川端 猛夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/14 17:20
 
アバター
研究者氏名
川端 猛夫
 
カワバタ タケオ
所属
京都大学
部署
化学研究所 物質創製化学研究系 有機合成基礎研究部門 精密有機合成領域
職名
教授
学位
薬学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1983年
 - 
1985年
米国インディアナ大学博士研究員
 
1985年
 - 
1989年
相模中央化学研究所,研究員
 

学歴

 
 
 - 
1983年
京都大学 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1978年
京都大学 薬学部 製薬化学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本薬学会  代議員(2001)
 

受賞

 
1995年
日本薬学会奨励賞
 
1996年
有機合成化学協会研究企画賞
 

論文

 
Yanagi, M.; Imayoshi, A.; Ueda, Y.; Furuta, T.; Kawabata, T.
Organic Letters   19(12) 3099-3012   2017年5月   [査読有り]
Yoshida, K.; Hirata, A.; Hashimoto, H.; Imayoshi, A.; Ueda, Y.; Furuta, T.; Kawabata, T.
Tetrahedron Letters   58(11) 1030-1033   2017年5月   [査読有り]
Takeuchi, H.; Ueda, Y.; Furuta, T.; Kawabata, T.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   65(1) 25-32   2017年1月   [査読有り]
Kasamatsu, K.; Yoshimura, T.; Mandi, A.; Taniguchi, T.; Monde, K.; Furuta, T.; Kawabata, T.
Organic Letters   19(2) 352-355   2017年1月   [査読有り]
Lu, W.; Pei, X.;Murai, T.; Sasamori, T.; Tlkitoh, N.; Kawabata, T.; Furuta, T.
Synlett   28 679-683   2017年   [査読有り]
Alezra, V. ; Kawabata, T.
Synthesis   48(18) 2997-3016   2016年7月   [査読有り]
Tomohara, K.; Kasamatsu, K.; Yoshimura, T.; Furuta, T.; Kawabata, T.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   64(7) 899-906   2016年7月   [査読有り]
Yanagi, M.; Ninomiya, R.; Ueda, Y.; Furuta, T.; Yamada, T.; Sunazuka, T.; Kawabata, T.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   64(7) 907-912   2016年7月   [査読有り]
Mishiro, K.; Takeuchi, H.; Furuta, T.; Kawabta, T.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   64(7) 1073-1077   2016年7月   [査読有り]
Yamada, T.; Suzuki, K.; Hirose, T.; Furuta, T.; Ueda, Y.; Kawabata, T.; Omura, S.; Sunazuka, T.
Chemical and Pharmaceutical Bulletin   64(7) 856-864   2016年7月   [査読有り]
Imayoshi, A.; Yamanaka, M.; Sato, M.; Yoshida, K.; Furuta, T.; Ueda, Y.; Kawabata, T.
Advanced Synthesis & Catalysis   358(8) 1337-1344   2016年4月   [査読有り]
Hyakutake, R.; Gondo, N.; Ueda, Y.; Yoshimura, T.; Furuta, T.; Kawabata, T.
Tetrahedron Letters   57(12) 1321-1324   2016年3月   [査読有り]
Baba, T.; Yamamoto, J.; Hayashi, K.; Sato, M.; Yamanaka, M.; Kawabata, T.; Furuta, T.
Chem. Science   7(6) 3791-3797   2016年2月   [査読有り]
Y. Ueda; T. Furuta; T. Kawabata
Angewandte Chemie International Edition   54(41) 11966-11970   2015年10月   [査読有り]
H. Takeuchi; K. Mishiro; Y. Ueda; Y. Fujimori; T. Firita; T. Kawabata
Angewandte Chemie   54(21) 6177-6180   2015年4月   [査読有り]
M. Yamanaka; U. Yoshida; M. Sato; T. Shigeta; K. Yoshida; T. Furuta; T. Kawabata
Journal of Organic Chemistry   80(6) 3075-3082   2015年2月   [査読有り]
アシル化触媒
川端 猛夫
月刊ファインケミカル   43(6) 14-23   2014年6月
K. Nakanishi; D. Fukatsu; K. Takaishi; T. Tsuji; K. Kuramochi; T. Kawabata; K. Tsubaki
Journal of the American Chemical Society   136(19) 7101-7109   2014年4月   [査読有り]
S. Hamada; Y. Wada; T. Sasamori; N. Tokitoh; T. Furura; T. Kawabata
Tetrahedron Letters   55(11) 1943-1945   2014年3月   [査読有り]
K. Nakanishi; T. Sasamori; K. Kuromochi, N. Tokitoh; T. Kabata; K. Tsubaki
Journal of Organic Chemistry   79(6) 2625-2631   2014年2月   [査読有り]
K. Mishiro; T. Furuta; T. Sasamori; K. Hayashi; N. Tokitoh; S. Futaki; T. Kawabata
Journal of the American Chemical Society   135(37) 13644-13647   2013年9月   [査読有り]
K. Tomohara; T. Yoshimura; R. Hyakutake; P. Yang; T. Kawabata
Journal of the American Chemical Society   135(36) 13294-13297   2013年8月   [査読有り]
S. Hamada; T. Furuta; Y. Wada; T. Kawabata
Angewandte Chemie - International Edition   52(31) 8093-8097   2013年7月   [査読有り]
R. Nishino; T. Furuta; K. Kan; M. Sato; M. Yamanaka; T. Sasamori; N. Tokitoh; T. Kawabata
Angewandte Chemie   52(25) 6445-6449   2013年6月   [査読有り]
R. Nishino; T. Furuta; K. Kan; M. Sato; M. Yamanaka; T. Sasamori; N. Tokitoh; T. Kawabata
Angewandte Chemie   52(25) 6445-6449   2013年6月   [査読有り]
R. Nishino; T. Furuta; K. Kan; M. Sato; M. Yamanaka; T. Sasamori; N. Tokitoh; T. Kawabata
Angewandte Chemie   52(25) 6445-6449   2013年6月   [査読有り]
T. Yoshimura; K. Tomohara; T. Kawabata
Journal of the American Chemical Society   135(19) 7102-7105   2013年5月   [査読有り]
T. Furuta; M. Nikaido; J. Yamamoto; T. Kuribayashi; T. Kawabata
Synthesis (Germany)   45(10) 1312-1318   2013年5月   [査読有り]
T. Yoshimura; T. Kinoshita; H. Yoshioka; T. Kawabata
Organic Letters   15(4) 864-867   2013年2月   [査読有り]
D. Monguchi; T. Yoshimura; K. Irie; K. Hayashi; S. Majumdar; T. Sasamori; N. Tokitoh; T. Kawabata
Heterocycles   86(2) 1483-1494   2012年12月   [査読有り]
K. Yoshida; K. Mishiro; Y. Ueda; T. Shigeta; T. Furuta; T. Kawabata
Advanced Synthesis and Catalysis   354(17) 3291-3298   2012年11月   [査読有り]
T. Yoshimura; M. Takuwa; K. Tomohara; M. Uyama; K. Hayashi; P. Yang; R. Hyakutake; T. Sasamori; N. Tokitoh; T. Kawabata
Chemistry - A European Journal   18(48) 15330-15336   2012年11月   [査読有り]
H. Schedel; K. Kan; Y. Ueda; K. Mishiro; K. Yoshida; T. Furuta; T. Kawabata
Beilstein Journal of Organic Chemistry   8 1778-1787   2012年10月   [査読有り]
Y. Ueda; K. Mishiro; K. Yoshida; T. Furuta; T. Kawabata
Journal of Organic Chemistry   77(18) 7850-7857   2012年9月   [査読有り]
K. Yoshida; T. Shigeta; T. Furuta; T. Kawabata
Chemical Communications   48(55) 6981-6983   2012年5月   [査読有り]
K. Yoshida; T. Shigeta; T. Furuta; T. Kawabata
Chemical Communications   48(55) 6981-6983   2012年5月   [査読有り]
Chiral DMAP-Type Catalysts for Acyl-Transfer Reactions
T. Furuta; T. Kawabata
Science of Synthesis, Asymmetric Organocatalysis 1, Lewis Base and Acid Catalysts   497-546   2012年5月   [査読有り]
K. Yoshida; T. Shigeta; T. Furuta; T. Kawabata
Chemical Communications   48(55) 6981-6983   2012年5月   [査読有り]
Y. Azuma; H. Imai; T. Yoshimura; T. Kawabata; M. Imanishi; S. Futaki
Organic and Biomolecular Chemistry   10(30) 6062-6068   2012年4月   [査読有り]
H. Watanabe; T. Yoshimura; S. Kawakami; T. Sasamori; N. Tokitoh; T. Kawabata
Chemical Communications   48(43) 5346-5348   2012年4月   [査読有り]
K. Yoshida; T. Furuta; T. Kawabata
Angewandte Chemie International Edition   50(21) 4888-4892   2011年5月   [査読有り]
K. Yoshida; T. Furuta; T. Kawabata
Angewandte Chemie International Edition   50(21) 4888-4892   2011年5月   [査読有り]
F. Teraoka; K. Fuji; O. Ozturk; T. Yoshimura; T. Kawabata
Synlett   2011(4) 543-546   2011年5月   [査読有り]
K. Yoshida; T. Furuta; T. Kawabata
Angewandte Chemie International Edition   50(21) 4888-4892   2011年5月   [査読有り]
最新のトピック 触媒的位置選択的官能基化 -次世代の分子変換法
T. Furuta; T. Kawabata
化学   2011(66) 70-71   2011年   [査読有り]
J.B. Brown; T. Urata; T. Tamura; M.A. Arai; T. Kawabata; T. Akutsu
Journal of Bioinformatics and Computational Biology   8 63-81   2010年12月   [査読有り]
