木曽 真

J-GLOBALへ         更新日: 16/03/09 15:39
 
アバター
研究者氏名
木曽 真
 
キソ マコト
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~kassei1/
所属
岐阜大学
部署
応用生物科学部
学位
農学博士(京都大学)
その他の所属
iCeMS,京都大学

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
岐阜大学 応用生物科学部 特任教授
 
1975年
 - 
1976年
岐阜大学 助手
 
1976年
 - 
1979年
岐阜大学 講師
 
1977年
 - 
1978年
ウィスコンシン大学 研究員
 
1979年
 - 
1990年
岐阜大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
京都大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1970年
京都大学 農学部 農芸化学
 

委員歴

 
2010年
 - 
現在
日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)幹事
 
1995年
   
 
日本農芸化学会  評議員,編集委員
 
1995年
   
 
日本糖質学会  評議員,監事,理事
 
1990年
   
 
日本有機合成化学協会  幹事
 

受賞

 
1983年
日本農芸化学奨励賞
 
2002年
日本農芸化学会賞
 
2001年
ISI High Cited Researchers
 
2007年
岐阜新聞大賞
 

論文

 
Sumida M, Hane M, Yabe U, Shimoda Y, Pearce OM, Kiso M, Miyagi T, Sawada M, Varki A, Kitajima K, Sato C
The Journal of biological chemistry      2015年3月   [査読有り]
Ueki A, Un K, Mino Y, Yoshida M, Kawakami S, Ando H, Ishida H, Yamashita F, Hashida M, Kiso M
Carbohydrate research   405 78-86   2015年3月   [査読有り]
Yabe T, Hosoda-Yabe R, Sakai H, Kanamaru Y, Kiso M
Analytical biochemistry   472 1-6   2015年3月   [査読有り]
Kitazume S, Imamaki R, Kurimoto A, Ogawa K, Kato M, Yamaguchi Y, Tanaka K, Ishida H, Ando H, Kiso M, Hashii N, Kawasaki N, Taniguchi N
The Journal of biological chemistry   289(40) 27604-27613   2014年10月   [査読有り]
Suzuki T, Makyio H, Ando H, Komura N, Menjo M, Yamada Y, Imamura A, Ishida H, Wakatsuki S, Kato R, Kiso M
Bioorganic & medicinal chemistry   22(7) 2090-2101   2014年4月   [査読有り]
Hara A, Imamura A, Ando H, Ishida H, Kiso M
Molecules (Basel, Switzerland)   19(1) 414-437   2013年12月   [査読有り]
Konishi M, Imamura A, Fujikawa K, Ando H, Ishida H, Kiso M
Molecules (Basel, Switzerland)   18(12) 15153-15181   2013年12月   [査読有り]
Crusat M, Liu J, Palma AS, Childs RA, Liu Y, Wharton SA, Lin YP, Coombs PJ, Martin SR, Matrosovich M, Chen Z, Stevens DJ, Hien VM, Thanh TT, Nhu LN, Nguyet LA, Ha DQ, van Doorn HR, Hien TT, Conradt HS, Kiso M, Gamblin SJ, Chai W, Skehel JJ, Hay AJ, Farrar J, de Jong MD, Feizi T
Virology   447(1-2) 326-337   2013年9月   [査読有り]
Yamada Y, Kobayashi H, Iwasa M, Sumi S, Ushikoshi H, Aoyama T, Nishigaki K, Takemura G, Fujiwara T, Fujiwara H, Kiso M, Minatoguchi S
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   304(8) H1124-33   2013年4月   [査読有り]
Kasai T, Nakane D, Ishida H, Ando H, Kiso M, Miyata M
Journal of bacteriology   195 429-435   2013年2月   [査読有り]
Nohara T, Imamura A, Yamaguchi M, Hidari KI, Suzuki T, Komori T, Ando H, Ishida H, Kiso M
Molecules (Basel, Switzerland)   17 9590-9620   2012年8月   [査読有り]
Tako M, Dobashi Y, Tamaki Y, Konishi T, Yamada M, Ishida H, Kiso M
Carbohydrate research   350 25   2012年3月   [査読有り]
Nakashima S, Ando H, Saito R, Tamai H, Ishida H, Kiso M
Chemistry, an Asian journal      2012年2月   [査読有り]
Neu U, Hengel H, Blaum BS, Schowalter RM, Macejak D, Gilbert M, Wakarchuk WW, Imamura A, Ando H, Kiso M, Arnberg N, Garcea RL, Peters T, Buck CB, Stehle T
PLoS pathogens   8 e1002738   2012年   [査読有り]
Iwayama Y, Ando H, Tanaka HN, Ishida H, Kiso M
Chemical communications (Cambridge, England)   47(34) 9726-9728   2011年9月   [査読有り]
Fujikawa K, Nakashima S, Konishi M, Fuse T, Komura N, Ando T, Ando H, Yuki N, Ishida H, Kiso M
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   17(20) 5641-5651   2011年5月   [査読有り]
Yabe T, Hosoda-Yabe R, Kanamaru Y, Kiso M
The Journal of biological chemistry   286(14) 12397-12406   2011年4月   [査読有り]
Ogasawara N, Katagiri YU, Kiyokawa N, Kaneko T, Sato B, Nakajima H, Miyagawa Y, Kushi Y, Ishida H, Kiso M, Okita H, Sato T, Fujimoto J
Journal of biochemistry   149(3) 321-330   2011年3月   [査読有り]
Abdu-Allah HH, Watanabe K, Completo GC, Sadagopan M, Hayashizaki K, Takaku C, Tamanaka T, Takematsu H, Kozutsumi Y, Paulson JC, Tsubata T, Ando H, Ishida H, Kiso M
Bioorganic & medicinal chemistry   19(6) 1966-1971   2011年3月   [査読有り]
Tamai H, Ando H, Tanaka HN, Hosoda-Yabe R, Yabe T, Ishida H, Kiso M
Angewandte Chemie (International ed. in English)   50 2330-2333   2011年3月   [査読有り]
Sasaki N, Kiso M, Kitagawa M, Saga Y
Development (Cambridge, England)   138 55-64   2011年1月   [査読有り]
Nakashima S, Ando H, Imamura A, Yuki N, Ishida H, Kiso M
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   17(2) 588-597   2011年1月   [査読有り]
Shimizu H, Iwayama Y, Imamura A, Ando H, Ishida H, Kiso M
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   75(10) 2079-2082   2011年   [査読有り]
Liu Y, Childs RA, Matrosovich T, Wharton S, Palma AS, Chai W, Daniels R, Gregory V, Uhlendorff J, Kiso M, Klenk HD, Hay A, Feizi T, Matrosovich M
Journal of virology   84(22) 12069-12074   2010年11月   [査読有り]
Yamanaka T, Tsujimura K, Kondo T, Matsumura T, Ishida H, Kiso M, Hidari KI, Suzuki T
Influenza and other respiratory viruses   4 345-351   2010年11月   [査読有り]
Nakashima S, Ando H, Imamura A, Yuki N, Ishida H, Kiso M
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)      2010年11月   [査読有り]
Oginuma M, Takahashi Y, Kitajima S, Kiso M, Kanno J, Kimura A, Saga Y
Development (Cambridge, England)   137(9) 1515-1522   2010年5月   [査読有り]
Friedrich N, Santos JM, Liu Y, Palma AS, Leon E, Saouros S, Kiso M, Blackman MJ, Matthews S, Feizi T, Soldati-Favre D
The Journal of biological chemistry   285(3) 2064-2076   2010年1月   [査読有り]
Ando H, Ishida H, Kiso M
Methods in enzymology   478 521-540   2010年   [査読有り]
Takahashi T, Hashimoto A, Maruyama M, Ishida H, Kiso M, Kawaoka Y, Suzuki Y, Suzuki T
FEBS letters   583(19) 3171-3174   2009年10月   [査読有り]
