小山 正

J-GLOBALへ         更新日: 14/10/28 13:11
 
アバター
研究者氏名
小山 正
 
コヤマ タダシ
所属
神戸学院大学
部署
人文学部 人間心理学科 人文学部 人間心理学科
職名
教授
学位
博士(学術)(神戸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1999年
愛知教育大学教育学部 助教授
 
1999年
 - 
2004年
岐阜大学教育学部 助教授 
 
2004年
 - 
現在
神戸学院大学 人文学部 人間心理学科
 

学歴

 
 
 - 
1982年
大阪教育大学大学院修士課程 教育学研究科 障害児教育
 
 
 - 
1980年
大阪教育大学 教育学部 言語障害児教育教員養成課程
 

Misc

 
初期象徴遊びの発達的意義
小山 正
特殊教育学研究   50(4) 363-372   2012年12月   [査読有り]
言語獲得初期における空間語彙と動詞の理解との関連-ダウン症の事例から-
小山 正
音声言語医学   53(2) 148-152   2012年4月   [査読有り]
言語獲得の発達的基盤
特殊教育学研究   40(2), 271-279    2002年
発達相談と育児支援-親が子どもの育ちを実感できる発達相談-
発達 ミネルヴァ書房   99号 60-66    2004年
自閉症スペクトラム幼児の静観対象の形成に関する研究(1)-Hetzer-Wiehemeyer図版への反応分析から- (共著)
岐阜大学教育学部障害児教育実践センター年報   第11号 101-103    2004年

書籍等出版物

 
言語獲得期にある子どもの象徴機能の発達とその支援
風間書房   2009年   
言語獲得期の発達(編著)
ナカニシヤ出版   2008年   
乳幼児臨床発達学の基礎-子どもと親への心理的サポート(編著)
培風館   2006年   
自閉症スペクトラムの子どもの言語・象徴機能の発達(共編著)
ナカニシヤ出版   2004年   
障害のある子どもの共同注意の発達とその支援。大藪泰他(編)共同注意の発達と臨床、第10章
川島書店   2004年   

講演・口頭発表等

 
Dynamic systems in language development of the child with severe language delay: A clinical case study.
小山 正
43rd Annual Meeting of The Jean Piaget Society   2013年6月6日   

競争的資金等の研究課題

 
ネアンデルタールとサピエンスの交替劇の真相:学習能力の進化に基づく実証的研究(分担): 文部科学省科学研究費補助金
代表者: 赤澤威