片岡 勲

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
片岡 勲
 
カタオカ イサオ
所属
大阪大学
部署
大学院工学研究科 機械工学専攻
職名
教授
学位
工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1975年
 - 
1992年
 京都大学原子エネルギー研究所・助手
 
1992年
 - 
1994年
 京都大学原子エネルギー研究所・講師
 
1994年
 - 
1997年
 京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻・助教授
 
1997年
   
 
- 大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻・教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年
京都大学 工学研究科 原子核工学専攻
 
 
 - 
1973年
京都大学 工学部 原子核工学科
 

委員歴

 
1996年
 - 
1999年
日本原子力学会  企画委員
 
1995年
 - 
1996年
日本機械学会  動力エネルギーシステム部門企画第2委員会委員長,熱工学部門幹事
 
1995年
 - 
1996年
日本混相流学会  企画委員長,理事
 
1992年
 - 
1996年
日本伝熱学会  評議員
 
1994年
 - 
1996年
日本ウォータージェット学会  編集委員
 

受賞

 
2002年
日本機械学会熱工学部門 貢献表彰
 
2010年
日本原子力学会熱流動部会業績賞
 

Misc

 
片岡 勲
粉体工学会誌   29(8) 610-617   1992年
気液二相流のモデリングと基礎方程式
混相流   4(4)    1990年
気液二相流の乱流の基礎式と相関輸送頃のモデリング
11,221-236/,    1992年
高性能ヒートポンプへの応用に関連した細管内の気液二相自然循環の特性
FED-145,163-168/,    1992年
気泡流における気泡拡散係数と乱流拡散係数
FED-110,59-66/,    1991年

書籍等出版物

 
気液二相流技術ハンドブック
コロナ社   1989年   
混相流用語事典
コロナ社   1996年   
機能性流体・知能流体
コロナ社   2000年   
数値解析入門
コロナ社   2002年   

Works

 
逆熱対流混相流体を用いた省エネルギー型環境改質装置の開発
2000年
オイラーラグランジュモデルを用いた分散性気波二相流数値解析に関する研究
1999年 - 2002年
IVR-AMに関連した圧力容器外面冷却の伝熱流動特性の研究
2000年 - 2002年
高性能蒸気インジェクタによる革新的簡素化原子力プラントの技術開発
2002年

競争的資金等の研究課題

 
気液二相流の乱流現象の研究
共同研究
気液二相流の熱流動現象の数値シミュレーション
共同研究
熱機能性混相流体の研究
共同研究

特許

 
熱機能性混相流体
3363922