Abdu-Allah HH, Watanabe K, Hayashizaki K, Takaku C, Tamanaka T, Takematsu H, Kozutsumi Y, Tsubata T, Ishida H, Kiso M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   19(19) 5573-5575   2009年10月   [査読有り]
Childs RA, Palma AS, Wharton S, Matrosovich T, Liu Y, Chai W, Campanero-Rhodes MA, Zhang Y, Eickmann M, Kiso M, Hay A, Matrosovich M, Feizi T
Nature biotechnology   27 797-799   2009年9月   [査読有り]
Komori T, Imamura A, Ando H, Ishida H, Kiso M
Carbohydrate research   344(12) 1453-1463   2009年8月   [査読有り]
Magesh S, Savita V, Moriya S, Suzuki T, Miyagi T, Ishida H, Kiso M
Bioorganic & medicinal chemistry   17 4595-4603   2009年7月   [査読有り]
Kiso M, Tanaka S, Saba R, Matsuda S, Shimizu A, Ohyama M, Okano HJ, Shiroishi T, Okano H, Saga Y
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(23) 9292-9297   2009年6月   [査読有り]
Sawada T, Hashimoto T, Tokiwa H, Suzuki T, Nakano H, Ishida H, Kiso M, Suzuki Y
Glycoconjugate journal   25 805-815   2008年12月   [査読有り]
Ab initio base fragment molecular orbital studies of influenza viral hemagglutinin HA1 full-domains in complex with sialoside receptors.
Sawada T, Hashimoto T, Tokiwa H, Suzuki T, Nakano H, Ishida H, Kiso M, Suzuki Y
Journal of molecular and genetic medicine : an international journal of biomedical research   3 133-142   2008年11月   [査読有り]
Komori T, Ando T, Imamura A, Li YT, Ishida H, Kiso M
Glycoconjugate journal   25 647-661   2008年10月   [査読有り]
Ashida H, Maki R, Ozawa H, Tani Y, Kiyohara M, Fujita M, Imamura A, Ishida H, Kiso M, Yamamoto K
Glycobiology   18(9) 727-734   2008年9月   [査読有り]
Yoshikawa T, Kato Y, Yuki N, Yabe T, Ishida H, Kiso M
Glycoconjugate journal   25 545-553   2008年8月   [査読有り]
Yamaguchi M, Ishida H, Kiso M
Carbohydrate research   343(10-11) 1849-1857   2008年7月   [査読有り]
Suzuki H, Tsuda M, Kiso M, Saga Y
Developmental biology   318(1) 133-142   2008年6月   [査読有り]
Fujikawa K, Imamura A, Ishida H, Kiso M
Carbohydrate research   343(16) 2729-2734   2008年5月   [査読有り]
Imamura A, Yoshikawa T, Komori T, Ando M, Ando H, Wakao M, Suda Y, Ishida H, Kiso M
Glycoconjugate journal   25 269-278   2008年4月   [査読有り]
Li YT, Li SC, Kiso M, Ishida H, Mauri L, Raimondi L, Bernardi A, Sonnino S
Biochimica et biophysica acta   1780 353-361   2008年3月   [査読有り]
Magesh S, Moriya S, Suzuki T, Miyagi T, Ishida H, Kiso M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   18(2) 532-537   2008年1月   [査読有り]
Yu J, Sawada T, Adachi T, Gao X, Takematsu H, Kozutsumi Y, Ishida H, Kiso M, Tsubata T
Biochemical and biophysical research communications   360(4) 759-764   2007年9月   [査読有り]
Morimoto M, Kiso M, Sasaki N, Saga Y
Developmental biology   300(2) 687-698   2006年12月   [査読有り]
Imamura A, Kimura A, Ando H, Ishida H, Kiso M
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   12(34) 8862-8870   2006年11月   [査読有り]
Takaku H, Sato J, Ishida HK, Inazu T, Ishida H, Kiso M
Glycoconjugate journal   23 565-573   2006年11月   [査読有り]
Magesh S, Suzuki T, Miyagi T, Ishida H, Kiso M
Journal of molecular graphics & modelling   25(2) 196-207   2006年10月   [査読有り]
Attrill H, Imamura A, Sharma RS, Kiso M, Crocker PR, van Aalten DM
The Journal of biological chemistry   281(43) 32774-32783   2006年10月   [査読有り]
Makimura Y, Watanabe S, Suzuki T, Suzuki Y, Ishida H, Kiso M, Katayama T, Kumagai H, Yamamoto K
Carbohydrate research   341(11) 1803-1808   2006年8月   [査読有り]
Ando H, Shimizu H, Katano Y, Koike Y, Koizumi S, Ishida H, Kiso M
Carbohydrate research   341(10) 1522-1532   2006年7月   [査読有り]
Attrill H, Takazawa H, Witt S, Kelm S, Isecke R, Brossmer R, Ando T, Ishida H, Kiso M, Crocker PR, van Aalten DM
The Biochemical journal   397(2) 271-278   2006年7月   [査読有り]
Fuse T, Ando H, Imamura A, Sawada N, Ishida H, Kiso M, Ando T, Li SC, Li YT
Glycoconjugate journal   23 329-343   2006年7月   [査読有り]
Tsuda M, Kiso M, Saga Y
Mechanisms of development   123 440-449   2006年6月   [査読有り]
Ohmori K, Fukui F, Kiso M, Imai T, Yoshie O, Hasegawa H, Matsushima K, Kannagi R
Blood   107 3197-3204   2006年4月   [査読有り]
Ando H, Koike Y, Koizumi S, Ishida H, Kiso M
Angewandte Chemie (International ed. in English)   44(41) 6759-6763   2005年10月   [査読有り]
Tsuchida A, Ogiso M, Nakamura Y, Kiso M, Furukawa K, Furukawa K
Journal of biochemistry   138(3) 237-243   2005年9月   [査読有り]
Imamura A, Ando H, Ishida H, Kiso M
Organic letters   7(20) 4415-4418   2005年9月   [査読有り]
Shinya K, Hatta M, Yamada S, Takada A, Watanabe S, Halfmann P, Horimoto T, Neumann G, Kim JH, Lim W, Guan Y, Peiris M, Kiso M, Suzuki T, Suzuki Y, Kawaoka Y
Journal of virology   79(15) 9926-9932   2005年8月   [査読有り]
Yamaguchi M, Ishida H, Kanamori A, Kannagi R, Kiso M
Glycoconjugate journal   22 95-108   2005年3月   [査読有り]
Miyazaki K, Ohmori K, Izawa M, Koike T, Kumamoto K, Furukawa K, Ando T, Kiso M, Yamaji T, Hashimoto Y, Suzuki A, Yoshida A, Takeuchi M, Kannagi R
Cancer research   64 4498-4505   2004年7月   [査読有り]
Matsuura K, Oda R, Kitakouji H, Kiso M, Kitajima K, Kobayashi K
Biomacromolecules   5(3) 937-941   2004年5月   [査読有り]
Hara-Yokoyama M, Ito H, Ueno-Noto K, Takano K, Ishida H, Kiso M
Bioorganic & medicinal chemistry letters   13(20) 3441-3445   2003年10月   [査読有り]
Tsuda M, Sasaoka Y, Kiso M, Abe K, Haraguchi S, Kobayashi S, Saga Y
Science (New York, N.Y.)   301(5637) 1239-1241   2003年8月   [査読有り]
Li YT, Li SC, Ishida H, Kiso M, Raimondi L, Bernardi A, Sonnino S
Methods in enzymology   363 242-264   2003年   [査読有り]
Schnaar RL, Fromholt SE, Gong Y, Vyas AA, Laroy W, Wayman DM, Heffer-Lauc M, Ito H, Ishida H, Kiso M, Griffin JW, Shiekh KA
Analytical biochemistry   302(2) 276-284   2002年3月   [査読有り]
Kita K, Sueyoshi N, Okino N, Inagaki M, Ishida H, Kiso M, Imayama S, Nakamura T, Ito M
The Biochemical journal   362(3) 619-626   2002年3月   [査読有り]

