小野 芳朗

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/22 15:32
 
アバター
研究者氏名
小野 芳朗
 
オノ ヨシロウ
所属
京都工芸繊維大学
部署
大学院工芸科学研究科 建築学部門
職名
教授
学位
博士(工学)(京都大学)
その他の所属
KYOTO Design Lab.

プロフィール

 環境、とくに水環境、水質学が当初の専門で、やがて土壌・廃棄物へ化学物質をキーワードに研究領域を拡げた。同時に、20代からの京大人文科学研究所の都市史研究の領域も深化していき、京都工芸繊維大学に移るとともに、都市史・環境史中心に、この環境の形成のメカニズムを検証する仕事を展開することになった。
 とはいえ、環境のキーワードはつきまとい、琵琶湖疏水を事例とする都市水脈の検証や、公園や緑地、山林の形成と荒廃、景観形成を実証している。フィールドは瀬戸内海、岡山から京都、大阪と上方へ、また朝鮮半島、台湾と東アジアへ伸びている。環境や都市形成の主体は誰か、意図は何か、何が成立し、何が夢と終ったのか。そして、我々の棲む空間はどこへいくのか、考えている。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
京都工芸繊維大学 副学長
 
2014年3月
 - 
現在
京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab. ラボラトリー長
 
1982年4月
 - 
1994年5月
 京都大学工学部 助手
 
1994年6月
 - 
1996年3月
 京都大学工学部 講師
 
1996年4月
 - 
2002年6月
 岡山大学環境理工学部 助教授
 
2002年7月
 - 
2009年9月
 岡山大学大学院環境学研究科 教授
 
2009年10月
 - 
現在
京都工芸繊維大学 工芸科学研究科 教授
 
2012年4月
 - 
現在
京都工芸繊維大学 造形科学系 学系長
 

学歴

 
1994年11月
 - 
現在
京都大学 博士(工学)  
 
 
 - 
1982年
京都大学 工学研究科 衛生工学
 
 
 - 
1980年
京都大学 工学部 衛生工学
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
日本水環境学会  会長
 
2013年6月
 - 
現在
日本水環境学会  副会長
 
2012年
 - 
現在
京都市文化保護局  岡崎の文化的景観策定委員
 
2003年
 - 
現在
日本水環境学会  総務・財務・戦略・編集理事
 
2010年
 - 
2011年
京都市文化保護局  岡崎の文化的景観検討委員
 
2005年
 - 
2011年
日本学術振興会  大学院教育改革支援プログラム審査
 
2010年
 - 
2010年
京都市上下水道局  施設整備国庫補助事業事前評価委員長
 
2009年
 - 
2009年
科学技術振興機構  戦略的創造研究推進技術評価委員
 
2008年
 - 
2009年
京都市上下水道局  高度浄水処理施設第3者評価委員
 
2005年
 - 
2009年
環境科学会  理事
 
2009年
 - 
2009年
新エネルギー・産業技術開発機構  審査委員
 
2003年
 - 
2005年
土木学会  環境工学委員会 委員
 
2004年
 - 
2004年
林野庁  水源地治山委員
 
2003年
 - 
2003年
文部科学省  地球・環境科学技術委員会専門委員
 
2003年
 - 
2003年
文部科学省  安全・安心の社会構築を資する科学技術検討会委員
 
2002年
 - 
2002年
文部科学省  持続型社会構築に資する科学技術検討会委員
 

受賞

 
2008年5月
日本オゾン協会 論文賞
 
2006年12月
日本動物実験代替法学会 論文賞
 
2006年4月
月刊 水 論文賞
 
2001年4月
廃棄物学会論文賞
 
1998年5月
日本オゾン協会論文賞
 
1996年6月
日本水環境学会 論文奨励賞
 
1994年6月
日本下水道協会 論文奨励賞
 

論文

 
京都・南禅寺界隈庭園における琵琶湖疏水の水利用
小野 芳朗
日本建築学会計画系論文集   79(698) 1025-1034   2014年4月   [査読有り]
天皇の風景‐瀬戸内海離島の郷土宣揚策
小野 芳朗
瀬戸内海   (67) 42-47   2014年3月   [招待有り]
帝国の風景序説-城下町岡山における田村剛の風景利用
小野 芳朗
近代日本の歴史都市 思文閣出版   479-514   2013年7月   [査読有り]
京都・鴨川東部における水力利用産業地域の変遷
小野 芳朗
日本建築学会計画系論文集   78(688) 1447-1455   2013年6月   [査読有り]
京都・鴨川東部における水力利用産業地域の変遷-琵琶湖疏水の利用と空間構成の変容
小野 芳朗
日本建築学会計画系論文集   78(688) 1447-1455   2013年6月   [査読有り]