T. Furuta; J. Yamamoto; Y. Kitamura; A. Hashimoto; H. Masu; I. Azumaya; T. Kan; T. Kawabata
Journal of Organic Chemistry   75(20) 7010-7013   2010年10月   [査読有り]
K. Yoshida; T. Furuta; T. Kawabata
Tetrahedron Letters   51(37) 4830-4832   2010年9月   [査読有り]
K. Hayashi; N. Matubayasi; C. Jiang; T. Yoshimura; S. Majumdar; T. Sasamori; N. Tokitoh; T. Kawabata
Journal of Organic Chemistry   75(15) 5031-5036   2010年8月   [査読有り]
K. Hayashi; Y. Nakajima; F. Ozawa; T. Kawabata
Chemistry Letters   39(6) 643-645   2010年6月   [査読有り]
W. Muramatsu; K. Mishiro; Y. Ueda; T. Furuta; T. Kawabata
European Journal of Organic Chemistry   (5) 827-831   2010年2月   [査読有り]
D. Sue; T. Kawabata; T. Sasamori; N. Tokitoh; K. Tsubaki
Organic Letters   12(2) 256-258   2010年1月   [査読有り]
Y. Ueda; W. Muramatsu; K. Mishiro; T. Furuta; T. Kawabata
Journal of Organic Chemistry   74(22) 8802-8805   2009年11月   [査読有り]
K. Takaishi; D. Sue; S. Kuwahara; N. Harada; T. Kawabata; K. Tsubaki
Tetrahedron   65(31) 6135-6140   2009年8月   [査読有り]
T. Kawabata; T. Furuta
Chemistry Letters   38(7) 640-647   2009年7月   [査読有り]
D. Sue; K. Takaishi; T. Harada; R. Kuroda; T. Kawabata; K. Tsubaki
Journal of Organic Chemistry   74(10) 3940-3943   2009年5月   [査読有り]
Y. Azuma; M. Imanishi; T. Yoshimura; T. Kawabata; S. Futaki
Angewandte Chemie - International Edition   48(37) 6853-6856   2009年   [査読有り]
D. Tanima; Y. Imamura; T. Kawabata; K. Tsubaki
Organic and Biomolecular Chemistry   7(22) 4689-4694   2009年   [査読有り]
T. Kawabata; C. Jiang; K. Hayashi; K. Tsubaki; T. Yoshimura; S. Majumdar; T. Sasamori; N. Tokitoh
Journal of the American Chemical Society   131(1) 54-55   2009年   [査読有り]
単糖類の4位選択的アシル化触媒
川端猛夫
和光純薬時報   76(4) 16-19   2008年10月
T. Kawabata; K. Moriyama; S. Kawakami; K. Tsubaki
Journal of the American Chemical Society   130(12) 4153-4157   2008年3月   [査読有り]
T. Kawabata; W. Muramatsu; T. Nishio; T. Shibata; Y. Uruno; R. Stragies
Synthesis   28(5) 747-753   2008年3月   [査読有り]
K. Moriyama; H. Sakai; T. Kawabata
Organic Letters   10(17) 3883-3886   2008年   [査読有り]
K. Tsubaki; K. Takaishi; D. Sue; K. Matsuda; Y. Kanemitsu; T. Kawabata
Journal of Organic Chemistry   73(11) 4279-4282   2008年   [査読有り]
T. Watanabe; T. Kawabata
Heterocycles   76(2) 1593-1606   2008年   [査読有り]
Thress-Component Cascade Energy Transfer Using Oligonaphthalene Skeletons
Tsubaki K, Takaishi K, Sue D, Matsuda K, Kanemitsu Y, Kawabata T
J. Org. Chem., 73, 4279-4282      2008年   [査読有り]
An organocatalytic regioselective acylation of carbohydrates: Toward the development of intelligent catalysts
T. Kawabata
Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry   65(11) 1081-1088   2007年11月   [査読有り]
T. Kawabata; W. Muramatsu; T. Nishio; T. Shibata; H. Schedel
Journal of the American Chemical Society   129(42) 12890-12895   2007年10月   [査読有り]
W. Muramatsu; T. Kawabata
Tetrahedron Letters   48(29) 5031-5033   2007年7月   [査読有り]
K. Tsubaki; K. Takaishi; D. Sue; T. Kawabata
Journal of Organic Chemistry   72(11) 4238-4241   2007年5月   [査読有り]
K. Tsubaki; D.T.T. Hai; V.K. Reddy; H. Ohnishi; K. Fuji; T. Kawabata
Tetrahedron Asymmetry   18(8) 1017-1021   2007年5月   [査読有り]
魅力的な分子変換へのアプローチ
川端 猛夫
ファルマシア   43(3) 242-244   2007年3月   [査読有り]
K. Tsubaki; D. Tanima; T. Sasamori; N. Tokitoh; T. Kawabata
Tetrahedron Letters   48(12) 2135-2138   2007年   [査読有り]
K. Tsubaki; D. Tanima; Y. Kuroda; K. Fuji; T. Kawabata
Organic Letters   8(25) 5797-5800   2006年12月   [査読有り]
T. Kawabata; S. Matsuda; S. Kawakami; D. Monguchi; K. Moriyama
Journal of the American Chemical Society   128(48) 15394-15395   2006年12月   [査読有り]
K. Tsubaki; M. Sakakibara; Y. Nakatani; T. Kawabata
Tetrahedron   62(44) 10321-10324   2006年10月   [査読有り]
K. Takaishi; K. Tsubaki; H. Tanaka; M. Miura; T. Kawabata
Yakugaku Zasshi   126(9) 779-787   2006年9月   [査読有り]
K. Tsubaki; H. Tanaka; K. Takaishi; M. Miura; H. Morikawa; T. Furuta; K. Tanaka; K. Fuji; T. Sasamori; N. Tokitoh; T. Kawabata
Journal of Organic Chemistry   71(17) 6579-6587   2006年8月   [査読有り]
K. Tsubaki; K. Takaishi; H. Tanaka; M. Miura; T. Kawabata
Organic Letters   8(12) 2587-2590   2006年6月   [査読有り]
K. Tsubaki; M. Miura; A. Nakamura; T. Kawabata
Tetrahedron Letters   47(8) 1241-1244   2006年2月   [査読有り]
N. Kinoshita; T. Kawabata; K. Tsubaki; M. Bando; K. Fuji
Tetrahedron   62(8) 1756-1763   2006年2月   [査読有り]
K. Tsubaki; D. Tanima; M. Nuruzzaman; T. Kusumoto; K. Fuji; T. Kawabata
Journal of Organic Chemistry   70(12) 4609-4616   2005年6月   [査読有り]
K. Tsubaki; T. Kusumoto; N. Hayashi; D. Tanima; K. Fuji; T. Kawabata
Tetrahedron Asymmetry   16(3) 739-743   2005年2月   [査読有り]
T. Kawabata; S. Majumdar; K. Tsubaki; D. Monguchi
Organic and Biomolecular Chemistry   3(9) 1609-1611   2005年   [査読有り]
T. Kawabata; J. Chen; H. Suzuki; K. Fuji
Synthesis   (8) 1368-1377   2005年   [査読有り]
N. Kinoshita; K.H. Marx; K. Tanaka; K. Tsubaki; T. Kawabata; N. Yoshikai; E. Nakamura; K. Fuji
Journal of Organic Chemistry   69(23) 7960-7964   2004年11月   [査読有り]
K. Tsubaki; M. Miura; H. Morikawa; H. Tanaka; T. Kawabata; T. Furuta; K. Tanaka; K. Fuji
Journal of the American Chemical Society   125(52) 16200-16201   2003年12月   [査読有り]
T. Kawabata; S. Kawakami; S. Majumdar
Journal of the American Chemical Society   125(43) 13012-13013   2003年10月   [査読有り]
T. Kawabata; R. Stragies; T. Fukaya; Y. Nagaoka; H. Schedel; K. Fuji
Tetrahedron Letters   44(8) 1545-1548   2003年2月   [査読有り]
T. Kawabata; S. P. Kawakami; S. Shimada; K. Fuji
Tetrahedron   59(7) 965-974   2003年2月   [査読有り]
T. Kawabata; R. Stragies; T. Fukaya; K. Fuji
Chirality   15(1) 71-76   2003年1月   [査読有り]
T. Kawabata; O. ?zt?rk; J. Chen; K. Fuji
Chemical Communications   (1) 162-163   2003年   [査読有り]
Memory of chirality: Asymmetric induction based on the dynamic chirality of enolates
T. Kawabata; K. Fuji
TOPICS IN STEREOCHEMISTRY, VOL 23   23 175-205   2003年   [査読有り]
Asymmetric Construction of Quaternary Carbon Centers.
T. Kawabata
Farumashia, 39, 114-115      2003年   [査読有り]
T. Kawabata; S.-P. Kawakami; K. Fuji
Tetrahedron Letters   43(8) 1465-1467   2002年2月   [査読有り]
T.D. Bagul; G. Lakshmaiah; T. Kawabata; K. Fuji
Organic Letters   4(2) 249-251   2002年1月   [査読有り]
T. Kawabata; K. Yamamoto; Y. Momose; H. Yoshida; Y. Nagaoka; K. Fuji
Chemical Communications   (24) 2700-2701   2001年12月   [査読有り]
Discrimination of Enantiomers by an Artificial Enzyme.
T. Kawabata
Bio Industry, 18, 17-24      2001年   [査読有り]
T. Kawabata; J. Chen; H. Suzuki; Y. Nagae; T. Kinoshita; S. Chancharunee; K. Fuji
Organic Letters   2(24) 3883-3885   2000年11月   [査読有り]
Asymmetric synthesis based on enolate chemistry: β-lactam synthesis and memory of chirality
T. Kawabata
Reviews on Heteroatom Chemistry   22 33-58   2000年   [査読有り]