Misc

 
Megumi Yamagishi, Ritsuko Hosoda-Yabe, Ritsuko Hosoda-Yabe, Hideki Tamai, Hideki Tamai, Miku Konishi, Miku Konishi, Akihiro Imamura, Hideharu Ishida, Tomio Yabe, Hiromune Ando, Hiromune Ando, Makoto Kiso, Makoto Kiso
Marine Drugs   13 7250-7274   2015年12月
LLG-3 is a ganglioside isolated from the starfish Linchia laevigata. To clarify the structure-activity relationship of the glycan of LLG-3 toward rat pheochromocytoma PC12 cells in the presence of nerve growth factor, a series of mono- to tetrasac...
Hideki Tamai, Hideki Tamai, Akihiro Imamura, Junya Ogawa, Hiromune Ando, Hiromune Ando, Hideharu Ishida, Makoto Kiso, Makoto Kiso
European Journal of Organic Chemistry   2015 5199-5211   2015年8月
Copyright © 2015 WILEY-VCH Verlag GmbH & Co. KGaA, Weinheim. The first total synthesis of neuritogenic ganglioside GAA-7 was achieved using the glucosyl ceramide (Glc-Cer) cassette approach. The stereocenter triad within the ceramide moiety of the...
Makoto Kiso, Makoto Kiso, Hideharu Ishida, Hiromune Ando, Hiromune Ando, Akihiro Imamura
Glycoscience: Biology and Medicine   331-338   2015年1月
© Springer Japan 2015. Various methodologies for the chemical synthesis of gangliosides have been explored so far and a lot of natural gangliosides including their structural analogues have been synthesized during the past three decades. Key techn...
Satoshi Abe, Yu Tokura, Rita Pal, Rita Pal, Naoko Komura, Naoko Komura, Akihiro Imamura, Kaori Matsumoto, Hiroshi Ijiri, Nusrat J M Sanghamitra, Hiroyasu Tabe, Hiromune Ando, Hiromune Ando, Makoto Kiso, Makoto Kiso, Hajime Mori, Susumu Kitagawa, Susumu Kitagawa, Takafumi Ueno
Chemistry Letters   44 29-31   2015年1月
© 2015 The Chemical Society of Japan. A crystalline solid protein assembly was functionalized with Lewis X (LeX) carbohydrates via site-selective bioconjugation of cysteine residues. An antibody can bind to the surface of modified crystals through...
Haruka Hirose, Hideki Tamai, Chao Gao, Akihiro Imamura, Hiromune Ando, Hiromune Ando, Hideharu Ishida, Ten Feizi, Makoto Kiso, Makoto Kiso
Organic and Biomolecular Chemistry   13 11105-11117   2015年1月
© 2015 The Royal Society of Chemistry. Total syntheses of two natural sulphoglycolipids, disulphated glycosphingolipid SB1a and the structurally related monosulphated SM1a, are described. They have common glycan sequences and ceramide moieties and...