Misc

 
小野 芳朗
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   32(12)    2009年12月
鈴木 和将, 藤井 隆史, 綾野 克紀, 小野 芳朗
廃棄物資源循環学会論文誌 = Journal of the Japan Society of Material Cycles and Waste Management   20(5) 320-331   2009年9月
本研究は,800℃程度の低温で焼却され,有害な重金属類を多量に含む一般廃棄物の焼却飛灰を,セメント系材料を用いて安全かつ適正に処理する方法を提案するものである。溶融化されていない一般廃棄物の焼却飛灰には,多量の金属アルミニウムが含まれており,セメントを用いて固化を行った場合には水素ガスの発生により,固化体は著しい膨張を生じる。本論文は,この水素ガスによる膨張を抑制するとともに,焼却飛灰に含まれる重金属類の溶出を微量に抑える固化技術の検討を行ったものである。本論文で提案する方法を用いれば,固...
小森 喜久夫, 毛利 紫乃, 小野 芳朗
資源環境対策   45(7) 71-75   2009年7月
長森 正尚, 小野 雄策, 河村 清史, 山田 正人, 石垣 智基, 小野 芳朗
廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts   19(4) 244-254   2008年7月
廃棄物埋立地では,発生するガス (埋立ガス) に含まれるメタンや二酸化炭素などの濃度や発生量が埋立廃棄物の安定化の判断材料になっている。しかし,焼却残渣主体の埋立地では層内保有水のpHがアルカリ性に偏る場合があり,酸性ガスである二酸化炭素が吸収され,メタンの割合が大きくなるなど,多量ガス成分だけで安定化の状況を判断することは困難である。本報では,埋立終了した産業廃棄物の管理型最終処分場において,脂肪族炭化水素 (NMHC:C2〜C6) に焦点を当てて埋立ガスの組成を調査した。その結果,酸素...
小野 雄策, 川嵜 幹生, 渡辺 洋一, 山田 正人, 遠藤 和人, 小野 芳朗
廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts   19(3) 197-211   2008年5月
著者らは,最終処分場の中間・底部覆土に水平の浸透性反応層 (Horizontal Permeable Reactive Barrier:HPRB) を設置するために,HPRB資材として火山灰土壌 (関東ローム層土壌) に鉄粉 (産業廃棄物) と熔融スラグを混合したものを開発してきた。本研究では,実規模の大型ライシメーター (直径5m×深さ7m) を用いて,このHPRBの浸出水中の化学物質に対する捕捉浄化効果について検討した。実験は,HPRBを設置した実験区2基と,熔融スラグ (Slag) ...
羅 明振, 小野 雄策, 小野 芳朗
岡山大学環境理工学部研究報告   13(1) 35-42   2008年3月
小森 喜久夫, 名田 順, 宮島 翔太郎, 小野 芳朗, 立間 徹, 酒井 康行
藥學雜誌   128(1) 29-35   2008年1月
Conventional in vitro cytotoxicity tests usually do not include toxicokinetic processes that affect final toxicity in the entire body. To overcome this limitation, we have been developing several types of new toxicity test systems and applying the...
井藤賀 操, 小松 由佳梨, 小野 芳朗, 榊原 均
蘚苔類研究   9(7) 215-222   2007年12月
田野崎 隆雄, 三浦 啓一, 貫上 佳則, 鈴木 和将, 小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   20(6) 523-537   2007年11月
小瀬 知洋, 姉川 彩, 毛利 紫乃, 小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   20(6) 511-521   2007年11月
西川 嵩紘, 岡村 秀雄, 磯貝 恭史, 小野 雄策, 倉田 泰人, 渡辺 洋一, 毛利 紫乃, 小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   20(6) 493-501   2007年11月
長森 正尚, 小野 雄策, 河村 清史, 山田 正人, 小野 芳朗
廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts   18(5) 325-334   2007年9月
埼玉県内の22箇所の一般廃棄物最終処分場において, 2000年および2005年に化学物質等46項目を対象に浸出水質を調査したところ, 放流水の共同命令基準値を超過した項目はpH, Cd, Pb, BODおよびFeの5項目であった。46項目の相関をみたところ, BOD, COD, TOCおよび揮発性有機酸 (VFA) の有機性項目間, EC, Na, K, CaおよびCl-の無機性項目間で相関が強かった。また, これら9項目の主成分分析により, 第1主成分 (汚濁総量) と第2主成分 (有機...
小森 喜久夫, 村井 賢司, 藤井 隆夫, 小野 芳朗, 酒井 康行
生産研究   59(2) 1-4   2007年3月
 細胞や細菌などを用いたバイオアッセイは,生物への影響を毒性という視点で包括的に評価可能であるため,新たな環境評価手法や動物実験代替法として注目されているが,そのほとんどは水系の試料への適用である.本解説では,各種事業所や廃棄物処分場から環境中に排出されるガス状物質の毒性評価のためのバイオアッセイ手法の開発について述べる.また,実際に我々の生活環境にあるガス状試料の毒性評価も行ったので,併せて紹介する.
氏原岳人, 谷口守, 小野 芳朗
環境システム研究論文集   35 207-217   2007年
村井 賢司, 小森 喜久夫, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   17(0) 1133-1135   2006年11月
岸本 直之, 阿部 誠, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   17(0) 883-885   2006年11月
倉田 泰人, 小野 雄策, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   17(0) 871-873   2006年11月
井藤賀 操, 鈴木 智子, 小松 由佳梨, 山口 勇, 白石 友紀, 小野 芳朗, 榊原 均
