大崎 純

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/01 09:35
 
アバター
研究者氏名
大崎 純
 
オオサキ マコト
URL
http://www.se-lab.archi.kyoto-u.ac.jp/ohsaki/index.html
所属
京都大学
部署
大学院工学研究科 建築学専攻
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学), 工学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
京都大学 教授
 
2010年4月
 - 
2015年3月
広島大学 教授
 
1996年4月
 - 
2010年3月
京都大学 助教授,准教授
 
1985年4月
 - 
1996年3月
京都大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1985年
京都大学 工学研究科 建築学専攻
 
 
 - 
1983年
京都大学 工学部 建築学科
 

受賞

 
2015年5月
Best Paper Award, APCS2015
 
2014年7月
日本計算力学連合フェロー賞
 
2008年5月
日本建築学会賞(論文部門)
 
1994年
前田工学賞
 
1996年
日本建築学会奨励賞
 

論文

 
Makoto Ohsaki, Kazuki Hayashi
Structural and Multidisciplinary Optimization   1-12   2017年5月
© 2017 Springer-Verlag Berlin HeidelbergA new method of simultaneous optimization of geometry and topology is presented for plane and spatial trusses. Compliance under single loading condition is minimized for specified structural volume. The diff...
藤田 慎之輔, 大崎 純, 關 和也
日本建築学会構造系論文集   81(730) 2091-2099   2016年12月
Makoto Ohsaki, Seita Tsuda, Toma Hasegawa
Engineering Structures   126 667-674   2016年11月
© 2016 Elsevier LtdAn optimization approach is presented for design of a tetrahedral tuned mass damper called TD-TMD for three-directional seismic response reduction of structures. The mass damper consists of a viscous damper and a mass connected ...
Makoto Ohsaki, Seita Tsuda, Yuji Miyazu
International Journal of Solids and Structures   88-89 68-78   2016年6月
© 2016 Elsevier Ltd. All rights reserved.A method is presented for generating linkage mechanisms consisting of frame members. A quadratic programming problem is solved to obtain an infinitesimal mechanism allowing a hinge rotating about an axis in...
Yuji Miyazu, Makoto Ohsaki, Seita Tsuda
Science China Technological Sciences   59(6) 852-861   2016年6月   [査読有り]
© 2016, Science China Press and Springer-Verlag Berlin Heidelberg.A flexible supporting structure that reduces seismic response of an arch is proposed. Topology and cross-sectional areas of the supporting structure modeled as a truss structure are...
山川誠, 大崎純
構造工学論文集 B   62 381-386   2016年3月
Jingyao Zhang, Makoto Ohsaki
Journal of Structural and Construction Engineering   81 71-77   2016年1月
For the form-finding of complex tensegrity structures, such as tensegrity arches as well as tensegrity towers that are considered in this study, we make use of Dynamic Relaxation Method (DRM) to find their configurations at the self-equilibrium st...
高木 次郎, 大崎 純, 石川 栞
日本建築学会構造系論文集   81(728) 1743-1751   2016年10月
 There are two major types of lateral frame systems in steel buildings, which are space frame system (SFS) and perimeter frame system (PFS). Moment connections are used in most of beam-to-column connections in SFS, while they are limitedly us...
崔 京 蘭, 周 广 春, 大崎 純
日本建築学会構造系論文集   81(728) 1761-1769   2016年10月
 Owing to recent progress of computational methods and manufacturing technology, free-form shells are widely used for designing complex shapes of long-span roof structures. However, in most of studies on design and optimization of free-form s...
福島 功太郎, 大崎 純, 見上 知広, 宮津 裕次
日本建築学会構造系論文集   81(728) 1657-1664   2016年10月
 Seismic performance of an existing building frame can be improved using various devices such as shear walls, shear dampers, buckling restrained brace, base isolator, etc. If we construct shear walls using latticed blocks, we can have much ve...
Makoto Ohsaki, Seita Tsuda, Yuji Miyazu
International Journal of Solids and Structures      2015年12月
© 2016.A method is presented for generating linkage mechanisms consisting of frame members. A quadratic programming problem is solved to obtain an infinitesimal mechanism allowing a hinge rotating about an axis in arbitrarily inclined direction. T...
高木次郎, 大崎純
日本建築学会構造系論文集   (715) 1469-1478   2015年9月
見上知広, 見上知広, 大崎純, 大崎純, 福島功太郎
日本建築学会構造系論文集   (715) 1427-1434   2015年9月
M. Ohsaki, J. Y. Zhang
International Journal of Solids and Structures      2015年3月
© 2015 Elsevier Ltd.An optimization approach is presented for form-finding of tensegrity structures. It is shown that various equilibrium shapes can be easily found by solving a forced-deformation analysis problem formulated as a minimization prob...
Tomohiro Mikami, Tomohiro Mikami, Makoto Ohsaki, Makoto Ohsaki, Kotaro Fukushima
Journal of Structural and Construction Engineering   80 1427-1434   2015年1月
FRP blocks are effectively used for reduction of cost and period of time for seismic retrofit of building frames, because they can be manufactured in plants and attached to the existing frame easily. However, in the current process of retrofit, th...
Jiro Takagi, Makoto Ohsaki
Journal of Structural and Construction Engineering   80 1469-1478   2015年1月