Misc

 
Regioselective deoxygenation of glucose derivatives
Yanagi M ,Ueda Y, Furuta T, Kawabata T
1st International Conference & 6th Symposium on Organiocatalysis, 滋賀      2013年5月   [査読有り]
分子内アミド化を鍵とする官能基化ヘリセンの合成
二階堂誠理;栗林俊文;古田巧;笹森貴裕;時任宣博;川端猛夫
シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集   2013 (JA)129,(EN)128   2013年5月   [査読有り]
有機触媒を用いたトポロジカルキラリティーを持つラセミ体ロタキサンの速度論的分割
津田亜由美 ,Lakshmi B V, 川端猛夫
第20回記念シンポジウム モレキュラー・キラリティー2013, 京都      2013年5月   [査読有り]
有機触媒を用いる環状ジオールの選択的モノアシル化:基質認識機構の解析
津田亜由美 ,古田巧,佐藤真,山中正浩,川端猛夫
第133日本薬学会年会,岡山      2013年3月   [査読有り]
短寿命 C-O 軸性不斉エノラートを経由する不斉環化の立体化学
笠松幸司 ,友原啓介,吉村智之,川端猛夫
第133日本薬学会年会,岡山      2013年3月   [査読有り]
C-N 軸性不斉エノラートを経由した不斉アルドール反応のメカニズム解析
大津寄悠 ,渡邊俊英,吉村智之,川端猛夫
第133日本薬学会年会,岡山      2013年3月   [査読有り]
不斉記憶型 N-C アシル基転移を利用した四置換炭素含有γ-ラクタムの合成
木下智彦 ,吉村智之, 古田巧, 川端猛夫
第133日本薬学会年会,岡山      2013年3月   [査読有り]
グルコース誘導体の位置選択的脱酸素化法の開発
柳正致 ,上田 善弘,古田 巧,川端 猛夫
第133日本薬学会年会,岡山      2013年3月   [査読有り]
β-脱離基を持つ C-N 軸性不斉エノラートの反応性 セリン誘導体を用いるβ-ラクタムの不斉合成
百武龍一 ,多久和正訓, 楊畔, 吉村智之, 川端猛夫
第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 東京      2012年11月   [査読有り]
有機分子触媒による強心配糖体 lanatoside C の位置選択的官能基化
上田善弘 ,古田巧, 川端猛夫
第30回メディシナルケミストリーシンポジウム, 東京      2012年11月   [査読有り]
不斉記憶型 Dieckmann 縮合を利用した四置換炭素含有環状アミノ酸の合成
木下智彦, 吉村智之, 川端猛夫
第32回有機合成若手セミナー, 兵庫      2012年11月   [査読有り]
ニトロキシル型酸化触媒の電子チューニングによる反応性の制御
浜田翔平 ,古田巧, 川端猛夫
第32回有機合成若手セミナー, 兵庫      2012年11月   [査読有り]
C-N 軸性不斉エノラートを経る連続する不斉四置換炭素を持つ高歪みβ-ラクタムの不斉合成
楊畔 ,多久和正訓, 吉村智之, 川端猛夫
第32回有機合成若手セミナー, 兵庫      2012年11月   [査読有り]
Electronic Tuning 型ニトロキシル酸化触媒の特徴的な反応性とそのメカニズム解析
浜田翔平 ,古田巧, 川端猛夫
第45回酸化反応討論会, 愛知      2012年11月   [査読有り]
不斉記憶型分子間共役付加反応の開発と Manzacidin A 全合成
木下智彦 ,吉岡広泰, 吉村智之, 川端猛夫
第102回有機合成シンポジウム, 東京      2012年11月   [査読有り]
分子内にカルボキシレートを有する DMAP 型触媒の創製と触媒活性
西野玲子 ,古田巧, 川端猛夫
第38回反応と合成の進歩シンポジウム, 東京      2012年11月   [査読有り]
分子内アリール転位を用いるアミノ酸エステルの不斉記憶型αーアリール化反応の開発
吉村智之 ,友原啓介, 楊畔, 百武龍一, 川端猛夫
第38回反応と合成の進歩シンポジウム, 東京      2012年11月   [査読有り]
糖保護基をひとつも用いない strictinin の位置選択的全合成
竹内裕紀 ,三代憲司, 上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
第5回有機触媒シンポジウム, 東京      2012年10月   [査読有り]
配糖体天然物 multifidoside A, B の位置選択的全合成
上田善弘 ,古田巧, 川端猛夫
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会, 兵庫      2012年10月   [査読有り]
C-N 軸性不斉エノラートを経由した N-C 不斉アシル基転移を伴う Dieckmann 縮合
木下智彦 ,吉村智之, 古田巧, 川端猛夫
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会, 兵庫      2012年10月   [査読有り]
C-N 軸性不斉エノラートを用いたα-アミノ酸誘導体の不斉α-アリール化
百武龍一 ,友原啓介, 楊畔, 吉村智之, 川端猛夫
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会, 兵庫      2012年10月   [査読有り]
不斉記憶型分子内共役付加反応による連続する不斉四置換炭素を持つβ-ラクタムの高エナンチオ選択的不斉合成
楊畔 ,多久和正訓, 友原啓介, 吉村智之, 川端猛夫
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会, 兵庫      2012年10月   [査読有り]
C-O 軸性不斉エノラートを経由する分子内共役付加反応の立体化学
笠松幸司 ,友原啓介, 吉村智之, 川端猛夫
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会, 兵庫      2012年10月   [査読有り]
ロトン化によって促進される不斉記憶型分子内共役付加反応を活用した高歪みβ-ラクタムの不斉合成
吉村智之 ,多久和正訓, 友原啓介, 宇山允人, 林一広, 楊畔, 百武龍一, 川端猛夫
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会, 兵庫      2012年10月   [査読有り]
分子内アミド化を利用した官能基化ヘリセンの合成
栗林俊文 ,二階堂誠理, 古田巧, 笹森貴裕, 時任宣博, 川端猛夫
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会, 兵庫      2012年10月   [査読有り]
分子内にカルボキシレートを有する DMAP 型触媒の構造-触媒活性相関
西野玲子 ,古田巧, 川端猛夫
第62回日本薬学会近畿支部総会・大会, 兵庫      2012年10月   [査読有り]
有機分子触媒による天然物由来医薬品 lanatoside C の位置選択的アシル化
上田善弘 ,古田巧, 川端猛夫
第42回複素環化学討論会, 京都      2012年10月   [査読有り]
環状分子内水素結合により構築されるキラルな C2 対称構造モチーフ
三代憲司 ,古田巧, 川端猛夫
第42回複素環化学討論会, 京都      2012年10月   [査読有り]
縮環構造内にアミド基を持つ官能基化ヘリセンの合成
古田巧 ,二階堂誠理, 山本純也, 栗林俊文, 川端猛夫
第42回複素環化学討論会, 京都      2012年10月   [査読有り]
エラジタンニン類の触媒的位置選択的全合成
竹内裕紀 ,三代憲司, 上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
第54回天然有機化合物討論会, 東京      2012年9月   [査読有り]
Synthesis of functionalized helicenes with amide group in their fused ring system
Furuta T ,Nikaido M, Yamamoto J, Kuribayashi T, Kawabata T
The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, 大阪      2012年9月   [査読有り]
Asymmetric Synthesis of Cyclic Ethers with Tetrasubstituted Carbon via Short-lived C-O Axially Chiral Enolates
Yoshimura T ,Tomohara K, Kawabata T
The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, 大阪      2012年9月   [査読有り]
