冨田 恭彦

J-GLOBALへ         更新日: 15/09/30 17:24
 
アバター
研究者氏名
冨田 恭彦
 
トミダ ヤスヒコ
URL
http://sortes.hs.kyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
大学院人間・環境学研究科 共生人間学専攻
職名
教授
学位
博士(文学)(京都大学), 文学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1981年
京都大学 文学研究科 哲学
 
 
 - 
1975年
京都大学 文学部 哲学
 

委員歴

 
1998年
   
 
関西哲学会  委員
 

論文

 
知覚代表説と分節音─ ロックの言語説の諸問題から
『叡山学院研究紀要』   (2) 87-98   1979年
「対象」の問題─フレーゲの見解をめぐって
冨田恭彦
『哲学論叢』   (7) 33-41   1980年
フッサール研究(1)─学問・学問論・純粋論理学
冨田 恭彦
『叡山学院研究紀要』   (3) 66-75   1980年
ロックの単純観念のある統一的性格
冨田恭彦
『哲学』(日本哲学会編)   (31) 135-143   1981年   [査読有り]
サール哲学のその後──精神哲学による言語哲学の基礎づけ
冨田恭彦
『理想』   (590) 49-65   1982年
単純観念と抽象──ロックの「観念の道」の一問題
冨田恭彦
『京都教育大学紀要』Ser. A   (63) 59-70   1983年
ローティ『哲学と自然の鏡』
冨田恭彦
『現代思想』   14(4) 138-143   1986年
基礎づけか連帯か──アーペルに対するローティ擁護の試み
冨田恭彦
『思想』   (743) 29-44   1986年
直観・語彙・自己形成──西洋の「対話」のローティ思想における一つの帰結
冨田恭彦
『理想』   (643) 35-44   1987年
ロックにおける経験的対象と物自体──「知覚のヴェール説』的ロック解釈に対する批判の試み
冨田恭彦
『思想』   (787) 101-116   1990年
自然種名と二種類の本質──ロックと「新しい指示理論」
冨田恭彦
『人文』(京都大学教養部編)   (36) 1-27   1990年   [査読有り]
整合主義的創造活動としての哲学──分析哲学の将来に寄せて
冨田恭彦
『科学哲学』(日本科学哲学会編)   (23) 1-9   1990年   [招待有り]
反相対主義の一つのかたち──デイヴィドソンの解釈説が示唆するもの
冨田恭彦
『倫理学研究』   (21) 74-84   1991年   [査読有り]
分析性・規約・全体論──最近の資料に見るクワインとカルナップの初期の関係
冨田恭彦
『人文』(京都大学教養部編)   (39) 1-16   1993年   [査読有り]
反表象主義と自己形成
冨田恭彦
『理想』   (651) 48-57   1993年   [招待有り]
根本的翻訳と根本的解釈
冨田恭彦
『現象学年報』(日本現象学会編)   (9) 65-79   1993年   [招待有り]
経験論の再検討──その自然主義的枠組みをめぐって
冨田恭彦
『アルケー』(関西哲学会編)   (2) 137-145   1994年   [招待有り]
千角形と千面体──ロック解釈の練習問題
冨田恭彦
『京都大学総合人間学部紀要』   (1) 1-11   1994年   [査読有り]
超越論哲学と分析哲学──デイヴィドソン的反表象主義と近代観念説の論理
冨田恭彦
『哲学』(日本哲学会編)   (45) 47-59   1995年   [招待有り]
「観念」の論理再考──デカルトにおける形而上学と自然学との間
冨田恭彦
『人間存在論』   (1) 111-121   1995年
心像論的ロック解釈再考──エアーズに答えて
冨田恭彦
『京都大学総合人間学部紀要』   (2) 33-44   [査読有り]
言語論的観念論と近代認識論──ローティ・クワイン・エアーズ・ウィルソン・ロック
冨田恭彦
『人間存在論』   (2) 81-90   1996年   [査読有り]
イギリス経験論と現代アメリカ哲学
冨田恭彦
『真宗総合研究所研究紀要』   (14) 57-68   1997年   [招待有り]
ロックの「観念」の論理空間・再考
冨田恭彦
『思想』   (910) 63-84   2000年
心像論的ロック解釈の再検討
冨田恭彦
『思想』   (920) 78-98   2001年
バークリの観念説の矛盾
冨田恭彦
『アルケー』(関西哲学会編)   (9) 15-25   2001年   [招待有り]
バークリ再考──ロックとの比較
冨田恭彦
『思想』   (929) 99-116   2001年
バークリ再考(II)──物質否定論の諸前提
冨田恭彦
『思想』   (936) 41-63   2002年
クワイン先生を回顧して──遅ればせの追悼文
冨田恭彦
『理戦』   (75) 66-83   2003年   [招待有り]
反本質主義・偶然性・社会正義──ローティの社会哲学再考
冨田恭彦
『同志社大学ヒューマン・セキュリティ研究センター年報』第3 号, 85-99 頁   (3) 85-99   2006年   [招待有り]
「わたし」論・試論──ブーバー的視点の、発達心理学からの展開
木村由佳、冨田恭彦
『ヒューマンセキュリティ・サイエンス』   (6) 27-43   2011年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Locke, Berkeley, Kant: From a Naturalistic Point of View
Yasuhiko TOMIDA
Hildesheim, Zürich and New York: Georg Olms   2012年   
The Philosophy of Richard Rorty
Yasuhiko TOMIDA (担当:分担執筆, 範囲:Davidson-Rorty Antirepresentationalism and the Logic of the Modern Theory of Ideas (293–309))
Chicago and La Salle: Open Court   2010年   
The Continuum Companion to Locke
Yasuhiko TOMIDA (担当:分担執筆, 範囲:Number and Infinity (191–193))
Lodon and New York: Continuum   2010年   
Locke and Kant: A Report of the JSPS Scientific Research 2005–2008
Yasuhiko TOMIDA (担当:編者)
2009年   
Studies on Locke: Sources, Contemporaries, and Legacy
Yasuhiko TOMIDA (担当:分担執筆, 範囲:Locke's "Things Themselves" and Kant's "Things in Themselves": The Naturalistic Basis of Transcendental Idealism (261–275))