Structural characteristics of standard steel office buildings are investigated. Buildings are designed in two types of lateral resisting systems, which are space frame system (SFS) and perimeter frame system (PFS). Moment resisting connections are...
Tomoshi Miyamura, Takuzo Yamashita, Hiroshi Akiba, Makoto Ohsaki
Earthquake Engineering and Structural Dynamics   44 1449-1469   2015年1月
© 2014 John Wiley & Sons, Ltd.Dynamic finite element analyses of a four-story steel building frame modeled as a fine mesh of solid elements are performed using E-Simulator, which is a parallel finite element analysis software package for precisely...
Makoto Ohsaki, Tomoshi Miyamura, Tomoshi Miyamura, Masayuki Kohiyama, Takuzo Yamashita, Masashi Yamamoto, Naohiro Nakamura
Earthquake Engineering and Structural Dynamics   44(11) 1881-1898   2015年1月   [査読有り]
© 2015 John Wiley & Sons, Ltd.Finite element analysis is carried out for a building frame supported by laminated rubber bearings to simultaneously investigate global displacement and local stress responses under seismic excitation. The frame membe...
鋼材パネルダンパーの開口部形状最適化
宮津裕次,大崎 純, 野添順規
構造工学論文集   61(B) 489-494   2015年   [査読有り]
M. Yamakawa, M. Nihei, M. Tatibana, K. Hukazawa, M. Ohsaki, T. Nakamura and H. Yamanouchi
J. Mechanical Science and Technology, KSME   29(4) 1465-1472   2015年4月   [査読有り]
Detailed finite element analysis of full-scale four-story steel frame structure subjected to consecutive ground motions
H. Tagawa, T. Miyamura, T. Yamashita, M. Kohiyama and M. Ohsaki
Int. J. High-Rise Buildings   4(1) 65-73   2015年   [査読有り]
山下拓三, 大崎純, 小檜山雅之, 宮村倫司, ZHANG Jingyao, 田川浩之
日本建築学会構造系論文集   (704) 1481-1490   2014年10月
Makoto Ohsaki, Osamu Iwatsuki, Hidekazu Watanabe, Hidekazu Watanabe
Engineering Structures   74 170-179   2014年9月
A reverse rocking response is investigated for a steel frame that has flexible base. The mechanism of response reduction is first investigated using a simple flexible base model consisting of truss elements. It is demonstrated that the roof displa...
Takuzo Yamashita, Makoto Ohsaki, Masayuki Kohiyama, Tomoshi Miyamura, Tomoshi Miyamura, Jingyao Zhang, Hiroyuki Tagawa
Journal of Structural and Construction Engineering   79 1481-1490   2014年1月
Modeling and numerical simulation techniques for performing a detailed finite element analysis of a composite beam are presented. The finite element analysis is performed using E-Simulator, which is under development at the Hyogo Earthquake Engine...
Rie Kohta, Makoto Yamakawa, Naoki Katoh, Yoshikazu Araki, Makoto Ohsaki
Journal of Structural and Construction Engineering   79 583-592   2014年1月
The Truss Topology Design (TTD) problem deals with the selection of optimal configuration for pin-jointed trusses, in particular, optimization of the connectivity of the nodes by the members, in which volume and/or compliance are minimized. In gen...
Makoto Ohsaki, Yoshihiro Kanno, Seita Tsuda
Structural and Multidisciplinary Optimization   50(6) 945-956   2014年1月   [査読有り]
© 2014, Springer-Verlag Berlin Heidelberg. A simple systematic approach is presented for designing a spatial link mechanism with partially rigid joints. A linear programming (LP) problem to find an infinitesimal mechanism that maximizes the output...
数値震動台を用いたALCパネルの角部接触の有限要素解析
小檜山雅之, 大崎 純, 宮村倫司, 山下拓三
構造工学論文集   60(B) 463-470   2014年   [査読有り]
組合せ剛性理論に基づく冗長性を付与したトラス構造物の最適設計法
古田理恵, 山川 誠, 加藤直樹, 荒木慶一, 大崎 純
日本建築学会構造系論文集   79(689) 583-592   2014年   [査読有り]
Junki Nozoe, Makoto Ohsaki, Hidekazu Watanabe
Journal of Structural and Construction Engineering   78 1247-1252   2013年7月
An optimization approach is presented for improving energy dissipation capacity of a shear-type steel damper consisting of a low-yield-point steel panel which is subjected to cyclic deformation. A general purpose finite element software package is...
Seita Tsuda, Makoto Ohsaki, Shohei Kikugawa, Yoshihiro Kanno
Journal of Structural and Construction Engineering   78 791-798   2013年4月
A method is presented for stability analysis and finding mechanisms of frames with partially rigid connections. Equilibrium equations are formulated with respect to the reduced vector of member-end forces, for which linear constraints are assigned...
Shinnosuke Fujita, Makoto Ohsaki
Journal of Structural and Construction Engineering   78 495-502   2013年3月
A method is presented for shape optimization of latticed shells defined by parametric surfaces. The latticed shells with rectangular and triangular grids are optimized for maximum stiffness (minimum strain energy) and constructability (uniform mem...
Makoto Yamakawa, Makoto Ohsaki, Eisuke Mitsuda
Journal of Structural and Construction Engineering   78 91-99   2013年1月
Design problems with transient dynamic elasto-plastic analysis exhibit noisy and nonsmooth responses with respect to their design parameters. This leads to situations in which some derivatives may be inaccurate and/or computationally expensive to ...