Asymmetric desymmetrization of σ-symmetric linear diols by chiral PPY catalysts
Shigeta T ,Keisuke Yoshida K, Furuta T, Kawabata T
The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, 大阪      2012年9月   [査読有り]
Development of a Nitroxyl Radical Oxidation Catalyst by Electronic Tuning
Hamada S ,Furuta T, Kawabata T
The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, 大阪      2012年9月   [査読有り]
Organocatalysis-based Enantioselective and Regioselective Total Syntheses of Natural Glycosides, Multifidoside A and B
Ueda Y ,Furuta T, Kawabata T
The 6th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences, 大阪      2012年9月   [査読有り]
軸性不斉を持つメタラビナフチル化合物の合成と物性
平田篤志 ,林一広, 古田巧, 笹森貴裕, 時任宣博, 川端猛夫
第29回有機合成化学セミナー, 静岡      2012年9月   [査読有り]
遠隔位認識型触媒を用いたσ-対称鎖状ジオールの不斉非対称化
繁田尭 ,吉田圭佑, 古田巧, 川端猛夫
第29回有機合成化学セミナー, 静岡      2012年9月   [査読有り]
配糖体天然物 multifidoside A 及び B の位置選択的全合成
上田善弘 ,古田巧, 川端猛夫
第29回有機合成化学セミナー, 静岡      2012年9月   [査読有り]
触媒制御による非対称ジオールアシル化の位置選択性の逆転
繁田尭 ,吉田圭佑, 古田巧, 川端猛夫
日本プロセス化学会 2012サマーシンポジウム, 京都      2012年7月   [査読有り]
C-N 軸性不斉エノラートを経由する分子間共役付加反応の開発とその応用
木下智彦 ,吉岡広泰, 吉村智之, 川端猛夫
日本プロセス化学会 2012サマーシンポジウム, 京都      2012年7月   [査読有り]
Total Synthesis of Manzacidin A via Asymmetric Intermolecular Conjugate Addition Reaction Based on Memory of Chirality
Kinoshita T ,Yoshioka H, Yoshimura T, Kawabata T
モレキュラー・キラリティー アジア 2012, 福岡      2012年5月   [査読有り]
A novel chiral structural motif consisting of a cyclic hydrogen bonding network
Mishiro K ,Furuta T, Kawabata T
モレキュラー・キラリティー アジア 2012, 福岡      2012年5月   [査読有り]
Catalytic and Regioselective Total Synthesis of Tellimagrandin I and II
Takeuchi H ,Mishiro K, Ueda Y, Furuta T, Kawabata T
モレキュラー・キラリティー アジア 2012, 福岡      2012年5月   [査読有り]
Electronic Tuning に基づくニトロキシル型酸化触媒の開発
浜田翔平 ,古田巧, 川端猛夫
第10回 次世代を担う有機化学シンポジウム, 大阪      2012年5月   [査読有り]
Electronic Tuning 型ニトロキシル酸化触媒の開発とその特性
浜田翔平 ,古田巧, 川端猛夫
第132日本薬学会年会, 北海道      2012年3月   [査読有り]
基質認識型触媒を用いた長鎖-σ-対称ジオールの遠隔位不斉非対称化
繁田尭 ,吉田圭佑, 古田巧, 川端猛夫
第132日本薬学会年会, 北海道      2012年3月   [査読有り]
4-O-アシル化配糖体 multifidoside A 及び B のエナンチオ選択的及び位置選択的全合成
上田善弘 ,古田巧, 川端猛夫
第132日本薬学会年会, 北海道      2012年3月   [査読有り]
基質認識型触媒を用いる糖特異的アシル化及びメカニズム解析
三代憲司 ,古田巧, 川端猛夫
第132日本薬学会年会, 北海道      2012年3月   [査読有り]
不斉軸に直結した中心遷移金属を持つキラルビナフチル化合物の合成と物性
平田篤志 ,林一広, 古田巧, 笹森貴裕, 時任宣博, 川端猛夫
第132日本薬学会年会, 北海道      2012年3月   [査読有り]
軸性不斉アミノ酸の効率的合成と官能基化ヘリセン合成への応用
二階堂誠理 ,山本純也, 古田巧, 川端猛夫
第132日本薬学会年会, 北海道      2012年3月   [査読有り]
アミノ酸誘導体の不斉記憶型α-アリール化
友原啓介 ,吉村智之, 川端猛夫
第132日本薬学会年会, 北海道      2012年3月   [査読有り]
セリン誘導体の不斉記憶型分子内共役付加を用いるβ-ラクタムの不斉合成
百武龍一 ,多久和正訓, 宇山允人, 吉村智之, 川端猛夫
第132日本薬学会年会, 北海道      2012年3月   [査読有り]
有機触媒による糖特異的アシル化及び反応メカニズム解析
三代憲司 ,古田巧, 川端猛夫
第111回京都大学化学研究所発表会, 京都      2011年12月   [査読有り]
アミノ酸誘導体の不斉αーアリール化
友原啓介 ,吉村智之, 川端猛夫
第111回京都大学化学研究所発表会, 京都      2011年12月   [査読有り]
新規ニトロキシル型酸化触媒の開発とその特性
浜田翔平 ,古田巧, 川端猛夫
第8回有機元素化学セミナー, 京都      2011年11月   [査読有り]
分子内にカルボキシレートを有する DMAP 触媒の創製と触媒活性
西野玲子 ,古田巧, 川端猛夫
第8回有機元素化学セミナー, 京都      2011年11月   [査読有り]
アミノ酸誘導体の不斉記憶型αーアリール化
友原啓介 ,吉村智之, 川端猛夫
第8回有機元素化学セミナー, 京都      2011年11月   [査読有り]
有機分子触媒を用いたエラジタンニンの短段階全合成研究
竹内裕紀 ,三代憲司, 上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
第31回有機合成若手セミナー 明日の有機合成を担う人のために ,京都      2011年11月   [査読有り]
軸性不斉アミノ酸の効率的合成と官能基化ヘリセンへの展開
二階堂誠理 ,山本純也, 古田巧, 川端猛夫
第31回有機合成若手セミナー 明日の有機合成を担う人のために ,京都      2011年11月   [査読有り]
セリン誘導体を用いる不斉記憶型分子内共役付加によるβーラクタムの不斉合成
百武龍一 ,多久和正訓, 宇山允人, 吉村智之, 川端猛夫
第31回有機合成若手セミナー 明日の有機合成を担う人のために ,京都      2011年11月   [査読有り]
アミノ酸誘導体の不斉記憶型α−アリール化反応の開発
友原啓介 ,吉村智之, 川端猛夫
第100回有機合成シンポジウム ,東京      2011年11月   [査読有り]
プロトン化により促進されるキラルエノラートの共役付加:高歪みβーラクタムの不斉合成
吉村智之 ,多久和正訓, 吉岡広泰, 友原啓介,楊畔, 林一広, 川端猛夫
第37回反応と合成の進歩シンポジウム ,徳島      2011年11月   [査読有り]
新規ニトリキシル型酸化触媒の開発とその特性
浜田翔平 ,古田巧, 川端猛夫
第44回酸化反応討論会 ,大阪      2011年11月   [査読有り]
口頭発表:キラルエノラートの分子内共役付加を利用する多置換β-ラクタムの不斉合成
吉村智之 ,多久和正訓, 楊畔, 友原啓介, 川端猛夫
第61回日本薬学会近畿支部総会・大会 ,兵庫      2011年10月   [査読有り]
口頭発表:触媒的位置選択的ジアシル化を鍵工程とするエラジタンニン類の短段階全合成研究 -テリマグランジン I 及び II の全合成研究-
竹内裕紀 ,三代憲司, 上田善弘, 古田巧, 川端 猛夫
第61回日本薬学会近畿支部総会・大会 ,兵庫      2011年10月   [査読有り]
β位にアルコキシル基(脱離基)を持つ軸性不斉エノラートの分子内共役付加によるβ-ラクタムの不斉合成
百武龍一 ,多久和正訓, 宇山允人, 吉村智之,川端猛夫
