陳 致中

J-GLOBALへ         更新日: 13/08/20 02:53
 
アバター
研究者氏名
陳 致中
 
チェン チチュウ
URL
http://rnc.r.dendai.ac.jp
所属
東京電機大学
部署
理工学部 情報システムデザイン学系
職名
教授
学位
工学学士(西安電子科技大学), 工学修士(電気通信大学大学院), 工学博士(電気通信大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1994年
三重大学工学部情報工学科. 助手
 
1994年
 - 
1997年
東京電機大学 理工学部 数理学科 講師
 
1997年
 - 
1999年
東京電機大学 理工学部 数理学科 助教授
 
1999年
 - 
2005年
東京電機大学 理工学部 数理科学科 助教授
 
2006年
 - 
2007年
東京電機大学 理工学部 数理科学科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1989年
電気通信大学大学院 電気通信学研究科 計算機科学専攻
 
 
 - 
1992年
電気通信大学 電気通信学研究科 情報工学専攻
 
 
 - 
1985年
西安電子科技大学 計算機系 
 

受賞

 
1998年
情報処理学会山下記念研究賞
 
2002年
第2回LA/EATCS-Japan発表論文賞
 

Misc

 
An Ultrafast Tool for Minimum Reticulate Networks
20(1) 38-41   2013年
Simultaneous Identification of Duplications, Losses, and Lateral Gene Transfers
F. Deng, L. Wang
   2012年
Algorithms for Reticulate Networks of Multiple Phylogenetic Trees
L. Wang
   2012年
Mutation Region Detection for Closely Related Individuals without a Known Pedigree
W. Ma, Y. Yang, L. Wang
   2012年
A Fast Tool for Minimum Hybridization Networks
L. Wang, S. Yamanaka
   2012年

書籍等出版物

 
確率アルゴリズム
培風館   2006年6月   
確率アルゴリズム
共立出版株式会社   2001年   

講演・口頭発表等

 
An Improved Approximation Algorithm for the Bandpass-2 Problem
The 6th Annual International Conference on Combinatorial Optimization and Applications, (COCOA'12)   2012年   
The Parameterized Complexity of the Shared Center String Problem
The 23rd Annual International Symposium on Combinatorial Pattern Matching, (CPM'2012)   2012年   
A Three-String Approach to the Closest String Problem
16th Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON 2010)   2010年   
Approximating Maximum Edge 2-Coloring in Simple Graphs
The 6th International Conference on Algorithmic Aspects in Information and Management (AAIM'2010)   2010年   
A Linear Kernel for Co-Path/Cycle Packing
The 6th International Conference on Algorithmic Aspects in Information and Management (AAIM'2010)   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
計算問題の並列化可能性と並列化不能性
研究期間: 1993年 - 1993年
計算問題の並列化可能性と並列化不能性
研究期間: 1994年 - 1994年
計算問題の並列化可能性と並列化不能性
研究期間: 1995年 - 1995年
最適化問題の近似アルゴリズムとその並列化
研究期間: 1996年 - 1996年
新しいパラダイムとしてのアルゴリズム工学:計算困難問題への挑戦
研究期間: 1998年 - 1999年