黒田 章夫

J-GLOBALへ         更新日: 13/02/19 16:02
 
アバター
研究者氏名
黒田 章夫
 
クロダ アキオ
URL
http://home.hiroshima-u.ac.jp/~mbiotech/kuroda/
所属
広島大学
部署
大学院先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻 大学院先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻
職名
教授
学位
工学修士(大阪大学), 博士(工学)(大阪大学)

プロフィール

〈出身〉
1988年:大阪大学大学院工学研究科 博士課程前期修了、
1993年:大阪大学(工学博士)
〈職歴〉
1988年:信州大学繊維学部 助手
1994年:広島大学工学部 助手
1995年〜96年:スタンフォード大学医学部研究員
1997年:広島大学工学部 助教授
1998年:広島大学大学院先端物質科学研究科 助教授
2001年:JSTさきがけ研究21研究員兼任
2004年:JST SORST研究員兼任
2005年:広島大学大学院先端物質科学研究科 教授

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
2012年
広島大学 大学院・先端物質科学研究科 教授
 
1998年
   
 
- 広島大学大学院先端物質科学研究科
 
1997年
 - 
1998年
 広島大学工学部
 
1994年
 - 
1997年
 広島大学工学部
 
1988年
 - 
1994年
 信州大学繊維学部
 

学歴

 
 
 - 
1988年
大阪大学 工学研究科 醗酵工学
 
 
 - 
1986年
大阪大学 工学部 醗酵工学科
 

委員歴

 
2011年6月
 - 
2013年5月
リン資源リサイクル協会  監事
 
2011年5月
 - 
2013年4月
日本生物工学会  理事
 
2011年5月
 - 
2013年4月
環境バイオテクノロジー学会  理事
 

受賞

 
2012年4月
文部科学省 文部科学大臣表彰科学技術賞 バイオ蛍光法によるアスベスト検出 技術の開発
 
2004年
日本農芸化学奨励賞
 
2002年
生物工学会斉藤賞
 
2001年
発酵と代謝研究奨励賞
 
1995年
Human frontier science program, Long-term fellowship award.
 

論文

 
Hirota R, Motomura K, Nakai S, Handa T, Ikeda T, Kuroda A
Biotechnology letters   35(5) 695-701   2013年1月   [査読有り]
Ye X, Honda K, Sakai T, Okano K, Omasa T, Hirota R, Kuroda A, Ohtake H
Microbial cell factories   11 120   2012年9月   [査読有り]
Hirota R, Yamane ST, Fujibuchi T, Motomura K, Ishida T, Ikeda T, Kuroda A
Journal of bioscience and bioengineering   113 445-450   2012年4月   [査読有り]
Ishida T, Alexandrov M, Nishimura T, Minakawa K, Hirota R, Sekiguchi K, Kohyama N, Kuroda A
Journal of fluorescence   22 357-363   2012年1月   [査読有り]

Misc

 
Genetic structure, isolation and characterization of a Bacillus licheniformis cell wall lydrolase
Molecular General Genetics   234   1992年
Characterization of a Bacillus subtilis CwbA protein which stimulates cell wall lytic amidase.
FEMS Microbiology letters   95   1992年
Cloning, Sequencing and genetic mapping of a Bacillus subtilis cell wall lydrolase gene.
Journal of General Microbiology   136   1991年
Molecular cloning and sequencing of the upstream region of the major Bacillus subtilis autolysin gene : a modifier protein exhibiting sequence homology to the major autolysa
Journal of General Microbiology   138   1992年
Molecular Cloning of a Sporulation-Specific Cell Wall Hydrolase Gene of Bacillus subtilis. (共著)
Journal of Bacteriology   175(19) 6260-6268   1993年

書籍等出版物

 
大竹 久夫, 長坂 徹也, 松八重 一代, 黒田 章夫, 橋本 光史 (担当:共著)
大阪大学出版会   2011年7月   ISBN:487259312X
Chemotactic signal transduction network in Pseudomonas aeruginosa
Molecular Biology of Pseudomonads. American Society for Microbiology, Washington USA   1996年   
Genetic improvement of bacteria for enhanced biological removal of phosphate from wastewater
Inorganic polyphosphates   1999年   
「生命の無機ポリマー ポリリン酸とバイオテクノロジー」バイオテクノロジー講義
朝倉書店   1998年   
バイオテクノロジー講義、ー生命の無機ポリマー ポリリン酸とバイオテクノロジー
朝倉書店   1999年   

Works

 
バイオによるアスベスト検出技術開発
黒田 章夫   芸術活動   
シリコン結合タンパク質による半導体バイオ融合
黒田 章夫   芸術活動   
ATP-ルシフェリン発光反応制御
2004年
超高感度ATP検出技術
2000年
リンのリサイクル
1999年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 黒田 章夫
補酵素の再生系の開発は、工業レベルでの酵素利用において、非常に重要な課題である。すでに構築した超安定なATP再生系ではポリリン酸を原料にATPを再生する。また、本研究で構築するNAD(P)H再生系では亜リン酸を原料にNAD(P)Hを再生する。安全で安価な無機リン酸系分子で補酵素再生系を統一することによって、クリーンなバイオプロセスを目指す。予備実験において取得されていた70℃で亜リン酸酸化活性を示すPTI株はPtxDを保持していないことが分かったため、新たにスクリーニングを行った。亜リン酸...
バイオ蛍光法によるアスベスト自動計測ソフトウェアの開発
JST: 研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム
研究期間: 2010年10月 - 2013年3月    代表者: 黒田 章夫
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 黒田 章夫
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 黒田 章夫
ATPは生命エネルギーの通貨と言われ、多くの酵素がATPをエネルギー源あるいはリン酸化の基質として利用している。我々はポリリン酸(polyP)を利用してグルコースをリン酸化する酵素(polyP-GK)を発見し、その立体構造を解明した。本研究ではATPを利用するグルコキナーゼ(ATP-GK)を改変し、polyPを利用できる様にする分子改変に挑戦した。1,ATP-GKの触媒部位周辺の塩基性のアミノ酸が比較的少ないため、polyPとの親和性が低い可能性がある。そこで、触媒部位の入り口のAsp30...
バイオ技術による迅速・高感度・簡易アスベスト検出キット開発
JST: 研究成果展開事業【先端計測分析技術・機器開発プログラム】
研究期間: 2007年10月 - 2011年3月    代表者: 黒田 章夫