第61回日本薬学会近畿支部総会・大会 ,兵庫      2011年10月   [査読有り]
Electronic tuning 型新規ニトロキシル酸化触媒の開発
浜田翔平 ,古田巧, 川端猛夫
第61回日本薬学会近畿支部総会・大会 ,兵庫      2011年10月   [査読有り]
不斉記憶型分子間共役付加反応の開発とそれを利用した Manzacidin A の全合成
木下智彦 ,吉村智之, 吉岡広泰, 川端猛夫
第61回日本薬学会近畿支部総会・大会 ,兵庫      2011年10月   [査読有り]
有機分子触媒を用いる糖特異的アシル化及びその基質認識機構
三代憲司 ,上田善弘, 村松渉, 古田巧, 川端猛夫
第41回 複素環化学討論会 ,熊本      2011年10月   [査読有り]
芳香族アミノ基を持つ軸性不斉アミノ酸の合成とエナミン触媒としての応用
山本純也 ,古田巧, 川端猛夫
第41回 複素環化学討論会 ,熊本      2011年10月   [査読有り]
C-N 軸性不斉エノラートを経るα-アミノ酸誘導体の不斉α-アリール化
友原啓介 ,吉村智之, 川端猛夫
第41回 複素環化学討論会 ,熊本      2011年10月   [査読有り]
連続する四置換不斉炭素を持つβ-ラクタムの不斉記憶型合成
楊畔 ,多久和正訓, 友原啓介, 吉村智之 ,川端猛夫
第41回 複素環化学討論会 ,熊本      2011年10月   [査読有り]
有機分子触媒を用いる位置選択的ジアシル化を鍵工程とするエラジタンニン類の短段階全合成研究
竹内裕紀;三代憲司;上田善弘;古田巧;川端猛夫
反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集   37th 324-325   2011年10月   [査読有り]
有機触媒による糖類の位置選択的アシル化:配糖体天然物の位置選択的全合成並びに官能基化
上田善弘 ,三代憲司, 村松渉, 吉田圭佑, 古田巧, 川端猛夫
第53回天然有機化合物討論会 ,大阪      2011年9月   [査読有り]
Pd 触媒ドミノ型ビアリールカップリング反応による軸性不斉アミノ酸の合成と応用
古田巧 ,山本純也, 北村祐樹, 橋本理乃, 枡飛雄真, 東屋功, 菅敏幸, 川端猛夫
第9回次世代を担う有機化学シンポジウム ,東京      2011年5月   [査読有り]
C-N 軸性不斉エノラートを経由する不斉共役付加反応の開発
吉村智之 ,多久和正訓, 吉岡広泰, 宇山允人, 友原啓介, 林一広, 門口大輝, 川端 猛夫
モレキュラー・キラリティー 2011 ,東京      2011年5月   [査読有り]
基質認識型触媒を用いる単糖類アシル化の基質特異性発現機構
三代憲治 ,古田巧, 川端猛夫
第131日本薬学会年会 ,静岡      2011年3月   [査読有り]
2,2' 位にアミノ基およびカルボキシル基を持つ不斉アミノ酸の改良合成
山本純也 ,古田巧, 川端猛夫
第131日本薬学会年会 ,静岡      2011年3月   [査読有り]
不斉軸に直結した中心金属を持つビナフチル化合物の合成と物性
林一広 ,中島,裕美子, 小澤文幸, 松林伸幸, 笹森貴裕, 時任宣博, 川端猛夫
第131日本薬学会年会 ,静岡      2011年3月   [査読有り]
不斉記憶型反応を経由する分子間不斉マイケル付加反応の開発
吉岡広泰 ,吉村智之, 川端猛夫
第131日本薬学会年会 ,静岡      2011年3月   [査読有り]
基質認識型求核触媒を用いる 2-アミノ-1,5-ペンタンジオール誘導体の位置選択的アシル化
吉田圭佑 ,繁田尭, 古田巧, 川端猛夫
第131日本薬学会年会 ,静岡      2011年3月   [査読有り]
分子内にカルボキシレートを有するビアリール型 DMAP 触媒の合成と触媒活性
西野玲子 ,古田巧, 川端猛夫
第131日本薬学会年会 ,静岡      2011年3月   [査読有り]
キラル PPY 触媒を用いるσ-対称ジオールの不斉非対称化
繁田尭 ,吉田圭佑, 古田巧, 川端猛夫 
第131日本薬学会年会 ,静岡      2011年3月   [査読有り]
新規ニトリキシラジカル型酸化触媒の開発
浜田翔平 ,川端猛夫
第131日本薬学会年会 ,静岡      2011年3月   [査読有り]
有機分子触媒による位置選択的アシル化を鍵反応とする multifidoside A 及び B の全合成
上田善弘 ,古田巧, 川端猛夫
第131日本薬学会年会 ,静岡      2011年3月   [査読有り]
D,L-型ペプチド触媒を用いたmyo-イノシトール誘導体の位置選択的アシル化
本城聖司 ,宇留野義治, 古田巧, 川端猛夫
第29回メディシナルケミストリーシンポジウム ,京都      2010年11月   [査読有り]
キラルPPY 触媒によるσ‐対称ジオール類の不斉非対称化
繁田尭 ,吉田圭佑,菅慶三, 柴田威, 古田巧, 川端猛夫
第29回メディシナルケミストリーシンポジウム ,京都      2010年11月   [査読有り]
不斉記憶型共役付加反応を経由する多置換β-ラクタムの不斉合成
楊畔 ,多久和正訓, 宇山允人, 友原啓介, 林一広, 吉村智之, 川端猛夫
第29回メディシナルケミストリーシンポジウム ,京都      2010年11月   [査読有り]
触媒的位置選択的アシル化を鍵反応とする配糖体天然物multifidoside A 及びBの全合成
上田善弘 ,古田巧, 川端猛夫
第30回有機合成若手セミナー 明日の有機合成を担う人のために ,大阪      2010年11月   [査読有り]
キラルPPY触媒によるσ-対称-1,5-ジオールの不斉非対称化
繁田尭 ,吉田圭佑, 古田巧, 川端猛夫
第30回有機合成若手セミナー 明日の有機合成を担う人のために ,大阪      2010年11月   [査読有り]
基質認識型 PPY 触媒を用いる非対称ジオールの位置選択的アシル化
吉田圭佑 ,古田巧, 川端猛夫
第36回反応と合成の進歩シンポジウム ,愛知      2010年11月   [査読有り]
求核触媒を用いる糖特異的アシル化
三代憲司 ,古田巧, 川端猛夫
第7回有機元素セミナー ,京都      2010年11月   [査読有り]
BINOL 誘導体を用いた高次変換反応
須江大輔 ,川端猛夫, 椿一典
第7回有機元素セミナー ,京都      2010年11月   [査読有り]
短寿命キラルエノラートを経由する四置換炭素含有環状エーテル類の不斉合成
吉村智之 ,友原啓介, 川端猛夫
第60回日本薬学会近畿支部総会・大会 ,大阪      2010年10月   [査読有り]
基質認識型求核触媒による 2-alkylidenepropane-1,3-diol の E-選択的アシル化
吉田圭佑 ,古田巧, 川端猛夫
第60回日本薬学会近畿支部総会・大会 ,大阪      2010年10月   [査読有り]
触媒的位置選択的アシル化を鍵反応とする multifidoside A の全合成研究
上田善弘 ,古田巧, 川端猛夫
第60回日本薬学会近畿支部総会・大会 ,大阪      2010年10月   [査読有り]
キラル PPY 触媒による σ-対称 1,5-diol の不斉非対称化
繁田尭 ,吉田圭佑, 古田巧, 川端猛夫
第60回日本薬学会近畿支部総会・大会 ,大阪      2010年10月   [査読有り]
無期塩基を室温で用いる精密エノラート化学:含窒素複素環の不斉記憶型合成
川端猛夫 ,吉村智之, 多久和正訓, 森山克彦, 坂井啓紀, 楊畔
第40回複素環化学討論会 ,宮城      2010年10月   [査読有り]
基質認識型 PPY 触媒による 2-アミノ-1,5-ペンタンジオール誘導体の位置選択的アシル化
吉田圭佑 ,古田巧, 川端猛夫
第40回複素環化学討論会 ,宮城      2010年10月   [査読有り]
異常な軸性不斉安定性を持つ水素結合性ビナフチル型分子のラセミ化挙動
林一広 ,松林伸幸, Changsheng J,  吉村智之, 椿一典, 川端猛夫
第40回複素環化学討論会 ,宮城      2010年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Springer Interntional Publishing
川端猛夫 (担当:共著, 範囲:Site-Selective Catalysis)
Springer Interntional Publishing   2016年   ISBN:978-3-319-26333-5
Sustainable Catalysis
古田巧, 川端猛夫 (担当:共著, 範囲:Chiral Imidazole and Pyridines as Asymmetric Organocatalysis)
RSC Green Chemistry, Sustainable Catalysis   2015年11月   ISBN:978-1-78262-058-7
進化を続ける有機触媒 有機合成を確信する第三の触媒
丸岡啓二, 川端猛夫 (担当:共著, 範囲:第2部 13章 アシル化触媒)
化学同人   2009年7月   ISBN:9784759807516

