畑田 一幸

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/07 17:20
 
アバター
研究者氏名
畑田 一幸
 
ハタダ カズユキ
所属
岐阜大学
部署
教育学部
学位
理学博士(東京大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1999年
 - 
2003年
岐阜大学 教育学部 教授
 
 
   
 
岐阜大学 教育学部 数学(代数学及び幾何学) 教授
 

委員歴

 
2001年
   
 
日本数学会  評議員(2001) 代議員(2002)
 
1989年
   
 
米国数学会(The American Mathematical Society)  Reviewer of "Mathematical Reviews"
 

受賞

 
1988年
国際文化名誉賞状(The International Cultural Diploma of Honor).
 
1990年
国際メリット勲功賞(The International Order of Merit).
 
1992年
1991〜1992年の国際的人物賞(International Man of the Year 1991〜1992)
 
1996年
1995〜1996年の国際的人物賞(International Man of the Year 1995〜1996)
 
1989年
名誉の伝記記録賞(The Biographical Roll of Honor).
 

Misc

 
Kazuyuki Hatada
Far East Journal of Mathematical Sciences   81 261-271   2013年10月
We show that the full Newton equation of motion for a mass point P slipping without frictions on any curve C of C2 -class is obtained from the energy conservation equation for P, in a Euclidean plane under the usual constant gravitation field. Hen...
Kazuyuki Hatada
Far East Journal of Mathematical Sciences   59 221-230   2011年12月
Let k be any positive integer. Let X1, X2, ..., Xk be letters different from one another. Let s1, s2,..., sk be the elementary symmetric polynomials of X1, X2,..., Xk with deg(st(X1,..., Xk)) = t for each 1 ≤ t ≤ k. Let kCt = k!((k - t)!t!). Let b...
Kazuyuki Hatada
Far East Journal of Mathematical Sciences   49 1-6   2011年2月
Let k be any positive integer. Let r1, r2,..., rk be arbitrary real numbers. Let a1, a2,..., ak be arbitrary positive real numbers. Put a j, 0 = aj for 1 ≤ j ≤ k. Define sequences {a j, n}∞ for each j ε [1, k] recursively by aj,(n+1) = for all n ≥...
Kazuyuki Hatada
Far East Journal of Mathematical Sciences   37 97-103   2010年2月
For the cycloidal pendulum, by the method of our previous paper [1], we prove s′(t) = (-g/(4r))s()t where s()t denotes the length with sign ± of the arc from the bottom point to the location of a mass point at time t along the cycloid: x = r. Here...
Kazuyuki Hatada
Journal of Number Theory   87 1-14   2001年3月
Let ℓ be any prime number ≥2, and let N be any integer ≥1 with (N, ℓ)=1. We generalize J.-P. Serre's Théorème 5.4 in (1976, Enseign Math. (2)22, 227-260) and Théorème 12 in (1973, Lecture Notes in Mathematics, Vol. 350, pp. 191-268, Springer-Verla...

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 畑田 一幸
1.畑田一幸(研究代表者)の研究:(1)gを任意整数 2とする。次数gのジーゲスカスプ形式について、eigenformでラマヌジャン予想を満たすものが無限個存在することを、得た。それらの各元に対し、絶対ガロワ群の期待されていた表現が存在することも、得た。(以上、平成11年度本科研費交付申請書に書いた。)ラマヌジャン予想を満たさない次数gのジーゲルカスプ形式のeigenformの或る無限族(任意の重さ g+1の元を含む)の任意の元に対し絶対ガロワ群のよい表現が存在することも、得た。(2)アー...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 畑田 一幸
研究分担者は各々の専門分野の研究を進めた。ここでは研究代表者(畑田)の研究内容のみ記す。下記の研究内容に関して,研究分担者から助力は受けなかった。1.任意次数g,任意レベルN,任意ウェイトk≧g+1のジーゲルカスプ形式の空間に作用する通常のヘッケ作用素T_k(p)(pはp+Nからなる任意素数)の任意の固有値をλpで表す。λpの絶対値の評価に関して以前畑田はTokyo J.Math.13,pp.191-205(1990)のProblem3.7(i)を提起した。その後畑田はこの問題を進展させ,...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1987年 - 1987年    代表者: 畑田 一幸
1.畑他の論文"Homology Groups、Differential Forms and Hecke Rings on Siegel Modular Varieties"の主定理を書く。W≧0とg≧1を任意整数;Γ:Siegel上半平面hyg上freeに作用するSp(g、Ζ)の合同部分群;ΓとGSp^+(g、Ζ)に関するΖ上のHecke環をR;ΓとΖ^<2gw>の或る半直積をΓ×Ζ^<2gw>;Γ×Ζ^<2gw>\hy_g×С^<gw>を自然な商空間とする。\定理1.Γ×Ζ^<2gw>...
整数論,モジュラー形式,数論的スキームの研究
経常研究
研究期間: 1973年   
ゼータ函数とL函数の研究
経常研究
研究期間: 1973年