安田 道子

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
安田 道子
 
ヤスダ ミチコ
所属
東海学院大学
部署
人間関係学部 心理学科
職名
教授
学位
医学博士(山形大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
 - 
1982年
愛知教育大学 助手
 
1982年
 - 
1998年
愛知教育大学 助教授
 
1998年
 - 
2003年
名古屋大学 教授
 
2003年
 - 
2004年
福島学院短期大学 教授
 
2004年
 - 
2011年
福島学院大学 教授
 

委員歴

 
2004年
 - 
2009年
 福島学院大学メンタルヘルスセンター長
 
2009年
 - 
2011年
 福島学院大学大学院附属心理臨床相談センター長
 
2009年
 - 
2011年
 福島学院大学大学院臨床心理学研究科長  
 
1991年
   
 
東海学校保健学会  評議員
 

Misc

 
手帳を見ながら話す女子学生
安田道子
福島学院大学大学院附属心理臨床相談センター紀要   1 15-22   2008年
長年の内的ひきこもりから不登校に陥ったA子-基本的不信の世界からの出発
第35回全国学生相談研究会議松江シンポジウム報告書   80-87    2002年
アスペルガー症候群児をもつ保護者へのペアレントトレーニングの試み―行動の背景にある「思い」に注目して―
佐藤佑貴、桃井真帆、大島典子、澤田明子、安田道子、星野仁彦
福島学院大学メンタルケアレポート   4 9-13
「心の問題を持った子どもの親の会」の試み―多職種が関わり、グループによる話し合いと個別相談を組み合わせ、対応方法をアドバイスした意義―
安田道子、水渓雅子、近藤かおり、渋谷菜穂子、登坂祐明
福島学院大学研究紀要   38 1-9   2006年
登校拒否児の対人関係
小児の精神と神経   37(3) 215-227   1997年

書籍等出版物

 
臨床実践の知-実践してきたこの私
ナカニシヤ出版   2003年   
人間援助の諸領域-そのこころ・実践・研究-
ナカニシヤ出版   2000年   
児童・思春期の精神保健マニュアル-子どもの精神保健相談に携わる人たちのために-
東山書房   1998年   
新教職課程シリーズ第6巻生徒指導
協同出版   1991年   
健康科学の課題と展望-学校保健の諸問題をめぐって-
東山書房   1990年   

講演・口頭発表等

 
手帳を見ながら話す女子学生
第32回全国学生相談研究会議東京(検見川)シンポジウム   1999年   
長年の内的引きこもりから不登校に陥ったA子―基本的不信の世界からの出発―
第35回全国学生相談研究会議島根シンポジウム   2002年   
AD/HDと診断されたAへの対応
日本心理臨床学会第26回大会   2007年   
The Effects of Parent Training for Parents who have a child with Asperger's Disorder
2007 Hawaii Inter-national Conference on Social Sciences   2007年   
アスペルガー症候群児を持つ保護者へのペアレントトレーニングの試み(第2報)
日本心理臨床学会第26回大会   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
広汎性発達障害児に対する臨床心理学的介入
研究期間: 2011年 - 2014年
広汎性発達障害とみなされ得る状態像を母親との関係性に基づく関係性障害の現われとして理解する見立てをもち、母子の関係性に対する心理学的介入を行う。これによって広汎性発達障害とみなされ得る子どもたちの心理学的要因の可能性を探求し、効果的な介入プログラムを構築することを目的とする。