講演・口頭発表等

 
不斉及び位置選択的分子変換の新機軸 [招待有り]
川端猛夫
日本薬学会第137年会   2017年3月25日   公益財団法人日本薬学会
Racemization-Resistant C-N Axially Chiral Enolates :Application to Asymmetric alpha-Fluorination of alpha-Amino Acid Derivatives [招待有り]
川端猛夫
11th International Symposium on Carbanion Chemistry   2016年7月19日   
動的分子認識場に立脚した触媒的精密分子変換 [招待有り]
川端猛夫
日本化学会第96春季年会   2016年3月24日   日本化学会
アニリンアミノ基を活性中心とした酸ー塩基型触媒によるメソ型脂肪族ジアールの不斉非対称化
馬場智明, Ramesh Yella, 山本覚, 田中雄也, 古田巧, 川端猛夫
「有機分子触媒による未来型分子変換」第6回公開シンポジウム   2016年1月22日   文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」
Direct Stereoselective Glycosydation Using Unprotected Glucose
藤森悠介, 竹内裕紀, 古田巧, 上田善弘, 川端猛夫
2015環太平洋国際化学会議   2015年12月19日   日本, アメリカ, カナダ, オーストラリア, ニュージーランド, 韓国, 中国 7化学会
Final-Stage Site-Selective Acylation for the Total Syntheses of Multifidosides A-C by Organocatalysis
上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
2015環太平洋国際化学会議   2015年12月19日   日本, アメリカ, カナダ, オーストラリア, ニュージーランド, 韓国, 中国 7化学会
Total Synthesis of Ellagitannins via Site-Selective Sequential Functionalization of Unprotected Glucose
竹内裕紀, 三代憲司, 上田善弘, 藤森悠介, 古田巧, 川端猛夫
2015環太平洋国際化学会議   2015年12月19日   日本, アメリカ, カナダ, オーストラリア, ニュージーランド, 韓国, 中国 7化学会
Stereoselective Intramolecular Direct Cross-Aldol and Desymmetrization of Aliphatic Dials Enabled by Axially Chiral Aniline
イエララメッシュ, 馬場智明, 田中雄也, 山本覚, 古田巧, 川端猛夫
2015環太平洋国際化学会議   2015年12月19日   日本,アメリカ,カナダ,オーストラリア,ニュージーラント,韓国,中国 7化学会
Enantio- and Site-Selective Molecular Transformation by Organocatalysis
川端猛夫
2015環太平洋国際化学会議   2015年12月17日   日本, アメリカ, カナダ, オーストラリア, ニュージーランド, 韓国, 中国 7化学会
Stereoselective Synthesis of α,β-disubstituted γ-lactones promoted by binaphthyl Rh carboxylate catalyst
陸文傑, Xu Pei, 古田巧, 川端猛夫
2015環太平洋国際化学会議   2015年12月16日   日本, アメリカ, カナダ, オーストラリア, ニュージーランド, 韓国, 中国 7化学会
Asymmetric Desymmetrization of Sliphatic Dials via Intramolecular Aldol Reaction Enabled by Aniline-type Acid-Base Catalyst
イエララメッシュ, 馬場智明, 田中雄也, 山本覚, 古田巧, 川端猛夫
京都大学化学研究所第115回研究発表会   2015年12月11日   京都大学化学研究所
分子認識型求核触媒を用いるジアミン類の不斉識別法の開発と機構解明
菅慶三, 平田篤志, Valluru Krishna Reddy, Sokeirik Yasser, 上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
第33回メディシナルケミストリーシンポジウム   2015年11月25日   日本薬学会医薬化学部会
競合するβ-脱離反応を抑制したC-N 軸性不斉エノラートの分子内共役付加反応による不斉β-ラクタムの合成
百武龍一, 吉村智之, 古田巧, 川端猛夫
2015年11月20日   第45回複素環化学討論会実行委員会
ビナフチル型ロジウムカルボキシラート触媒によるα、β-ニ置換γ-ラクトンの不斉合成
陸文傑, Xu Pei, 古田巧, 川端猛夫
第45回複素環化学討論会   2015年11月19日   第45回複素環化学討論会実行委員会
Total Syntheses of Ellagitannins through Site-Selective Functionalization of Glucose
竹内裕紀, 三代憲司, 藤森悠介, 上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
2015年11月17日   
Final-Stage Site-Selective Acylation for the Total Syntheses of Multifidosides A-C
上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
第13回国際有機化学京都会議   2015年11月10日   近畿化学協会
Protecting-group-free β-selective glycosydation
竹内裕紀, 藤森悠介, 上田善弘, 吉村智之, 古田巧, 川端猛夫
第13回国際有機化学京都会議   2015年11月10日   近畿化学協会
ホルミル基の触媒的識別:アニリン型酸−塩基触媒による脂肪族ジアールの分子内不斉交差アルドール反応
古田巧, 馬場智明, イエララメッシュ, 田中雄也, 山本覚, 山本純也, 佐藤真, 山中正浩, 川端猛夫
第41回反応と合成の進歩シンポジウム   2015年10月27日   日本薬学会化学系薬学部会
無保護グルコースを用いた立体選択的グリコシル化法の開発
藤森悠介、竹内裕紀、川端猛夫
第65回日本薬学会近畿支部総会・大会   2015年10月17日   日本薬学会近畿支部
カウンターアニオン制御に基づく求核的アシル化触媒サイクルの活性化
柳正致, 津田亜由美, 上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
第65回日本薬学会近畿支部総会・大会   2015年10月17日   日本薬学会近畿支部
Coriariin Aの短工程全合成 ―無保護glucoseを用いたβ-選択的ダブルグリコシル化―
芝山啓允, 藤森悠介, 竹内裕紀, 上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
第65回日本薬学会近畿支部総会・大会   2015年10月17日   日本薬学会近畿支部
分子内不斉アルドール反応によるメソ型脂肪族ジアールの不斉非対称化
馬場智明, イエラ ラメッシュ, 田中雄也, 山本覚, 古田巧, 川端猛夫
第65回日本薬学会近畿支部総会・大会   2015年10月17日   日本薬学会近畿支部
最終段階位置選択的アシル化に基づく配糖体天然物の全合成
上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
第65回日本薬学会近畿支部総会・大会   2015年10月17日   日本薬学会近畿支部
ベンザインを求電子剤としたC-N軸不斉エノラートを経由するアミノ酸誘導体の不斉α-アリール化
笠松幸司,吉村智之,川端猛夫
第65回日本薬学会近畿支部総会・大会   2015年10月17日   日本薬学会近畿支部