書籍等出版物

 
コールドスプリングハーバー 糖鎖生物学 第2版
木曽 真 (担当:共著)
丸善   2010年   
Renewed synthetic approach to gangliosides exploiting versatile and powerful synthetic units, in Methods In Enzymology, Glycomics
木曽 真 (担当:共著)
Elsevier   2010年   
How does the FMO method help in studying viruses and their binding to receptors, In: The Fragment molecular orbital method: Practical applications to large molecular systems
CRC Press   2009年   
シアル酸化学の新局面―過去5年の動向から、「複合糖質の化学と最新応用技術」
シーエムシー出版   2009年   
alpha-Selective sialylation. In Glycoscience
Springer-Verlag   2008年   
第2章 合成編 医薬応用に向けた糖鎖合成技術の活用「シアル酸グルコシル化反応の改良と共通構造から展開するガングリオシドの系統合成法の探求」遺伝子医学 MOOK11 臨床糖鎖バイオマーカーの開発ー糖鎖機能の解明とその応用
株式会社メディカルドゥ   2008年   
Synthesis of glycolipids. In Comprehensive Glycoscience
Elsevier Limited   2007年   
生理活性シアロ糖鎖“糖鎖化学の最先端技術:第2章 有機合成による糖鎖の構築
シーエムシー出版   2005年   
未来を拓く 糖鎖科学:2章1 糖脂質の化学と応用 
金芳堂   2005年   
糖鎖科学の新展開   機能解明・次世代型材料・医薬品開発に向けて:第3編 第1章 第3節 グリコシル化反応のバージョンアップ
エヌティエス   2005年   
創薬のシーズを糖鎖に求めて“先端化学シリーズIII 糖鎖/バイオマテリアル/分子認識/バイオインフォマティクス
丸善株式会社   2003年   
Complex Carbohydrate Synthesis, in Carbohydrate-based Drug Discovery, Wong, C.-H., Editor.
Wiley-VCH: Germany.   2003年   
糖鎖工学・設計酵素による糖鎖合成“農芸化学の事典”
朝倉書店   2003年   
コールドスプリングハーバー 糖鎖生物学
丸善   2003年   
S-グリコシド合成;生物薬科学実験講座 脂質(]G0002[)-2
廣川書店   2000年   
含硫シアル酸アナログの化学と応用 ; 複合糖質の化学
シーエムシー   2000年   
木曽 真
学会出版センター   1999年4月   ISBN:4762229164
生理活性糖鎖研究法(編著) 生物化学実験法42
学会出版センター   1999年   
セレクチン認識糖鎖の分子設計(共著) 生理活性糖鎖研究法
学会出版センター   1999年   
ガングリオシド研究法I(共著)
学会出版センター   1995年   
岩瀬 仁勇, 木曽 真, 山本 憲二, 大西 正健, 平林 義雄 (担当:共著)
培風館   1994年12月   ISBN:456304539X
糖鎖の科学入門(共著)
培風館   1994年   
糖質エンジニアリングと製品化技術
サイエンスフォーラム   1993年   
糖鎖工学
産業調査会 バイオテクノロジー情報センター   1992年   
食品の生体調節機能
学会出版センター   1992年   
細胞と分子レベルにおける生体認識
秀潤社   1986年   