蘚苔類研究   9(3) 78-83   2006年10月
小瀬 知洋, 山本 高士, 姉川 彩, 毛利 紫乃, 小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   19(5) 461-469   2006年9月
GUPTA Lallan Prasad, 川幡 穂高, 竹内 美緒, 太田 秀和, 小野 芳朗
Resource geology   55(4) 357-372   2005年12月
山田 亜矢, 加藤 敏朗, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 1234-1236   2005年10月
田野崎 隆雄, 三浦 啓一, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 1225-1227   2005年10月
小野 雄策, 倉田 泰人, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 1127-1129   2005年10月
山田 正人, 井上 雄三, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 1075-1077   2005年10月
藤本 洋, 毛利 紫乃, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 1069-1071   2005年10月
長谷 隆仁, 小野 雄策, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 1066-1068   2005年10月
遠藤 和人, 小野 雄策, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 1055-1057   2005年10月
川嵜 幹生, 小野 雄策, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 1040-1042   2005年10月
渡辺 洋一, 小野 雄策, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 1031-1033   2005年10月
長森 正尚, 小野 雄策, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 1001-1003   2005年10月
倉田 泰人, 小野 雄策, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   16(0) 905-907   2005年10月
炭谷 晃平, 柏田 祥策, 窪田 孝宏, 尾崎 夏栄, 小野 芳朗
廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts   16(4) 295-308   2005年7月
足立 伸一, 山本 康次, 織田 肇, 小野 芳朗, 鈴木 定彦
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   28(7) 451-456   2005年7月
Several in vitro assays have been developed to assess the activity of estrogenic substances. Recently, a yeast two-hybrid screen or a MCF-7 (human breast cancer cell) screen has been adopted mainly for screening chemicals and environmental estroge...
足立 伸一, 山本 康次, 小野 芳朗
環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING   34(6) 449-455   2005年6月
足立 伸一, 山本 康次, 小野 芳朗
環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING   34(5) 374-382   2005年5月
新宮 良宣, 工藤 知子, 大里 修一, 小野 芳朗, 濱本 宏, 山口 勇
講演要旨集   30(0)    2005年3月
庄司 良, 古儀 さやか, 小野 芳朗
東京工業高等専門学校研究報告書   36(2) 55-61   2005年1月
小野 芳朗, 山田 亜矢
防菌防黴 = Journal of antibacterial and antifungal agents   32(12) 601-607   2004年12月
尾崎 夏栄, 柏田 祥策, 山田 亜矢, 小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   17(6) 461-468   2004年11月
炭谷 晃平, 柏田 祥策, 尾崎 夏栄, 山田 正人, 毛利 紫乃, 安増 茂樹, 井内 一郎, 小野 芳朗
廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts   15(6) 472-479   2004年11月
山田 亜矢, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   15(0) 1458-1460   2004年11月
矢吹 徹, 山田 亜矢, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   15(0) 1415-1417   2004年11月
尾崎 夏栄, 小野 芳朗, 柏田 祥策
廃棄物学会研究発表会講演論文集   15(0) 1298-1300   2004年11月
炭谷 晃平, 柏田 祥策, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   15(0) 1295-1297   2004年11月
松原 ひろみ, 山田 正人, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   15(0) 53-55   2004年11月
古儀 さやか, 庄司 良, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   15(0) 1443-1445   2004年11月
小野 芳朗
農業土木学会誌 = Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   72(5) 363-367   2004年5月
田中 勝, 小野 芳朗
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   27(4) 244-245   2004年4月