無保護グルコースを出発物質とする配糖体天然物の短段階全合成
藤森悠介, 竹内裕紀, 上田善弘, 芝山啓允, 吉村智之, 古田巧, 川端猛夫
第57回天然有機化合物討論会   2015年9月11日   日本化学会
Site-Selective Molecular Transformation by Organocatalysis [招待有り]
川端猛夫
The 6th Japanese-Sino Symposium on Organic Chemistry for Young Scientists   2015年9月8日   
無保護グルコースを用いる立体選択的グリコシル化法の開発
藤森悠介, 竹内裕紀, 上田善弘, 吉村智之, 古田巧, 川端猛夫
第35回有機合成若手セミナー   2015年8月1日   有機合成化学協会
Stereoselective Intramolecular Cross-aldol and Desymmetrization of Aliphatic Dials Enabled by Axially Chiral Aniline-type Catalyst
馬場智明, イエラ ラメッシュ, 田中雄也, 山本覚, 古田巧, 川端猛夫
第3回プロセス化学国際シンポジウム   2015年7月15日   The Japanese Society for Process Chemistry
Organocatalytic Site-selective Acylation of Polyol Natural Products
柳正致, 上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
第3回プロセス化学国際シンポジウム   2015年7月15日   The Japanese Society for Process Chemistry
Asymmetric α-Fluorination of Amino Acid Derivatives via Memory of Chirality
笠松幸司,吉村智之,川端猛夫
第3回プロセス化学国際シンポジウム   2015年7月15日   The Japanese Society for Process Chemistry
invited lecture: Enantio- and Site-Selective Molecular Transformation by Organocatalysis
川端猛夫
第39回内藤カンファレンス:有機分子触媒の化学   2015年7月8日   公益財団法人内藤記念科学振興財団
Total Syntheses of Multifidoside A-C: Application of Predictable Catalytic Regioselective Acylation of Glucosides at Final Stage
上田善弘, 古田巧, 川端猛夫
第39回内藤カンファレンス:有機分子触媒の化学   2015年7月8日   公益財団法人内藤記念科学振興財団
Catalytic Discrimination of Formyl Groups: Regio- and Stereoselective Intramolecular Cross-Aldol Reaction of Enolizable Dials Promoted by Amine Catalyst with Low Reactivity [招待有り]
古田巧, 馬場智明, イエララメッシュ, 田中雄也, 山本覚, 川端猛夫
第39回内藤カンファレンス:有機分子触媒の化学   2015年7月7日   公益財団法人内藤記念科学振興財団
Kinetic Resolution of Mechanically Planar Chiral Rotaxanes
津田亜由美, バトラジュバサンタラクシュミ, 川端猛夫
27th International Symposium on Chiral Discrimination (ISCD27)   2015年6月30日   The ISCC Organizing Committee
Elongation of Life-Time of Chiral Enolate Intermediates; Asymmetric α-Fluorination of Amino Acid Derivatives via Memory of Chirality
笠松幸司, 吉村智之, 川端猛夫
27th International Symposium on Chiral Discrimination (ISCD27)   2015年6月29日   The ISCC Organizing Committee
可動性を持つ超分子キラリティーの識別 [招待有り]
川端猛夫
シンポジウム モレキュラー・キラリティー2015   2015年6月13日   Molecular Chirality Research Organization
長寿命化現象を利用するアミノ酸誘導体の不斉記憶型α―フッ素化
笠松幸司,吉村智之,川端猛夫
シンポジウム モレキュラー・キラリティー2015   2015年6月13日   Molecular Chirality Research Organization
不斉記憶型 Dieckmann 縮合の開発とメカニズム解析
木下智彦,吉村智之,川端猛夫
シンポジウム モレキュラー・キラリティー2015   2015年6月12日   Molecular Chirality Research Organization
Concise Synthesis of Amide Functionalized Helicenes
栗林俊文, 二階堂誠理, 笹森貴裕, 古田巧, 川端猛夫
第10回有機元素化学セミナー   2015年6月8日   京都大学化学研究所共同利用・共同研究拠点
Asymmetric α-Fluorination of Amino Acid Derivatives via Memory of Chirality
笠松幸司, 吉村智之, 川端猛夫
第10回有機元素化学セミナー   2015年6月8日   京都大学化学研究所共同利用・共同研究拠点
Counter-Anion-Controlled Reactivity and Selectivity in Organocatalytic Acylation of Carbohydrates
上田善弘, 柳正致, 津田亜由美, 古田巧, 川端猛夫
第10回有機元素化学セミナー   2015年6月8日   京都大学化学研究所共同利用・共同研究拠点
位置選択的官能基化法を利用するエラジタンニン類の全合成
竹内裕紀,三代憲司,上田善弘,藤森悠介,古田 巧,川端猛夫
第13回次世代を担う有機化学シンポジウム   2015年5月23日   日本薬学会化学系薬学部会
カウンターアニオン制御に基づく求核的アシル化触媒サイクルの活性化
柳正致,津田亜由美,上田善弘,古田巧,川端猛夫
第8回有機触媒シンポジウム兼「有機分子触媒による未来型分子変換」第5回公開シンポジウム   2015年5月10日   文部科学省化学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」
エラジタンニン類の生合成模擬的全合成
竹内裕紀,三代憲司,上田善弘,藤森悠介,古田巧,川端猛夫
第8回有機触媒シンポジウム兼「有機分子触媒による未来型分子変換」第5回公開シンポジウム   2015年5月10日   文部科学省化学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」
無保護糖を用いた立体選択的グリコシル化法の開発と天然物合成への応用
藤森悠介,竹内裕紀,川端猛夫
日本薬学会第135年会   2015年3月28日   日本薬学会
新規閉環反応によるアザ[7]ヘリセン類の合成
栗林俊文,二階堂誠理,古田巧,川端 猛夫
日本薬学会第135年会   2015年3月27日   日本薬学会
アミノ酸誘導体の不斉記憶型α―フッ素化
笠松幸司,吉村智之,川端猛夫
日本薬学会第135年会   2015年3月26日   日本薬学会
連続する四置換炭素を持つβ―ラクタムの不斉記憶型構築及び構造解析
楊畔,吉村智之,川端猛夫
日本薬学会第135年会   2015年3月26日   日本薬学会
Site-Selective Catalysis [招待有り]
川端 猛夫
第1回 京都大学-UCサンディエゴ 共同シンポジウム   2015年3月12日   京都大学・UC San Diego