講演・口頭発表等

 
神経突起伸展活性をもつガングリオシドLLG-3の構造活性相関研究
山岸愛実
第11回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム   2013年9月9日   
ラクトサミンを合成基盤としたII型血液型抗原糖鎖の合成
原 温
第11回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム   2013年9月9日   
糖鎖−タンパク質複合体のX線結晶構造解析に利用可能なセレン標識糖鎖プローブの開発
鈴木達哉
第11回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム   2013年9月9日   
学生が語る複合糖質今昔物語
鈴木達哉
第32回日本糖質学会年会ワークショップ   2013年9月6日   
脂質ラフトの一分子追跡に向けた蛍光ガングリオシドGD1b、GT1bプローブの開発
小西美紅, 河村奈緒子, 鈴木健一, 今村彰宏, 安藤弘宗, 石田秀治, 楠見明弘, 木曽真
5th iCeMS Retreat   2013年9月   iCeMS
糖鎖―糖鎖相互作用を利用した万能細胞培養システムの構築の試み
Rita Pal, 河村奈緒子, 今村彰宏, 安藤弘宗, 都倉優, 北川進, 上野隆史, 石田秀治, 木曽真
5th iCeMS Retreat   2013年9月   iCeMS
神経突起伸展活性を有する棘皮動物ガングリオシドLLG-3及び類縁体の合成と構造活性相関研究
玉井秀樹, 山岸愛実, 矢部(細田)律子, 今村彰宏, 矢部富雄, 安藤弘宗, 石田秀治, 木曽真
5th iCeMS Retreat   2013年9月   iCeMS
DDSを指向したシアリルルイスX修飾リポソームの合成と機能評価
植木章晴, Johan Unga, 川上茂, 安藤弘宗, 石田秀治, 山下富義, 橋田充, 木曽真
5th iCeMS Retreat   2013年9月   iCeMS
セレン標識糖鎖プローブの開発と糖鎖−タンパク質複合体のX線結晶構造解析への利用
鈴木達哉
5th iCeMS Retreat   2013年9月   
ラクトサミンを合成基盤としたII型血液型抗原糖鎖の合成
原 温
第32回日本糖質学会年会   2013年8月6日   
神経突起伸展活性をもつガングリオシドLLG-3の構造活性相関研究
山岸愛実
第32回日本糖質学会年会   2013年8月5日   
糖鎖-タンパク質複合体のX線結晶構造解析を加速するためのセレン標識糖鎖プローブの開発
鈴木達哉
第32回日本糖質学会年会   2013年8月5日   
?型H抗原糖鎖の効率的合成
原 温
2013年度大会日本農芸化学会   2013年8月5日   
神経突起伸展活性をもつガングリオシドLLG-3の構造活性相関研究
山岸愛実
2013年度大会日本農芸化学会   2013年8月5日   
細胞膜メソ領域の1分子イメージングのための蛍光糖脂質プローブの開発 [招待有り]
河村奈緒子, 安藤弘宗, 鈴木健一, Chadda, Rahul, 久恵, 坪井, 池田泰祐, 田中賢治, 石田秀治, 楠見明弘, 木曽真
15th Asian Chemical Congress (15th ACC)   2013年8月   
ラフト分子の1分子イメージングに向けた蛍光ガングリオシドの合成と機能評価
河村奈緒子, 鈴木健一, 安藤弘宗, 石田秀治, 楠見明弘, 木曽 真
第32回日本糖質学会年会   2013年8月   日本糖質学会
DDSを指向したシアリルルイスX修飾リン脂質の合成と糖修飾リポソームの機能評価
植木章晴, Johan Unga, 川上茂, 安藤弘宗, 石田秀治, 山下富義, 橋田充, 木曽真
第32回日本糖質学会年会   2013年8月   日本糖質学会
脂質ラフトの一分子追跡に向けた蛍光ガングリオシドGD1bの合成と機能評価
小西美紅, 鈴木健一, 今村彰宏, 安藤弘宗, 石田秀治, 楠見明弘, 木曽真
第32回日本糖質学会年会   2013年8月   日本糖質学会
糖鎖―糖鎖相互作用を利用した万能細胞培 養システムの構築の試み
パルリタ, 河村奈緒子, 今村彰宏, 安藤弘宗, 都倉優, 北川進, 上野隆史, 石田秀治, 木曽真
第32回日本糖質学会年会   2013年8月   日本糖質学会
脂質ラフトの一分子追跡に向けた蛍光ガングリオシドGD1b、GT1bの合成と機能評価
小西美紅, 河村奈緒子, 鈴木健一, 今村彰宏, 安藤弘宗, 石田秀治, 楠見明弘, 木曽真
科研費新学術領域「神経糖鎖生物学」班会議   2013年7月   
中枢神経系糖脂質の機能解明に向けた光反応性ガングリオシドプローブの開発
河村奈緒子, 鈴木健一, 安藤弘宗, 石田秀治, 楠見明弘, 木曽真
科研費新学術領域「神経糖鎖生物学」班会議   2013年7月   
マンノース結合タンパク質の認識機構解明に向けたルイスAタンデムリピートの効率的合成研究
山路智也
2013年度大会日本農芸化学会   2013年3月25日   
ヘキソピラノース供与体の反応性に4位水酸基保護基がもたらす効果の検証
松本佳央梨
2013年度大会日本農芸化学会   2013年3月25日   
ジシアリルガラクトースユニットの実用的合成法の開発研究
廣_ 裕哉
2013年度大会日本農芸化学会   2013年3月25日   
硫酸化スフィンゴ糖脂質SM1a、SB1aの合成研究
廣瀬遥
2013年度大会日本農芸化学会   2013年3月25日   
Siglec-2阻害剤としてのシスリガンドミミックの合成とその生物学的評価
菅沼勇輝
2013年度大会日本農芸化学会   2013年3月25日   
Novel fluorescent ganglioside probe for the single molecule imaging of raft domain [招待有り]
安藤弘宗、木曽真
第14回国際細胞膜研究フォーラム   2013年3月   
Synthetic gangliosides and analogs: Versatile tools to elucidate the cell functions of sialoglycans [招待有り]
木曽真
Commemorative Symposium on the 20th Anniversary of the Mizutani Foundation for Glycoscience Glycoscience : diversity and integration〜生命多様性の統合的理解に向けた糖質科学〜   2012年11月   公益財団法人水谷糖質科学振興財団
DDS担体に向けた糖修飾リポソームの合成と機能評価
植木章晴, 美濃由佳, 運敬太, 吉田允, 川上茂, 安藤弘宗, 石田秀治, 山下富義, 橋田充, 木曽真
Annual Symposium on Nanobiotechnology Kyoto Cell-Material Integration   2012年11月   icems
CD22のシスリガンドミミックの合成及び生物学的評価
菅沼勇輝, 松原直子, 岩山祐己, 植木章晴, 今村彰宏, 安藤弘宗, 鍔田武志, 石田秀治, 木曽真
The 4th Asian Communication for Glycobiology and Glycotechnology (ACGG)   2012年10月   
生体適合性ナノ材料の開発に向けたSSEA-1、SSEA-3、SSEA-4の合成
Rita Pal、河村奈緒子、今村彰宏、安藤弘宗、石田秀治、都倉優、上野隆史、 北川進、Dongju Jung、中辻憲夫、木曽真
The 4th Asian Communication for Glycobiology and Glycotechnology (ACGG)   2012年10月   
脂質ラフトのライブイメージングに向けたガングリオシドプローブの開発
河村奈緒子、安藤弘宗、Rahul Chadda、池田泰祐、鈴木健一、石田秀治、楠見 明弘、木曽 真
The 4th Asian Communication for Glycobiology and Glycotechnology (ACGG)   2012年10月   
セレン標識糖鎖の合成と糖鎖-蛋白質複合体の立体構造解析への応用
鈴木達哉
第31回日本糖質学会年会   2012年9月17日   
セレン標識糖鎖プローブの開発と糖鎖−タンパク質複合体のX線結晶構造解析への応用
鈴木達哉
第10回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム   2012年9月6日   
トラフナマコ由来ガングリオシドHPG-7の全合成
岩山祐己, 安藤弘宗, 石田秀治, 木曽真
FCCAセミナー/FCCAグライコサイエンス若手 フォーラム2012   2012年9月   
DDSを指向した糖修飾コレス テロールの合成と糖修飾リポソームの機能評価
植木章晴, 美濃由佳, 運敬太, 吉田允, 川上茂, 安藤弘宗, 石田秀治, 山下富義, 橋田充, 木曽真
第31回日本糖質学会年会   2012年9月   
棘皮動物に由来する修飾シアル酸含有ガングリオシドの合成研究
玉井秀樹, 安藤弘宗, 石田秀治, 木曽真