大瀧 友里奈, 小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   17(2)    2004年3月
友實 武則, 河原 長美, 小野 芳朗, 三垣 千秋
下水道協会誌. 論文集 = Journal of Japan Sewage Works Association. Research journal   41(496) 102-113   2004年2月
安井 至, 浅野 直人, 上野 潔, 小野 芳朗, 外岡 豊, 藤倉 良
環境科学会誌 = Environmental science   17(1) 76-82   2004年1月
岡田 光正, 小倉 紀雄, 小野 芳朗, 古武家 善成, 宮 晶子, 浅野 直人
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   27(1) 1-8   2004年1月
関口 幹周, 小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   16(6) 485-495   2003年11月
尾崎 夏栄, 柏田 祥策, 毛利 紫乃, 山田 正人, 鑪迫 典久, 安原 昭夫, 小野 芳朗
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   26(11) 751-756   2003年11月
The ecotoxic effects of leachate from waste disposal landfill sites were studied using Japanese medaka (Oryzias latipes) based on acute lethal toxicity, and the inductions of CYP1A and vitellogenin (Vtg). The leachate exhibited highly lethal toxic...
炭谷 晃平, 小野 芳朗, 柏田 祥策
廃棄物学会研究発表会講演論文集   14(0) 1114-1116   2003年10月
山田 亜矢, 小野 芳朗, 並木 健二
廃棄物学会研究発表会講演論文集   14(0) 1259-1261   2003年10月
尾崎 夏栄, 小野 芳朗, 柏田 祥策
廃棄物学会研究発表会講演論文集   14(0) 1131-1133   2003年10月
尾崎 夏栄, 柏田 祥策, 鑪迫 典久, 小野 芳朗
廃棄物学会論文誌   14(5) 278-287   2003年9月
友實 武則, 松原 ひろみ, 小野 芳朗, 河原 長美
下水道協会誌. 論文集 = Journal of Japan Sewage Works Association. Research journal   40(491) 130-138   2003年9月
小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   16(2) 143-144   2003年3月
Polycyclic Aromatic Hydrocarbon Concentration and 7-ethoxyresorufin 0-deethylase activity in environment
Environmental Science   12(1), 37-50    2003年
Evaluation of Bioavailavilty of Heavy Metals in suil by in vitro screening assay
Chemistry Letters   32(5), 472-473    2003年
Antifouling Herbicides in the coastal waters of western Japan
Marine Pollution Bulletin   47, 59-67    2003年
毛利 紫乃, 小野 芳朗, 宗宮 功
環境科学会誌 = Environmental science   15(6) 443-452   2002年11月
山田 亜矢, 小野 芳朗, 貴田 晶子, 並木 健二
環境科学会誌 = Environmental science   15(6) 407-414   2002年11月
小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   15(6) 389-390   2002年11月
小野 芳朗, 加納 佐江子, 劔持 堅志, 岡村 秀雄
廃棄物学会論文誌   13(6) 370-378   2002年11月
山田 亜矢, 小野 芳朗, 貴田 晶子
廃棄物学会研究発表会講演論文集   13(0) 1188-1190   2002年11月
関口 幹周, 小野 芳朗, 岡村 秀雄
廃棄物学会研究発表会講演論文集   13(0) 1185-1187   2002年11月
戸田 吉則, 山田 亜矢, 小野 芳朗
廃棄物学会研究発表会講演論文集   13(0) 1179-1181   2002年11月
尾崎 夏栄, 小野 芳朗, 柏田 祥策
廃棄物学会研究発表会講演論文集   13(0) 1054-1056   2002年11月
加藤 敏朗, 竹内 りさ, 小野 芳朗, 三木 理
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   25(10) 613-617   2002年10月
Two ELISA methods were investigated for the quantitative detection of viability and infectivity of Cryptosporidium parvum oocysts. One is to detect the sporozoites attached to the cell surface, and another is to detect the oocysts developing in ho...
毛利 紫乃, 長島 寛, 宮原 康明, 小野 芳朗, 河原 長美, 国本 学, 宗宮 功
廃棄物学会論文誌   13(5) 289-297   2002年9月
山田 亜矢, 小野 芳朗, 河原 長美, 並木 健二, 谷口 守
土木学会論文集 = Proceedings of JSCE   (713) 37-43   2002年8月
小野 芳朗, 山下 洋平, 友實 武則, 河原 長美
下水道協会誌. 論文集 = Journal of Japan Sewage Works Association. Research journal   39(478) 188-195   2002年8月
青井 健太郎, 小野 芳朗, 並木 健二, 山田 亜矢
廃棄物学会論文誌   13(3) 124-130   2002年5月