有限要素解析と発見的手法によるせん断型鋼板 ダンパーの最適化
野添順規,大崎 純,渡邊 秀和
日本建築学会構造系論文集   78(689) 1247-1252   2013年   [査読有り]
鋼構造骨組の実大実験結果を用いた解析パラメータの同定と地震応答のばらつきの評価
大崎 純, 桂 正彦, 渡邊秀和, 引野 剛
構造工学論文集   59(B) 201-209   2013年   [査読有り]
M. Ohsaki, S. Tsuda, H. Watanabe
Engineering Structures   56 910-918   2013年11月
An optimization approach is presented for a retractable structure consisting of bistable compliant mechanism. The structure is modeled using truss and beam elements, and snapthrough behavior is utilized to generate large deformation under small in...
M. Ohsaki, J. Y. Zhang
Journal of the International Association for Shell and Spatial Structures   54 27-37   2013年3月
A new approach is presented for evaluating seismic responses of arch-type long-span structures. The responses are estimated using a series of pushover analyses utilizing multiple load patterns as linear combinations of dominant modes. The represen...
部分剛節骨組の安定性評価とメカニズムの解析
津田勢太, 大崎 純, 菊川翔平, 寒野善博
日本建築学会構造系論文集   78(686) 7912-798   2013年   [査読有り]
パラメトリック曲面で定義されたラチスシェルの部材長一様化と剛性最大化を目的とした形状最適化
藤田慎之輔,大崎 純
日本建築学会構造系論文集   78(685) 495-502   2013年   [査読有り]
弾塑性時刻歴応答を考慮した鋼構造建物の設計問題のための部分感度情報を用いた最適設計
山川 誠,大崎 純,満田衛資
日本建築学会構造系論文集   78(683) 91-99   2013年   [査読有り]
J. Y. Zhang, M. Ohsaki
Journal of the Mechanics and Physics of Solids   60 1757-1770   2012年10月
This paper presents analytical conditions of self-equilibrium and super-stability for the regular truncated tetrahedral tensegrity structures, nodes of which have one-to-one correspondence to the tetrahedral group. These conditions are presented i...
M. Ohsaki, T. Nakajima
Journal of Constructional Steel Research   75 38-44   2012年8月
An optimization method is presented for design of an eccentrically braced frame (EBF), which is used as a passive control device for seismic design of building frames. The link member between the connections of beams and braces of EBF is reinforce...
Makoto Ohsaki, Masahiko Katsura
Structural and Multidisciplinary Optimization   46 27-39   2012年7月
A random sampling approach is presented for worst-case design of structures. Uncertainties are considered in structural and material parameters, which are assumed to exist in intervals with prescribed upper and lower bounds. Constraints are given ...
Makoto Ohsaki, Jingyao Zhang, Isaac Elishakoff
Journal of Applied Mechanics, Transactions ASME   79    2012年4月
Properties of Pareto optimal solutions considering bounded uncertainty are first investigated using an illustrative example of a simple truss. It is shown that the nominal values of the Pareto optimal solutions considering uncertainty are slightly...
Seita Tsuda, Makoto Ohsaki
Journal of Structural and Construction Engineering   77 379-387   2012年3月
A new type of mass damper is presented for passive seismic response control of spatial structures subjected to bi-directional ground motions. The mass damper consists of a three-degree-of-freedom compliant mechanism with a mass, three springs and ...
空間構造物の2方向応答制御のためのコンプライアントメカニズムで構成されたマスダンパーのパラメータ最適化
津田勢太,大崎 純
日本建築学会構造系論文集   77(673) 379-387   2012年   [査読有り]
J. Y. Zhang, M. Ohsaki
Computers and Structures   89 2361-2368   2011年12月
This study deals with the problem of identifying the member forces in a prestressed pin-jointed structure. For the purpose of evaluation of the identification accuracy, we first present the formulation of identification error, where measurement er...
M. Ohsaki, T. Nakajima, J. Fujiwara, F. Takeda
Engineering Structures   33 3620-3627   2011年12月
A method is presented for configuration optimization of frames that have specified properties on nodal displacements, stresses, and reaction forces against static loads. The conventional ground structure approach is first used for topology optimiz...
Ryo Watada, Ryo Watada, Makoto Ohsaki, Makoto Ohsaki, Yoshihiro Kanno
Structural and Multidisciplinary Optimization   43 459-471   2011年4月
Uniqueness and symmetry of solution are investigated for topology optimization of a symmetric continuum structure subjected to symmetrically distributed loads. The structure is discretized into finite elements, and the compliance is minimized unde...
Yoshihiro Kanno, Makoto Ohsaki
Computer Methods in Applied Mechanics and Engineering   200 1176-1185   2011年2月
This paper presents a non-interior point method for solving frictionless contact problems in large deformations, where we solve the problems in an incremental path-following method from warm start. We propose a novel reformulation of the nonlinear...
Large-scale FE analysis of steel building frames using E-Simulator
T. Miyamura, M. Ohsaki, M. Kohiyama, D. Isobe, K. Onda, H. akiba, M. Hori, K. Kajiwara and T. Ine
Progress in Nuclear Science and Technology   2 651-656   2011年   [査読有り]