第31回日本糖質学会年会   2012年9月   
修飾シアル酸合成法の開発とガングリオシドGAA-7の合成
玉井秀樹, 安藤弘宗, 石田秀治, 木曽真
第10回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム   2012年9月   
Synthesis and evaluation of 6-phospho-mannosylated liposomes for positive targeting in DDS
植木章晴 運敬太 吉田允 川上茂 安藤弘宗 石田秀治 山下富義 橋田充 木曽真
4th iCeMS Retreat   2012年8月   iCeMS
Synthesis of SSEA-1, SSEA-3 and SSEA-4 for developing bio-compatible-nanomaterials
Pal, R., Komura, N., Imamura, A., Ando, H., Ishida, H., Tokura, Y., Ueno, T., Kitagawa, S., Jung, D., Nakatsuji, N., Kiso, M.
4th iCeMS Retreat   2012年8月   iCeMS
Development of fluorescent ganglioside probes for characterizing raft meso-domains in the plasma membrane using single-molecule tracking
Ando, H., Suzuki, K., Komura, N., Chadda, R., Tsuboi, H., Ishida, H., Kusumi, A., Kiso, M.
4th iCeMS Retreat   2012年8月   iCeMS
中枢神経系糖脂質の機能解明に向けた1分子イメージング用プローブの開発
安藤弘宗, 河村奈緒子, 鈴木健一, Chadda, R., 池田泰祐, 石田秀治, 楠見明弘, 木曽真
平成24年度包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 夏のワークショップ   2012年7月   
Synthesis of Novel Glycosylated Cholesterols and Evaluation of Glyco-coated Liposomes for DDS
植木章晴 美濃由佳 運敬太 吉田允 川上茂 安藤弘宗 石田秀治 山下富義 橋田充 木曽真
26th International Carbohydrate Symposium (ICS2012)   2012年7月   
The Total Synthesis of Neurogenic Ganglioside GAA-7 from Starfish Asterias amurensis versicolor
玉井秀樹、安藤弘宗、石田秀治、木曽真
26th International Carbohydrate Symposium (ICS2012)   2012年7月   
The First Total Synthesis of Ganglioside HPG-7
岩山祐己、安藤弘宗、石田秀治、木曽真
International Carbohydrate Symposium (ICS2012)   2012年7月   
セレン標識糖鎖の合成と糖鎖-蛋白質複合体の立体構造解析への応用
鈴木達哉
2012年度大会日本農芸化学会   2012年3月22日   
ニッポンウミシダ由来ガングリオシドCJP-2の合成研究
水野孝星
2012年度大会日本農芸化学会   2012年3月22日   
ラフト分子の一分子追跡に向けた蛍光ガングリオシドプローブの合成と機能評価4
松井泉美
2012年度大会日本農芸化学会   2012年3月22日   
シアル酸セレノグリコシドの合成と加水分解酵素に対する耐性の検証
林知衣香
2012年度大会日本農芸化学会   2012年3月22日   
環状グルコシルセラミド受容体の改良検討とガングリオシドGalNAc-GM1bの全合成
小西美紅
2012年度大会日本農芸化学会   2012年3月22日   
ALS様疾患患者由来IgM抗体と反応するハイブリッド型ガングリオシドの効率的全合成
中島 慎也
2012年度大会日本農芸化学会   2012年3月22日   
Siglec-2阻害剤の効率的合成法の開発
菅沼勇輝
2012年度大会日本農芸化学会   2012年3月22日   
DDSを指向した糖修飾リポソームの合成と機能評価
植木章晴、美濃由佳、運敬太、吉田允、川上茂、安藤弘宗、石田秀治、山下富義、橋田充、木曽真
2012年度大会日本農芸化学会   2012年3月   
脂質ラフトの1分子追跡実験を指向した蛍光ガングリオシドプローブの合成と機能検証3
河村奈緒子, 安藤弘宗, 池田泰祐, 鈴木健一, 楠見明弘, 石田秀治, 木曽真
2012年度大会日本農芸化学会   2012年3月   
Synthesis of Selenium-Containing Glycan Probes and Its Application for the X-ray Structural Analysis of Glycan-Protein Complex
鈴木達哉
4th iCeMS Retreat   2012年   
Synthetic Study on Selenium-Containing Glycans
鈴木達哉
26th International Carbohydrate Symposium (ICS2012)   2012年   
Synthesis and evaluation of glyco-coated liposomes as drug carrier for positive targeting in DDS
Ueki, A., Mino, Y., Un, K., Yoshida, M., Kawakami, S., Ando, H., Ishida, H., Yamashita, F., Hashida, M., Kiso, M.,
11th iCeMS International Symposium"Chemical Control of Cells"   2011年12月   
ALS様疾患に関連するハイブリッド型ガングリオシドの効率的全合成研究
中島 慎也
第9回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム   2011年10月22日   
Development of novel ganglioside probes for chemical biology of lipid raft [招待有り]
Ando, H., Ishida, H. and Kiso, M.
3rd ACGG Conference   2011年10月   
蛍光ガングリオシドプローブの合成と1分子追跡実験によるラフト分配特性の解析 [招待有り]
河村奈緒子, 安藤弘宗, 池田泰祐,鈴木健一, 石田秀治, 楠見明弘, 木曽真
第9回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム   2011年10月   
トラフナマコ由来生理活性ガングリオシドHPG-7の全合成
岩山祐己, 安藤弘宗, 石田秀治, 木曽真
第9回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム   2011年10月   
Development of ganglioside probes as raft markers
Ando, H., Komura, N., Chadda, R., Tsuboi, H., Ikeda, T., Tanaka, K., Suzuki, K., Kusumi, A., Ishida, H. and Kiso,M.
第71回岡崎コンファレンス〜糖鎖分子科学の新たな展望〜   2011年10月   
DDSを指向した糖修飾リポソームの合成と機能評価
植木章晴, 美濃由佳, 運敬太, 吉田允, 川上茂, 安藤弘宗, 石田秀治, 山下富義, 橋田充, 木曽真
第9回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム   2011年10月   
An efficient total synthesis of hybrid-type ganglioside associated with amyotrophic lateral sclerosis-like disorder
中島 慎也
第31回内藤コンファレンス、シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ(北海道)   2011年9月13日   
蛍光標識ガングリオシドの合成と1分子追跡によるシグナルラフト形成機構の解明
鈴木 健一(iCeMS, Kyoto University),安藤 弘宗(応用生物科学部, iCeMS),河村 奈緒子(応用生物科学部, iCeMS),坪井 久恵(iCeMS, Kyoto University),池田 泰祐(iCeMS, Kyoto University),石田 秀治(応用生物科学部),木曽 真(応用生物科学部, iCeMS),楠見 明弘(iCeMS, Kyoto University)
