東原 秀和

J-GLOBALへ         更新日: 06/11/08 00:00
 
アバター
研究者氏名
東原 秀和
 
トウハラ ヒデカズ
所属
信州大学
部署
繊維学部 応用化学課程 繊維学部 素材開発化学科 無機素材化学
職名
教授
学位
工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
   
 
- 信州大学繊維学部 教授
 
1988年
 - 
1989年
 信州大学繊維学部 助教授
 
1967年
 - 
1988年
 京都大学 工学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1967年
信州大学 繊維学研究科 
 
 
 - 
1963年
信州大学 工学部 
 

Misc

 
Electrochemical Lithium Insertion of Heat Treated and Chemically Modified Multiwall Carbon Nanotubes
AIP Conference Proc   590 249-252   2001年
フッ化フラーレンの電気化学的性質と電子構造
電気化学および工業物理化学   66 368-375   1998年
カーボンナノチューブのリチウム電池への応用
応用物理   69 33-37   2000年
TOUHARA H, OKINO F
Carbon   38(2) 241-267   2000年
HATTORI Y, WATANABE Y, KAWASAKI S, OKINO F, PRADHAN B K, KYOTANI T, TOMITA A, TOUHARA H
Carbon   37(7) 1033-1038   1999年

書籍等出版物

 
Fluorinated Fullerenes
Advanced Inorganic Fluorides, Elsevier, Amsterdam   2000年   
カーボンナノチューブ 第5節 リチウム電池
情報機構   2002年   
Property Control of Carbon Materials by Fluorination
PCARBON ALLOYS, Elsevier   2003年   
Property Control of Carbon Materials by Fluorination
PCARBON ALLOYS, Elsevier   2003年   
炭素第三の同素体 フラーレンの化学」,III-10ラジカル反応-フッ素化反応とその他の反応
日本化学会編,学会出版センター   1999年   

Works

 
Structural and Electrochemical Properties of B-doped Multiwall Carbon Nanotubes
Electrochemical Lithium Storage by Single-Walled Carbon Nanotubes

競争的資金等の研究課題

 
カーボンナノチューブの創製とその化学的・物理的修飾,電子デバイス・エネルギー変換・貯蔵材料,高エネルギー密度リチウム電池
フラーレン及びナノダイヤモンドのフッ素修飾とナノベアリング・ナノ固体潤滑機能
多孔性炭素材料の電気二重層キャパシタ特性
ハロゲン元素,アルカリ金属のインターカレーション・ドーピングによるグラファイト,炭素クラスター(C60, C70)錯体・付加化合物の生成とπ電子系の物性制御
単層カーボンナノチューブによる電気化学的リチウム貯蔵特性