新妻 信明

J-GLOBALへ         更新日: 10/05/24 00:00
 
アバター
研究者氏名
新妻 信明
 
ニイツマ ノブアキ
所属
旧所属 静岡大学 理学部 地球科学科
職名
教授
学位
理学博士, 理学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1970年
東北大学 理学研究科 地学
 
 
 - 
1965年
東北大学 理学部 地学科地質
 

委員歴

 
1990年
   
 
日本地質学会  評議員
 
1985年
   
 
地球電磁気・惑星圏学会  運営委員
 

Misc

 
Reconstruction of the Japanese Islands before Japan Sea Opening.
J. Phys. Earth.   36(S)    1988年
Collision Tectonics in the South Fossa Magna, Central Japan. gemagnetic reversal, and a direct determination of depth lag for magnetization in marine sediments.
Modern Geol.   14(1)    1989年
南部フォッサマグナにおける二枚貝化石変形と礫の破断による応力解析(共著)
静岡大学地球科学研究報告   19,7-17    1993年
Detailed paleomagnetic records during the Brunhes-Matuyamagema gnetic reversal, and a direct determination of depth lag for magnetization in marine sediments.
Phys. Earth. Planet. Interiors   56    1989年

書籍等出版物

 
海洋地質学入門
シュプリンガー・フェアラーク東京   1986年   
地球深部開発とその利用
「科学技術21世紀のビジョン」,東京理科大学特別セミナー出版シリーズ,東京理科大学出版会   1994年   
ミランコビッチ時計
文明と気候(朝倉書店)   1995年   
An Introduction to Marine Geology
1986年   
Neogene tectonic evolution and subduction in the Japanese Island Arcs. in”Formation of active ocean margins”
Terrapub. , Tokyo   1985年   

競争的資金等の研究課題

 
地殻変動に基づく東海地震予知
地磁気逆転
氷期のCO2循環と地球環境