Regio- and Enantioselective Acylation by Organocatalysis [招待有り]
川端猛夫
第8回シンガポール国際化学会議   2014年12月15日   シンガポール国立大学
Regio- and Enantioselective Functionalization by Organocatalysis [招待有り]
川端猛夫
第2回国際会議(兼)第7回有機触媒シンポジウム   2014年11月21日   文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」
トポロジカルキラリティーを持つ超分子の不斉識別:ロタキサンの速度論的分割
津田亜由美,Bhatraju Vasantha Lakshmi, 川端猛夫
第40回反応と合成の進歩シンポジウム   2014年11月11日   日本薬学会化学系薬学部会
軸性不斉アニリン型酸―塩基触媒による分子内不斉交差アルドール反応
馬場智明,山本純也,古田巧,川端猛夫
第105回有機合成シンポジウム2014年(秋)   2014年11月6日   有機合成化学協会
Enrichment of the diastereomeric ratio of chiral heterocycles via racemization free-equilibrium of the intermediary chiral enolates
Pan Yang, Daiki Monguchi, Masatoshi Takuwa, Tomoyuki Yoshimura, Takeo Kawabata
モレキュラーキラリティーアジア2014   2014年10月30日   分子不斉研究機構 MCRO
有機触媒を用いるデオキシ糖の位置選択的短段階合成
柳正致,上田善弘,古田巧,川端猛夫
第56回天然有機化合物討論会   2014年10月17日   日本化学会
アミノ酸誘導体から生じるキラルエノラートの長寿命化現象
川端猛夫, 笠松幸司,木下智彦,渡邊俊英,吉村智之,川端猛夫
第64回日本薬学会近畿支部総会・大会   2014年10月11日   日本薬学会近畿支部
アニリン型酸―塩基触媒による分子内不斉交差アルドール反応
馬場智明,山本純也,古田巧,川端猛夫
第64回日本薬学会近畿支部総会・大会   2014年10月11日   日本薬学会近畿支部
触媒的アシル化によるジオールの parallel kinetic resolution
西島秀幸,吉田圭佑,繁田尭,川端猛夫
第64回日本薬学会近畿支部総会・大会   2014年10月11日   日本薬学会近畿支部
Regio- and Enantioselective Acylation Catalysis [招待有り]
川端 猛夫
第24回光学活性化合物シンポジウム   2014年10月10日   光学活性化合物研究会
糖類の位置選択的脱酸素官能基化
柳正致,上田善弘,古田巧,川端猛夫
第44回複素環化学討論会   2014年9月12日   第44回複素環化学討論会実行委員会
ベンザインを用いるアミノ酸誘導体の不斉記憶型α―アリール化
笠松幸司,吉村智之,川端猛夫
第44回複素環化学討論会   2014年9月11日   第44回複素環化学討論会実行委員会
アニリンアミノ基を活性中心とした酸―塩基触媒による分子内不斉交差アルドール反応
馬場智明,山本純也,古田巧,川端猛夫
第44回複素環化学討論会   2014年9月11日   第44回複素環化学討論会実行委員会
Total Synthesis of Ellagitannins via Regioselective Acylation of Glucose
Hironori Takeuchi, Yusuke Fujimori, Kenji Mishiro, Takumi Furuta, Takeo Kawabata
第27回国際ポリフェノール会議2014名古屋   2014年9月4日   第27回国際ポリフェノール会議2014名古屋組織委員会
無保護グルコースを用いた立体選択的グルコシル化法の開発
藤森悠介,竹内裕紀,川端猛夫
第33回日本糖質学会年会   2014年8月10日   日本糖質学会
触媒的アシル化によるジオールの parallel kinetic resolution
西島秀幸,吉田圭佑,繁田尭,川端猛夫
第34回有機合成若手セミナー   2014年8月5日   有機合成化学協会関西支部・日本薬学会近畿支部
α―アミノ酸を唯一の不斉源として用いるα―アリールアミノ酸誘導体の不斉合成
笠松幸司,吉村智之,川端猛夫
日本プロセス化学会2014サマーシンポジウム   2014年8月1日   日本プロセス化学会
グルコース誘導体の位置選択的アシル化における触媒量低減化
柳正致,津田亜由美,上田善弘,古田巧,川端猛夫
日本プロセス化学会2014サマーシンポジウム   2014年8月1日   日本プロセス化学会
超分子の不斉識別:速度論的分割によるトポロジカルキラリティーを持つロタキサンの不斉構築
津田亜由美,Bhatraju Vasantha Lakshmi,川端猛夫
「有機分子触媒による未来型分子変換」第4回公開シンポジウム    2014年6月20日   文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」
軸性不斉アニリン触媒による分子内不斉交差アルドール反応
馬場智明,山本純也,古田巧,川端猛夫
「有機分子触媒による未来型分子変換」第4回公開シンポジウム    2014年6月20日   文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」
有機触媒を用いる常温・中性条件下でのペプチドの位置選択的解裂
早坂茉奈美,木下智彦,三代憲司,川端猛夫
「有機分子触媒による未来型分子変換」第4回公開シンポジウム   2014年6月20日   文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究(研究領域提案型)」
軸性不斉アニリン型酸―塩基触媒による分子内不斉交差アルドール反応
馬場智明,山本純也,古田巧,川端猛夫
シンポジウム モレキュラー・キラリティー2014   2014年6月7日   分子不斉研究機構 MCRO
C-N 軸性不斉エノラートを経るアミノ酸誘導体の不斉記憶型α―アリール化の開発
笠松幸司,友原啓介,百武龍一,楊畔,吉村智之,川端猛夫
シンポジウム モレキュラー・キラリティー2014   2014年6月7日   分子不斉研究機構 MCRO
有機触媒によるトポロジカルキラリティーを持つラセミ体ロタキサンの速度論的分割
津田亜由美,Bhatraju Vasantha Lakshmi,川端猛夫
第12回ホストゲスト化学シンポジウム   2014年5月31日   ホスト-ゲスト・超分子化学研究会
遠隔位認識型アシル化触媒を用いたσ―対称鎖状ジオールの不斉非対称化
繁田尭,吉田圭佑,古田巧,川端猛夫
第12回次世代を担う有機化学シンポジウム   2014年5月23日   日本薬学会化学系薬学部会
アミノ酸誘導体の不斉記憶型分子間α-アリール化
笠松幸司,吉村智之,川端猛夫
日本薬学会第134年会   2014年3月28日   日本薬学会

Works

 
光学活性異常アミノ酸の合成
2000年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
不斉記憶に基づく不斉誘導
研究期間: 1990年 - 2008年
求核触媒を用いる不斉反応
研究期間: 1995年 - 2008年
RS型オリゴマーの構造と機能
研究期間: 2001年 - 2010年
生理活性物質の合成
研究期間: 1989年 - 2018年

特許

 
特願特願2008-114479 : ヘテロ元素を有する脂環式アミノ酸誘導体およびその製造方法
長瀬産業株式会社,国立大学法人京都大学
特願特願2006-289703 : フェノールフタレイン誘導体および生体内ポリアミン検出用検査薬
国立大学法人京都大学
特願特願2007-077610 : 新規光学活性環状アミノ酸およびその製造方法
三菱化学工業株式会社
特願特願2009-210278 : ヘリセン誘導体、軸性不斉アミノ酸もしくはアミノアルコール誘導体、ペリレン誘導体又はそれらの塩、およびその製造方法
国立大学法人京都大学
特開2009-256273 : アルキルβ-D-(チオ)グルコピラノシド誘導体の位置選択的保護基導入方法
和光純薬工業株式会社,国立大学法人京都大学