Misc

 
藤田 直人, 大崎 純, 小嶋 淳, 宮津 裕次
日本建築学会中国支部研究報告集   38 105-108   2015年3月
藤田慎之輔, 大崎純
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.20355   2015年7月
宮津裕次, 伊藤彰保, 曽田五月也, 大崎純, 大崎純
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.21358   2015年7月
岩月 脩, 大崎 純, 津田 勢太, 宮津 裕次
日本建築学会中国支部研究報告集   38 101-104   2015年3月
中原 嘉之, 津田 勢太, 大崎 純
日本デザイン学会研究発表大会概要集   62(0)    2015年
曲がることのない剛な紙と折れ線で構成される折紙は剛体折紙と呼ばれる。十分に剛な板同士を蝶番で接合すれば,設置が容易な展開構造を作ることができる。構造材と仕上げ材を一体とできるため,組み立ての煩雑さが減少するというメリットがあるが,空間を覆うためには剛板の重量が増すため,運搬時・設置時には一体化がデメリットになってしまうと考えられる。本研究では,剛体折紙の折り畳み機構を応用した部分剛接合骨組による展開構造を創出することを目的とする。最初に,吉村パターンとよばれる剛体折紙の展開挙動を模擬した部...
大崎 純
Traverse : Kyoto University architectural journal   15 79-83   2014年10月

