univ. Press, 1995
培風館   2001年   
ナノスケールの光学
オーム社   2006年   
電子・通信・情報のための量子力学
コロナ社   2008年   

講演・口頭発表等

 
ナノ光デバイスの将来
第48回応用物理関係連合講演会, シンポジウム"ナノ光機能デバイスへ向かう近接場光学"   2001年   
電子スピン計測のもつ多様な意味
第32回応用物理学会学術講演会, シンポジウム"SPMによるナノ領域のスピン計測"   2001年   
科学と多様性
京都大学基礎物理学研究所研究会   2001年   
ナノ光デバイス特有の機能と可能性
第50回応用物理学関係連合講演会, 「ナノフォトニクスの展開」シンポジウム   2003年   
ナノオプティクスを支える物質環境
第51回応用物理学関係連合講演会   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
量子エレクトロニクス,近接場量子光学
ナノ光電子機能デバイス
ナノオプティクスの基礎
バイオ分子の質量分析における脱離イオン化
脳波のトラジェクトリー解析

特許

 
合成エバネッセント波暗視野励起による局所偏光顕微鏡分析・分光方法および装置とこれを応用した物質操作方法および装置