戸田山 和久

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 04:28
 
アバター
研究者氏名
戸田山 和久
eメール
todayamais.nagoya-u.ac.jp
学位
文学修士

学歴

 
 
 - 
1989年
東京大学 人文科学研究科 哲学
 

Misc

 
「論理的に書くにはどうしよう」と問う前にまず問うべきこと
戸田山和久
看護教育   57(8) 588-594   2016年8月   [依頼有り]
科学の中の虚構
戸田山和久
中村靖子(編)『虚構の形而上学』春風社   288-316   2015年   [依頼有り]
What is experimental philosophy of mathematics?
Kazuhisa Todayama
Annals of the Japan Association for Philosophy of Science   (23) 53-58   2015年   [査読有り][依頼有り]
自然化された倫理とは何であるべきかについての覚書
戸田山和久
中部哲学会年報   47 1-17   2015年   [査読有り][依頼有り]
心が先か言葉が先かの対立を終わらせる一つのやり方について
戸田山和久
唐沢かおり・林 徹 [編著] 『人文知第一巻 心と言葉の迷宮』東京大学出版会   71-94   2014年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
現代哲学キーワード
野家啓一, 門脇俊介, 戸田山和久, ほか (担当:分担執筆)
有斐閣   2016年1月   
恐怖の哲学
戸田山和久
日本放送出版協会   2016年1月   
科学的実在論を擁護する
戸田山和久
名古屋大学出版会   2015年   
哲学入門
戸田山和久
筑摩書房   2014年3月   
科学技術をよく考える -クリティカルシンキング練習帳
伊勢田 哲治,戸田山 和久,調 麻佐志,村上 祐子 (担当:共著)
名古屋大学出版会   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
Naturalized epistemology and philosophy of science
Kazuhisa Todayama
The 5th East Asian and Pacific Conference on Philosophy of Science   2015年8月25日   
心理尺度と操作的定義を反省する
戸田山和久,唐沢かおり,山口裕幸
科学基礎論学会   2015年6月13日   
発生論的統一科学
戸田山和久
科学基礎論学会   2015年6月13日   
心理学的知見を哲学の議論に活かしましょう、というかけ声はいいけど、どやってやるの
戸田山和久
応用哲学会   2015年4月25日   
レプリカントの「人生の意味」
戸田山和久
ロボット工学と倫理   2015年1月10日   

競争的資金等の研究課題

 
ポピュラー文化媒体から形成される市民の科学イメージの調査研究          
科学研究費助成事業
研究期間: 2008年       代表者: 戸田山 和久
脳画像の適正な社会的使用のための基礎研究                    
科学研究費助成事業
研究期間: 2008年       代表者: 戸田山 和久