岡田 鉦彦

J-GLOBALへ         更新日: 08/02/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
岡田 鉦彦
 
オカダ マサヒコ
所属
旧所属 中部大学 応用生物学部 応用生物化学科
職名
教授
学位
工学博士(名古屋大学), 工学修士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1964年
 - 
1969年
名古屋大学工学部 助手
 
1969年
 - 
1989年
名古屋大学農学部 助教授
 
1989年
 - 
1999年
名古屋大学農学部 教授
 
1999年
 - 
2000年
名古屋大学大学院生命農学研究科 教授
 
2000年
 - 
2001年
中部大学生物機能開発研究所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1964年
名古屋大学 工学研究科 応用化学
 
 
 - 
1959年
名古屋大学 工学部 応用化学
 

委員歴

 
1989年
 - 
1999年
高分子学会  東海支部常任理事,東海支部副支部長,本部常任理事,高分子論文集編集委員長, 東海支部監査
 
1998年
 - 
1999年
日本化学会  東海支部支部長,本部理事,高分子学会東海支部監事,東海支部幹事
 
1983年
 - 
1994年
有機合成化学協会  東海支部幹事,理事,東海支部長,東海支部監事,評議員
 
1991年
 - 
1992年
日本木材学会  東海支部監事,東海支部理事,中部支部監事
 
1995年
 - 
2000年
セルロース学会  理事,評議員
 

受賞

 
1999年
高分子科学功績賞
 

Misc

 
岡田 鉦彦
有機合成化学協会誌   47(11) 1040-1050   1989年
環状エーテル構造を主鎖にもつポリエステルの合成と分解性
高分子論文集   50(10) 703-713   1993年
糖ペプチド複合体の化学合成
高分子加工   43(7) 306-313   1994年

書籍等出版物

 
高分子機能材料 2.高分子の合成と反応.II.(分担執筆)
共立出版   1992年   
実験化学講座 28.高分子合成 (分担執筆)
丸善   1992年   
反応性モノマーの開発と応用(分担執筆) 糖構造をもつモノマー
シーエムシー   1993年   
生分解性プラスチックハンドブック(分担執筆)環境エーテル構造をもつポリエステル
エヌ・ティー・エス   1995年   
新高分子実験学 高分子の合成・反応(1)(分担執筆)カチオン開環重合
共立出版   1995年   

Works

 
糖ペプチド複合体の化学合成
生理活性分岐多糖の化学合成
生分解性高分子の化学合成
球状糖質(]G0048[)分子を基盤とする新(]G0048[)分子群の創成と空間制御
1996年 - 2000年
ヘテロ双環化合物の開環重合による(]G0048[)機能(]G0048[)分子材料の分子設計に関する基礎的研究
1988年 - 1989年

競争的資金等の研究課題

 
複合糖質高分子の合成と機能
生分解性高分子の合成
生理活性多糖の化学合成