Dordrecht: Springer   2008年   
Quine, Rorty, Locke: Essays and Discussions on Naturalism
Yasuhiko TOMIDA
Hildesheim, Zürich and New York: Georg Olms   2007年   
The Lost Paradigm of the Theory of Ideas: Essays and Discussions with John W. Yolton
Yasuhiko TOMIDA
Hildesheim, Zürich and New York: Georg Olms   2007年   
Injuries into Locke's Theory of Ideas
Yasuhiko TOMIDA
Hildesheim, Zürich and New York: Georg Olms   2001年   
Descartes' Natural Philosophy
Yasuhiko TOMIDA (担当:分担執筆, 範囲:Descartes, Locke, and 'Direct Realism' (569–575))
London: Routledge   2000年   
Interkulturelle Philosophie und Phänomenologie in Japan
Yasuhiko TOMIDA (担当:分担執筆, 範囲:Yolton on Cartesian Images (105–111))
München: Iudicium   1998年   
Ethos des Interkulturellen
Yasuhiko TOMIDA (担当:分担執筆, 範囲:Anti-Relativismus und menschliche Kreativität bei Donald Davidson (20–39))
Würzburg: Ergon Verlag   1998年   
Idea and Thing: The Deep Structure of Locke's Theory of Knowledge
Yasuhiko TOMIDA
Dordrecht: Kluwer   1995年   
『新岩波講座哲学』第6巻
冨田 恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:因果律と目的論(130–151))
岩波書店   1986年   
『知の理論の現在』
冨田恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:言語──概念図式の問題をめぐって(81–94))
世界思想社   1987年   
『哲学とはなにか──その歴史と可能性』
冨田恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:分析哲学(161–172))
勁草書房   1988年   
『ロック哲学の隠された論理』
冨田恭彦
勁草書房刊   1991年   
『岩波講座 現代思想』第4巻
冨田恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:言語行為論とプラグマティクス(183–208))
岩波講座 現代思想,4,183-208   1993年   
『クワインと現代アメリカ哲学』
冨田恭彦
世界思想社   1994年   
『カント─現代思想としての批判哲学』
冨田恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:ローティとカント)
情況出版   1994年   
『西洋哲学史〔近代編〕』
冨田 恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:ロック(1–11))
ミネルヴァ書房   1995年   
『哲学論文集──久野昭教授還暦記念』
冨田恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:観念形成における自由と創造性──ロックの観念説再解釈に向けての一つの試み(47–68))
以文社   1995年   
アメリカ言語哲学の視点
冨田恭彦
世界思想社   1996年   
『科学哲学者柏木達彦の多忙な夏──科学ってホントはすっごくソフトなんだ、の巻』
冨田恭彦
ナカニシヤ出版   1997年   
『科学哲学者柏木達彦の冬学期──原子論と認識論と言語論的転回の不思議な関係、の巻』
冨田恭彦
ナカニシヤ出版   1997年   
『形象と言語』
冨田恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:言語論的転回再考──祭りのあとで(18–52))
世界思想社   1997年   
『岩波 新・哲学講義』第3巻
冨田恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:言語論的転回)
岩波書店   1998年   
『科学哲学者柏木達彦の秋物語──事実・対象・言葉をめぐる四つの話、の巻』
冨田恭彦
ナカニシヤ出版   1998年   
『哲学の最前線──ハーバードより愛をこめて』
冨田恭彦
講談社現代新書 講談社   1998年   
『科学哲学者柏木達彦の春麗ら──心の哲学、そして、生きるということ、の巻』
冨田恭彦
ナカニシヤ出版   2000年   
『科学哲学者柏木達彦の番外編──翔と詩織、あるいは、自然主義と基礎づけ主義をめぐって、の巻』
冨田恭彦
ナカニシヤ出版   2002年   
『観念論ってなに? ──オックスフォードより愛をこめて』 
冨田恭彦
講談社現代新書 講談社   2004年   
『対話・心の哲学──京都より愛をこめて』
冨田恭彦
講談社現代新書 講談社   2005年   
『観念説の謎解き──ロックとバークリをめぐる誤読の論理』
冨田恭彦
世界思想社   2005年   
『アメリカ言語哲学入門』
冨田恭彦
ちくま学芸文庫 筑摩書房   2007年   
『科学と人文系文化のクロスロード』
冨田恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:全体論・語彙・創造性──科学/そのしなやかなるがゆえに強靱な(43–67))
萌書房   2008年   
『岩波講座哲学第14巻 哲学史の哲学』
冨田恭彦 (担当:分担執筆, 範囲:認識論史の終焉(171–195))
岩波書店   2009年   
『科学哲学者柏木達彦の多忙な夏──科学がわかる哲学入門 』
冨田恭彦
角川ソ フィア文庫 角川学芸出版   2009年   
『科学哲学者柏木達彦のプラトン講義 』
冨田恭彦
角川ソフィア文庫 角川学芸出版   2009年   
科学哲学者柏木達彦の哲学革命講義
冨田恭彦
角川ソフィア文庫 角川学芸出版   2010年   
観念論の教室
冨田恭彦
ちくま新書 筑摩書房   2015年   

競争的資金等の研究課題

 
西洋精神史に関する研究