書籍等出版物

 
大崎 純, 本間 俊雄
コロナ社   2013年   ISBN:9784339052367
坪井 善昭, 川口 衛, 佐々木 睦朗, 大崎 純, 植木 隆司, 竹内 徹, 河端 昌也, 川口 健一, 金箱 温春
建築技術   2012年   ISBN:9784767701318
三井 和男, 大崎 純, 大森 博司, 田川 浩, 本間 俊雄
コロナ社   2004年   ISBN:4339057045
Makoto Ohsaki
CRC Press   2011年   ISBN:9781439820032
Elishakoff Isaac, Makoto Ohsaki
Imperial College Press   2010年   ISBN:9781848164772

講演・口頭発表等

 
山下 拓三, 大崎 純, 宮村 倫司
計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   2016年5月   
田川 浩之, 大崎 純, 山下 拓三, 宮村 倫司, 小檜山 雅之
計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   2016年5月   
津田 勢太, 中原 嘉之, 大崎 純
日本建築学会中国支部研究報告集 日本建築学会中国支部 編   2016年3月5日   
中原 嘉之, 津田 勢太, 大崎 純
日本建築学会中国支部研究報告集 日本建築学会中国支部 編   2016年3月5日   
伊藤彰保, 宮津裕次, 曽田五月也, 大崎純, 大崎純
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2015年7月20日   
山川誠, 大崎純
日本建築学会大会学術講演梗概集・建築デザイン発表梗概集(CD-ROM)   2015年7月20日   
山下 拓三, 宮村 倫司, 大崎 純
計算工学講演会論文集 Proceedings of the Conference on Computational Engineering and Science   2015年6月   
中原 嘉之, 津田 勢太, 大崎 純
日本建築学会中国支部研究報告集   2015年3月7日   
Tomohiro Mikami, Makoto Ohsaki, Kotaro Fukusfflma
IABSE Conference, Nara 2015: Elegance in Structures - Report   2015年1月1日   
A shape optimization approach is presented for latticed blocks that are assembled as a wall used for seismic retrofit of building frames. The existing beams and columns, as well as the members in blocks, are modeled using beam elements. The negati...
長谷川 冬馬, 大崎 純, 津田 勢太
最適化シンポジウム : OPTIS   2014年12月11日   
An optimization approach is presented for design of a tuned mass damper called TD-TMD for three-directional seismic response reduction of structures. The mass damper consists of a viscous damper and a mass connected by flexible springs. By utilizi...
大崎 純
最適化シンポジウム : OPTIS   2014年12月11日   
谷口 悠盛, 大崎 純, 山川 誠
最適化シンポジウム : OPTIS   2014年12月11日   
A stopping rule is presented for multistart local search for optimum design of building frames. The objective function is the total structural volume, and constraints are given for the stresses and interstory drift angles under static loads. The v...
山川 誠, 大崎 純
最適化シンポジウム : OPTIS   2014年12月11日   
In the practical design process, uncertainty in the parameters should be appropriately taken into account. In particular, our interest focuses on design problems with dynamic analysis under uncertainty. One of the authors presented a worst-case de...
大崎純, 宮村倫司, 小檜山雅之, 山下拓三, 山本雅史, 中村尚弘
計算工学講演会論文集(CD-ROM)   2014年6月11日   
谷口 悠盛, 大崎 純, 山川 誠
日本建築学会中国支部研究報告集   2014年3月   
關 和也, 大崎 純, 藤田 慎之輔
日本建築学会中国支部研究報告集   2014年3月   
Masayuki Kohiyama, Makoto Ohsaki, Tomoshi Miyamura, Takuzo Yamashita
11th World Congress on Computational Mechanics, WCCM 2014, 5th European Conference on Computational Mechanics, ECCM 2014 and 6th European Conference on Computational Fluid Dynamics, ECFD 2014   2014年1月1日   
Hidekazu Watanabe, Makoto Ohsaki, Junki Nozoe
Structures Congress 2013: Bridging Your Passion with Your Profession - Proceedings of the 2013 Structures Congress   2013年10月17日   