第84回日本生化学会   2011年9月   
エキソソームに局在する細胞外分泌シアリダーゼの同定および細胞刺激による分泌機構の解析
住田 瑞季,矢部 宇一郎,宮城 妙子,Sadagopan Magesh,木曽 真,北島 健,佐藤 ちひろ
第84回日本生化学会   2011年9月   
Development of novel fluorescent ganglioside probes as raft markers
安藤 弘宗,河村 奈緒子,田中 賢治,鈴木 健一,楠見 明弘,石田 秀治,木曽 真
第31回内藤コンファレンス   2011年9月   
Chemical synthesis of the neurogenic gangliosides and evaluation of their neurogenic activity
今村彰宏, 安藤弘宗, 石田秀治, 木曽真
3rd iCeMS Retreat   2011年9月   
環状グルコシルセラミド受容体を用いたガングリオシドGalNAc-GM1bの全合成
小西 美紅
第30回日本糖質学会 長岡リリックホールとハイブ長岡(新潟)   2011年7月11日   
トラフナマコ由来生理活性ガングリオシドHPG-7の全合成研究
岩山 祐己
第30回日本糖質学会 長岡リリックホールとハイブ長岡(新潟)   2011年7月11日   
Synthetic study on sialyl selenoglycosides as hydrolytically stable pseudoglycosides
林 知衣香
16th European Carbohydrate Symposium   2011年7月3日   
Synthesis and enzymatic study of novel selenoglycoside
安藤 隆幸,安藤弘宗,石田 秀治,木曽 真
16th European Carbohydrate Symposium   2011年7月   
糖鎖の精密合成と自己免疫疾患 [招待有り]
石田秀治, 今村彰宏, 安藤弘宗, 結城伸泰, 山口芳樹, 木曽真
第30回日本糖質学会年会   2011年7月   
ガングリオシド合成の新戦略の確立と応用
安藤弘宗, 今村彰宏, 石田秀治, 木曽真
第30回日本糖質学会   2011年7月   
development of novel fluorescent ganglioside analogs as raft markers
安藤弘宗,木曽真,石田秀治
Crossing Boundaries: Stem Cells, Materials, and Mesoscopic Sciences   2011年7月   
PECAMのホモフィリックな相互作用にシアル酸が果たす役割
今牧 理恵,北爪 しのぶ,小川 加寿子(理研・基幹研),石田 秀治(応用生物科学部),安藤弘宗(応用生物科学部),木曽 真(応用生物科学部),谷口 直之(理研・基幹研)
第30回日本糖質学会年会   2011年7月   
Development of novel fluorescent ganglioside analogs as raft markers
安藤弘宗,石田秀治, 木曽真
16th European Carbohydrate Symposium   2011年7月   
脂質ラフトの1分子追跡実験を指向した蛍光ガングリオシドプローブの合成と機能検証2
河村奈緒子, 安藤弘宗, 池田泰祐, 鈴木健一, 楠見明弘, 石田秀治, 木曽真
日本ケミカルバイオロジー学会 第6回年会   2011年5月   
シアル酸セレノグリコシドの合成研究
林 知衣香
2011年度大会 日本農芸化学会   2011年3月25日   
ラフト分子の一分子追跡に向けた蛍光ガングリオシドプローブの合成と機能評価
河村 奈緒子,安藤 弘宗,鈴木 健一,田中 賢治,楠見 明弘,石田 秀治),木曽 真
2011年度大会 日本農芸化学会   2011年3月   
セレノグリコシドの合成と加水分解酵素に対する耐性の検証
安藤 隆幸,玉井 梨絵,林 知衣香,安藤 弘宗,石田 秀治,木曽 真
日本農芸化学会大会2011   2011年3月   
特異な修飾シアル酸二量体を有するガングリオシドLLG-3の全合成
玉井 秀樹
第8回糖鎖科学名古屋拠点「若手の力」フォーラム   2010年9月6日   
Novel gangliosides synthesis toward applications in medicinal chemistry and cell biology
13th International Conference on Biology and Chemistry of Sialic Acids – SialoGlyco 2010   2010年   
Design, synthesis and biological evaluation of novel sialosides as potent and selective inhibitors for siglecs
13th International Conference on Biology and Chemistry of Sialic Acids – SialoGlyco 2010   2010年   
A first total synthesis of ganglioside GalNAc-GD1a by employing intramolecular glycosylation as a key step
25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010)   2010年   
Examination of the Glc-Cer-based approaches toward Systematic Ganglioside Synthesis
25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010)   2010年   
Synthetic Study on Novel Bioactive Ganglioside HPG-7 from H. pervicax
25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010)   2010年   
A First Total Synthesis of Ganglioside LLG-3 from Echinoderms
25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010)   2010年   
Synthesis and functional evaluation of fluorescent GM3 probes
25th International Carbohydrate Symposium (ICS2010)   2010年   
部分修飾シアル酸二量体を有するヒトデ由来ガングリオシドLLG-3の全合成
第45回天然物化学談話会   2010年   
棘皮動物由来生理活性ガングリオシドHLG-2の全合成
第45回天然物化学談話会   2010年   
水酸基をアルキルセレノ基で置換したセレノ糖鎖の合成研究
2010年度大会 日本農芸化学会   2010年   
環状GlcCer acceptorを用いたガングリオシドGalNAc-GD1aの全合成
2010年度大会 日本農芸化学会   2010年   
部分修飾シアル酸二量体を有するガングリオシドLLG-3の全合成
2010年度大会 日本農芸化学会   2010年   
ラフト分子の一分子追跡の為の蛍光GM3プローブの合成と機能評価
2010年度大会 日本農芸化学会   2010年   
パラ位置換ベンジルセレノグリコシド供与体を用いたグリコシル化反応の検討
2010年度大会 日本農芸化学会   2010年   
癌特異抗原としてのガングリオシドGM2同族体の合成研究
2010年度大会 日本農芸化学会   2010年   
トラフナマコ由来生理活性ガングリオシドHPG-7の全合成研究
2010年度大会 日本農芸化学会   2010年   
Synthetic sialosides: biological recognition at molecular and cellular levels, and applications in medicinal chemistry.
Assiut Univ. 7th International Pharmaceutical Science Conference   2010年   
Synthetic Ganglioside Probes
Versatile Tools for Bio-membrane Research. The 13th International Membrane Research Forum, The 6th iCeMS International Symposium, Featuring Nano-Meso Membrane Mechanisms   2010年   

