山内 亮

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/05 13:49
 
アバター
研究者氏名
山内 亮
 
ヤマウチ リョウ
eメール
yamautirgifu-u.ac.jp
URL
http://www1.gifu-u.ac.jp/~shokko/
所属
岐阜大学(平成29年3月まで)
部署
応用生物科学部
職名
名誉教授
学位
農学博士(京都大学), 農学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1979年4月
 - 
1989年2月
岐阜大学 助手
 
1989年3月
 - 
2000年3月
岐阜大学 助教授
 
2000年4月
 - 
2017年3月
岐阜大学 教授
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1979年3月
京都大学大学院 農学研究科博士課程 食品工学専攻
 
1974年4月
 - 
1976年3月
京都大学大学院 農学研究科修士課程 食品工学専攻
 
1970年4月
 - 
1974年3月
岐阜大学 農学部 農芸化学科
 

Misc

 
Methavee Peanparkdee, Satoshi Iwamoto, Chaleeda Borompichaichartkul, Kiattisak Duangmal, Ryo Yamauchi
International Journal of Food Science and Technology   51 649-655   2016年3月
© 2016 Institute of Food Science and Technology. Mulberry leaf extracts were generated using four concentrations of ethanol (50%, 60%, 70%, and 95% v/v). A 60% ethanolic mulberry leaf extract (60E) yielded a high total phenolic content (TPC) and a...
Nakako Katsuno, Chie Sakamoto, Tomio Yabe, Ryo Yamauchi, Takahisa Nishizu, Koji Kato
Food Science and Technology Research   21 787-791   2015年1月
Copyright © 2015, Japanese Society for Food Science and Technology. We sought a method to increase γ-aminobutyric acid (GABA) levels in sesame seeds. When water was added to the seeds and they were heated at 60°C for 15 min, the GABA content incre...
Filis Morina, Umeo Takahama, Ryo Yamauchi, Sachiko Hirota, Sonja Veljovic-Jovanovic
Food and Function   6 219-229   2015年1月
© The Royal Society of Chemistry. Foods of plant origin contain flavonoids. In the adzuki bean, (+)-catechin, quercetin 3-O-rutinoside (rutin), and quercetin 7-O-β-d-glucopyranoside (Q7G) are the major flavonoids. During mastication of foods prepa...
Sonja Veljovic-Jovanovic, Filis Morina, Ryo Yamauchi, Sachiko Hirota, Umeo Takahama
Journal of Agricultural and Food Chemistry   62 4951-4959   2014年5月
When foods that contain catechins and quercetin glycosides are ingested, quercetin glycosides are hydrolyzed to quercetin during mastication by hydrolytic enzymes derived from oral bacteria and the generated quercetin aglycone is mixed with catech...
Ryo Yamauchi, Siori Watanabe, Ana S. Martín, Satoshi Iwamoto
Chemistry and Physics of Lipids   184 61-68   2014年1月
© 2014 Elsevier B.V. All rights reserved. The secondary process of lipid peroxidation produces some toxic aldehydes. Since this process takes place via free radical reaction in lipophilic circumstances, α-tocopherol would suppress the formation of...

書籍等出版物

 
第3章カロテノイドの抗酸化作用機構.pp.125-131.宮下和夫監修“カロテノイドの科学と最新応用技術”
東京:シーエムシー出版   2009年   ISBN:978-4-7813-0158
第4章第2節 カロテノイドの分類と性質 pp. 73-75、第5節 カロテノイドの生体作用 pp.88-92. 食品機能性の科学編集委員会編 監 西川研二郎“食品機能性の科学”
東京:産業技術サービスセンター    2008年   ISBN:978-4-915957-48
Addition Products of alpha‐Tocopherol with Lipid‐Derived Free Radicals, pp.309–327. in “Vitamin E, Vitamins & Hormones Vol 76” Litwack, G. ed.
Academic Press,San Diego   2007年   ISBN:978-0-12-373592-8
Analysis of Molecular Species of Plant Glycolipids, pp.431-446. by HPLC/APCI-MS, in “Modern Methods for Lipid Analysis by Liquid Chromatography/Mass Spectrometry and Related Techniques”
Byrdwell, W.C. ed. AOCS Press: Champaign   2005年   ISBN:1-893997-75-8
2-5.低分子抗酸化物質 1.トコフェロール酸化物.pp. 136-142. 二木鋭雄,野口範子,内田浩二編“酸化ストレスマーカー”
東京:学会出版センター   2005年   ISBN:4-7622-3041-3

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 山内 亮
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 山内 亮
脂質過酸化二次反応におけるビタミンE(α-トコフェロール、TH)の役割を、ヘミン触媒によるリン脂質ヒドロペルオキシド(PLPC-OOH)の分解反応を用いて解析した。PLPC-OOHミセル溶液あるいはリポソームにヘミンを添加すると、PLPC-OOHは急激に分解して二次生成物であるヘキサナールが生じた。THはPLPC-OOHの分解を抑制できなかったが、ヘキサナール生成を抑制し、反応生成物としてTHキノン、二量体、THとPLPC-OOH由来のフリーラジカル種との付加体が認められた。以上の結果、T...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 山内 亮
ビタミンEの生体内脂質過酸化抑制作用を明らかにする目的で、脂質アルキルラジカル捕捉反応を解析した。まず、ヒト血漿脂質を構成するコレステロールエステルとリン脂質由来のアルキルラジカルとビタミンEとの反応生成物として付加体を分離してそれらの構造を決定した。さらに、ビタミンE付加体の高感度分析法として、高速液体クロマトグラフィーで分離した後、還元カラムを通して蛍光検出する方法を開発した。本分析法を使用して、LDLモデル溶液の脂質過酸化反応に対するビタミンEの作用を検討しところ、低酸素条件下で脂質...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 山内 亮
脂質過酸化二次生成物であるα,β-不飽和アルデヒドに対するビタミンEの役割を解明することを目的に、ビタミンE同族体であるα-、γ-およびδ-トコフェロール(TH)とα,β-不飽和アルデヒドの4-ヒドロキシ-2-ノネナール(HNE)や4-オキソ-2-ノネナール(ONE)との反応性を検討した。その結果、γ-THはONEと高い反応性を示したので、生成物を分離してその構造を調べた。γ-THとONEをアセトニトリルに溶かして塩酸存在下37℃で反応させ、HPLC分析すると、生成物としてピーク1〜3が検...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 山内 亮
ビタミンEによる生体内フリーラジカル捕捉反応を明らかにすることを目的に、ラット臓器磨砕物の脂質過酸化反応時におけるビタミンE反応生成物を超高感度HPLCを用いて分析し、さらに酸化ストレスモデルとしてストレプトゾトシン投与により作成した糖尿病ラット組織中のビタミンE酸化生成物を調べた。まず、ラットの肝臓、心臓、肺、肝臓から磨砕物を調製して脂質過酸化反応を行い、反応の進行に伴うビタミンE生成物の挙動を検討した。その結果、ラット臓器磨砕物の脂質過酸化に伴い内在するビタミンEが消失し、反応生成物と...