Optimization results are presented for improving energy dissipation capacity of passive seismic control devices under cyclic deformation. The locations and thicknesses of the stiffeners, as well as the aspect ratio, of a shear-type hysteretic stee...
M. Ohsaki, S. Tsuda, N. Sugiyama
Proceedings of the 13th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, EASEC 2013   2013年1月1日   
A new type of mass damper is proposed for three-directional seismic response control of building structures, as well as long-span structures, subjected to multi-component ground motions. The mass damper consists of a viscous damper and a mass conn...
Makoto Ohsaki, Tomoshi Miyamura, Masayuki Kohiyama, Takuzo Yamashita, Masashi Yamamoto, Naohiro Nakamura
ECCOMAS Thematic Conference - COMPDYN 2013: 4th International Conference on Computational Methods in Structural Dynamics and Earthquake Engineering, Proceedings - An IACM Special Interest Conference   2013年1月1日   
Seismic response analysis is carried out for a base-isolated frame. The RC-frame members as well as the rubber bearings are discretized into hexahedral finite elements. The material properties of rubber are represented by the Ogden model, and the ...
Tomoshi Miyamura, Makoto Ohsaki, Takuzo Yamashita, Daigoro Isobe, Masayuki Kohiyama
ECCOMAS Thematic Conference - COMPDYN 2013: 4th International Conference on Computational Methods in Structural Dynamics and Earthquake Engineering, Proceedings - An IACM Special Interest Conference   2013年1月1日   
Dynamic collapse analyses of a 4-story steel building frame modeled by solid elements are performed using the E-Simulator, which is a parallel finite element analysis software package for civil and building structures. Code verification, calculati...
藤田 直人, 大崎 純, 張 景耀
日本建築学会中国支部研究報告集   2013年   
杉山 暢方, 大崎 純, 津田 勢太
日本建築学会中国支部研究報告集   2013年   
野添 順規, 大崎 純, 渡邊 秀和
日本建築学会中国支部研究報告集   2013年   
岩月 脩, 大崎 純, 渡邊 秀和
日本建築学会中国支部研究報告集   2013年   
蛯原 雅, 大崎 純, 渡邊 秀和
日本建築学会中国支部研究報告集   2012年3月   
渡邊 秀和, 大崎 純
日本建築学会中国支部研究報告集   2012年3月   
T. Yamashita, T. Miyamura, M. Ohsaki, M. Kohiyama, D. Isobe, K. Onda, M. Hori, J. Y. Zhang, H. Akiba, K. Kajiwara
ECCOMAS Thematic Conference - COMPDYN 2011: 3rd International Conference on Computational Methods in Structural Dynamics and Earthquake Engineering: An IACM Special Interest Conference, Programme   2011年10月26日   
The project of E-Simulator is under way at Hyogo Earthquake Engineering Research Center (E-Defense), which belongs to National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention (NIED), Japan. E-Defense facilitates the world's largest sh...
中嶋 拓, 大崎 純
学術講演梗概集. C-1, 構造III, 木質構造, 鉄骨構造, 鉄骨鉄筋コンクリート構造   2011年7月20日   
津田 勢太, 大崎 純
学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2011年7月20日   
桂 正彦, 大崎 純
学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2011年7月20日   
山下 拓三, 大崎 純, 宮村 倫司, 小檜山 雅之, 張 景耀, 堀 宗朗, 秋葉 博, 梶原 浩一
学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2011年7月20日   