Works

 
感染と共生を制御する糖鎖医薬品の基盤研究
2002年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2014年    代表者: 木曽 真
(1)CD22(Siglec-2)高親和性リガンドの開発とB細胞免疫応答の制御:B細胞表面に特異的に発現するシアル酸認識レクチン(CD22)の高親和性リガンド(GSC-718)のin vivo免疫賦活試験(連携研究者・鍔田武志らとの共同研究)を遂行するため、大量合成法の確立とアッセイサンプルの生体適合性について検討した。その結果、化学合成品におけるリチウムイオンの混在が活性を低下させることが明らかとなった。一方、GSC-718をリードとした構造活性相関研究を行うため、一連のシアル酸誘導体の...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究, 挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 木曽 真
本研究の主要研究課題であるDDSは、リポソームの効率的作製、糖鎖によるリポソームの修飾、最後に糖鎖修飾リポソームの評価から成る。本研究では、2種類の方法での糖鎖修飾リポソームの作製を検討し、成功した。1つは合成ガングリオシドを構成成分に用いるリポソームの作製である。ガングリオシドの非還元末端に位置するシアル酸はグリセロールを部分構造として有するので、容易にアルデヒドに変換でき、その高い反応性を利用してタンパク質を結合し、さらにそこに糖鎖を付加することで糖タンパク質を模倣したリポソームの修飾...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
研究期間: 2005年 - 2009年    代表者: 木曽 真
糖鎖の中でも特に多彩な生理機能を発現するシアル酸含有スフィンゴ糖脂質ガングリオシドの実践的大量合成法を開発し、800種に及ぶ人工複合糖質プローブの創出に成功しました。この成果は、インフルエンザや細菌毒素の感染、免疫応答、がん、炎症、自己免疫性神経疾患などの病態の理解に世界的な貢献をしました。現在、薬の開発や細胞生物学への先端的応用研究が進行しています。
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 木曽 真
前年度において、人乳ラクトフェリンを用いたO-結合型ヒト特異的糖鎖抗原(1CF11抗原)の単離・精製を行い、いくつかの糖ペプチドフラグメントを単離した。質量分析と阻害活性試験の結果、Glc-Glc-peptideとMan-Glc-peptideの存在が示唆された。本年度は、人乳ラクトフェリンと同様に1CF11抗体と反応する人乳ガゼインを用いて1CF11抗原の単離・精製を試みた。(方法)1CF11抗体反応性を持つ人乳ガゼイン画分に対してプロナーゼ消化、ODSカラムによる逆相クロマトグラフィー...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2003年    代表者: 木曽 真
(1)シアリル6-O-スルホルイスXを起点とするL-セレクチン依存性の新しい免疫制御機構の構造的基盤を解明するために、ラクタム化ノイラミン酸を含むガングリオシドGM4、硫酸化シアリルパラグロボシド、及び硫酸化/非硫酸化シアリルルイスXの系統的合成を行った。すなわち、ノイラミン酸の高効率的一段階ラクタム化は、デ-N-アセチルシアル酸(ノイラミン酸)を含むガングリオシドをあらかじめ合成し、DMF中65℃でHBTU/HOBtと反応させることにより高収率にて達成された。これらの人工ガングリオシドを...

特許

 
運 敬太, 橋田 充, 川上 茂, 木曽 真, 植木 章晴, 安藤 弘宗
木曽 真, 石田 秀治, サダゴバン マゲッシュ, 鈴木 康夫, 宮城 妙子
鍔田 武志, 木曽 真, 石田 秀治, アブドゥ・アラ ハジャジ ハッサン モハメッド
木曽 真, 石田 秀治, 山下 泰治, 五十嵐 貢一, 平井 政彦
木曽 真, 石田 秀治, 山下 泰治, 五十嵐 貢一, 平井 政彦