中村 研三

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/11 00:00
 
アバター
研究者氏名
中村 研三
 
ナカムラ ケンゾウ
所属
旧所属 名古屋大学 大学院生命農学研究科 生物機構・機能科学専攻
職名
教授
学位
農学博士(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1976年
   
 
 日本学術振興会 特別研究員
 
1976年
 - 
1981年
 米国ニューヨーク州立大学ストーニィブルック校生化学部 ポストドク,リサーチアシスタントプロフェッサー
 
1981年
 - 
1983年
 三菱化成生命科学研究所 副主任研究員
 
1983年
 - 
1992年
 名古屋大学農学部 助教授
 
1986年
 - 
1991年
 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所 客員助教授併任
 

学歴

 
 
 - 
1976年
名古屋大学 農学研究科 農芸化学
 
 
 - 
1971年
名古屋大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
2008年
 - 
2009年
日本植物生理学会  会長
 
1995年
 - 
1997年
日本分子生物学会  評議員
 
1999年
 - 
2002年
American Society for Plant Biologists  Member of the International Affairs Committee
 
1997年
 - 
1999年
日本農芸化学会  学術活動強化委員
 
1997年
 - 
1999年
バイオインダストリー協会  産学交流部会幹事
 

受賞

 
1988年
農芸化学奨励賞
 

Misc

 
A link between DNA replication, recombination, and gene expression revealed by genetic and genomic analysis of TEBICHI gene of Arabidopsis thaliana.
PLoS   5(8) e1000613   2009年
An AP2-type transcription factor WRINKLED1 of Arabidopsis thaliana binds to AW-box sequence conserved among proximal upstream regions of genes involved in fatty acid synthesis.
Plant J.   60 476-487   2009年
SUZUKI Toshiya, MASAOKA Kanari, NISHI Masatomo, NAKAMURA Kenzo, ISHIGURO Sumie
Plant Cell Physiol.   49(10) 1465-1477   2008年
An oncoprotein from the plant pathogen Agrobacterium has histone-chaperone-like activity.
Plant Cell   19, 2855-2865   2007年

書籍等出版物

 
生物化学
朝倉書店   2005年   
生物化学
朝倉書店   2005年   
植物の代謝コミュニケーション
共立出版   2003年   
ポストシーケンスタンパク質科学実験法2
東京化学同人   2002年   
植物遺伝子工学
『新生化学実験講座、第13巻バイオテクノロジー』日本生化学会編東京化学同人   1993年   

Works

 
胚性メリステムから栄養メリステムへの転換の統御系
2007年 - 2011年
植物のCO2固定・貯蔵機能向上のための基盤的研究ー油脂の生成・貯蔵を制御する遺伝子の機能解析ー
2006年
栄養貯蔵能向上を目指したシロイヌナズナ新奇転写因子の機能解明
2006年 - 2007年
メリステムの対称性維持機構の研究
2002年 - 2006年
植物の栄養貯蔵に関わる高次制御系の新規遺伝子機能の解明と利用基盤
2000年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
植物における貯蔵タンパク質を中心とした栄養貯蔵機能の制御を、遺伝子発現制御および細胞内集積の観点から研究している。
研究期間: 1995年 - 1997年
具体的には、糖シグナルやジャスモン酸による栄養貯蔵タンパク質遺伝子の発現制御機構やタンパク質の液胞への輸送機構などを、植物への遺伝子導入に加えてシロイヌナズナの突然変異株なども用いて解析している。
研究期間: 1995年 - 1997年
植物メリステム機能に関わる遺伝子発現
研究期間: 2000年   
植物細胞におけるタンパク質輸送機構
植物生長制御における情報伝達