宮村 倫司, 磯部 大吾郎, 大崎 純, 小檜山 雅之, 堀 宗朗, 秋葉 博, 山下 拓三, 梶原 浩一
学術講演梗概集. B-1, 構造I, 荷重・信頼性,応用力学・構造解析,基礎構造,シェル・立体構造・膜構造   2011年7月20日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2014年 - 2015年    代表者: 大崎 純
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 大崎 純
1. 天然ゴムの免震支承のソリッド有限要素モデルを作成し,静的繰返し載荷の解析を実行して,既往の実験結果との比較した。その結果,変形に伴う硬化を再現でき,十分な精度を有することを確認した。また,有限要素解析により,免震ゴム内部での鉛直方向応力とせん断応力の不均一性を検討できることを示したさらに,免震支承を骨組に設置して地震応答解析を行い,局所応答と全体応答を同時にシミュレートできることを示した。その結果,圧力変動にともなって,同一の水平変位の下でも,各支承が負担する水平力は均一でないことを...
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 大崎 純
柔軟な構造を用いた免制震システムを最適化によって実現するため,本年度は以下のような成果を得た。1.釣合い経路を指定した柔軟なメカニズムを,精密機器を支持する支承に設置し,上下方向のホワイトノイズや周期外乱の入力に対する応答加速度を低減できることを示した。また,ダンパーを並列に設置することにより,より大きい応答低減効果があることを示した。2.上記1の上下方向免震構造に対して設計応答スペクトルに適合する地震波(告示波)を入力し,時刻歴応答解析動的解析を実行することにより,地震時の応答加速度や相...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 大崎 純
1.建築骨組における梁の1/2の部分を想定した片持ち梁に対して,フランジとウェブをシェル要素で分割して,有限要素解析モデルを作成した。このモデルに対し,固定端での累積塑性ひずみに関する制約を与えて,静的単調載荷及び繰返し載荷の下での塑性吸収エネルギーを最大化するようなフランジ形状を,擬似焼きなまし法を用いて最適化を行った。その結果,最適化によって,エネルギー吸収性能を維持しながら,固定端の累積塑性ひずみを効果的に減少させることが可能であることがわかった。上記の最適形状に対して物理実験モデル...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 大崎 純
スタジアムとして用いられるケーブル補強大スパン骨組構造物では,ケーブルに導入される張力は,静的及び動的外力に対する応答変位や応力に大きく影響するにもかかわらず,経験的試行錯誤によって決定されているのが現状である。一方,完成状態での張力が決定された後,そのような完成状態の施工過程を通じての実現可能性について検討する必要がある。本年度は,昨年度までに開発した完成形状でのケーブル張力・配置最適化手法と,完成形状からの逆施工解析によるケーブルとベントの施工順序最適化手法お拡張し,下記のような成果を...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 大崎 純
1.地震動の空間変動を考慮した応答スペクトル法に基づき,トラスの部材断面変数などの設計変数に関する平均最大応答量の感度係数を求めるための感度解析式を導いた。2.節点座標が固定された構造物に対し,地震時の最大応答ひずみに関する制約の下で総部材体積を最小とする部材断面積を求める最適設計問題を定式化し,アーチ状の平面トラス及び平面骨組の最適設計解を求め,それらの特性を考察した。その結果,地震動の空間変動により,とくに応答の準静的成分の影響によって,ひずみ制約を満たすために必要な部材断面は増大する...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 大崎 純
1. トラスの多目的最適設計問題を形状設計と部材剛性設計の2段階に分解し,応答量と部材体積で定義される性能不満足度を最小化するような設計解を,部材体積に関するパラメータを順次変更してパラメトリックに最適解を求める手法を提案した。2. 膜構造物に対し,設計外力に対するコンプライアンスを最小化するような初期形状と応力を最適化するための2段階手法を提案した。第1段階の最適化問題では,膜面が平面裁断膜から形成されるための可展条件を導入し,目標値からの偏差量を最小化するような最適応力を求める。さらに...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 大さき 純
1.ベジエ曲線を用いてモデル化されたリブのついたシェル構造物に対し,曲面の丸さに関する指標と,境界曲線及びリブの滑らかさに関する計量を定式化した。また,透視平面上に投影したときの曲線の滑らかさを評価する手法を提案した。これらの指標を用い,有限要素法により離散化されたシェル構造物に対し,構造特性に関する要求と滑らかさによる要求のトレードオフを考慮した設計法を提案した。2.曲面状立体トラスに対し,部材長や格子形状の分布の規則性を定量化し,トラスの節点配置の規則性に関する評価関数を定式化した。ま...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 大崎 純
1.有限要素法を用いて離散化された対称構造物において,対称荷重に対応する荷重係数を増加させたときに,不安定対称分岐点型座屈を呈する場合について,逆対称な不整の存在しない完全系の座屈荷重係数が,指定値以上となり,かつ全構造体積を最小化するような最適設計解を求める手法を提案した。2.逆対称不整に関する不整感度係数と,最も不整感度の大きいな不整モード(最敏感不整モード)を求めるための,数値解析に適した近似解法を提案した。また,最敏感不整モードを求める際に用いる必要条件(停留条件)が,十分条件でも...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 大崎 純
(1)繰り返し載荷を受ける弾塑性トラスに対し,応答量の歴然依存性を厳密に考慮し,最大応答ひずみ及び応答変位の部材断面積に関する変化率を求める設計感度解析法を開発した。本手法では部材の降伏及び除荷の生じる載荷経路パラメータ値の変化も厳密に考慮し、精度の良い設計感度係数を求めることができる。(2)本研究代表者らが開発した「最適設計解順序集合生成法」に対し,(1)の設計感度解析法を導入し,繰り返し載荷時の最大応答ひずみをパラメーターとして,最適設計解の集合を生成する手法を開発した。本手法によると...