小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   15(1) 67-68   2002年1月
Evaluation of Aquatic Environment by Polyaromatic Hydrocarbon Concentration and Induction of EROD Activity in HepG2 Cells
Chemistry Letters   10, 1070-1071    2002年
Toxicity and Bioavailability of Road Sediment as a Source of Hazard Diffused Mather
Proc. of 6th. International Conf. of Diffused Pollution   245-50    2002年
山田 亜矢, 小野 芳朗, 並木 健二
廃棄物学会研究発表会講演論文集   12(0) 1133-1135   2001年10月
小野 芳朗, 青井 健太郎, 加納 佐江子
廃棄物学会研究発表会講演論文集   12(0) 1115-1117   2001年10月
尾崎 夏栄, 小野 芳朗, 柏田 祥策
廃棄物学会研究発表会講演論文集   12(0) 1020-1022   2001年10月
山田 亜矢, 青井 健太郎, 小野 芳朗, 河原 長美, 並木 健二
廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts   12(2) 1133-1135   2001年10月
小野 芳朗, 青井 健太郎, 加納 佐江子, 河原 長美, 今岡 務, 山田 正人
廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts   12(2) 1115-1117   2001年10月
尾崎 夏栄, 小野 芳朗, 柏田 祥策
廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts   12(2) 1020-1022   2001年10月
黒田 正和, 小野 芳朗, 宮本 和明
環境科学会誌 = Environmental science   14(4) 403-406   2001年7月
黒田 正和, 宮本 和明, 北詰 恵一, 小野 芳朗
環境科学会誌 = Environmental science   14(2) 159-163   2001年3月
小野 芳朗
環境技術 = ENVIRONMENTAL CONSERVATION ENGINEERING   29(12) 934-938   2000年12月
小野 芳朗, 永留 浩, 河原 長美, 谷口 守, 並木 健二, 貫上 佳則
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   23(12) 778-785   2000年12月
Road sediment is collected by road sweepers, however, it will be flushed because of rainfall. We investigated to determine the collected amount of road sediment and the harm substances attached on the sediment originated from mobile exhaust gases....
尾崎 夏栄, 小野 芳朗, 柏田 祥策, 眞柄 泰基
廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts   11(2) 1089-1091   2000年10月
山田 亜矢, 小野 芳朗, 河原 長美, 並木 健二
廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts   11(2) 1032-1034   2000年10月
青井 健太郎, 小野 芳朗, 河原 長美, 並木 健二
廃棄物学会研究発表会講演論文集 = Proceedings of the Annual Conference of the Japan Society of Waste Management Experts   11(1) 590-592   2000年10月
加藤 敏朗, 竹内 りさ, 小野 芳朗, 三木 理, 河原 長美
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   23(7) 427-432   2000年7月
For developing water treatment system to prevent waterborne Cryptosporidiosis, it is necessary to estimate the inactivation of Cryptosporidium. Recently, cell culture model has developed into a tool that can be used for assessing the viability and...
小野 芳朗, 加納 佐江子, 青井 健太郎, 山田 正人, 今岡 務, 河原 長美
廃棄物学会論文誌   11(3) 126-134   2000年5月
小野 芳朗, 山田 正人, 尾崎 夏栄, 宮原 康明, 高橋 順子
廃棄物学会誌   11(3) 232-237   2000年5月
廃棄物中の化学物質のリスク管理のために, 残留性, 生物濃縮性, 毒性をスコアリングして優先順位を評価するシステムを紹介した。ここでは, 内分泌攪乱性が疑われる75化学物質に関して, 筆者らの提起したスコアリングシステムによって, 危険度の優先順位を算出した。その結果, 農薬, 殺虫剤と燃焼副生成物が上位に位置された。
毛利 紫乃, 小野 芳朗, 河原 長美
環境制御   0(22) 26-31   2000年
The umu-test, which can detect genotoxic activites of a wide variety of environmental carcinogens and mutagenes, was carried out with samples from several sewage treatment processes. We applied the umu-test to raw sewage and treated effluent from ...
小野 芳朗
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   22(12) 973-974   1999年12月
小野 芳朗
水環境学会誌 = Journal of Japan Society on Water Environment   22(12) 972-973   1999年12月

書籍等出版物

 
調と都市
臨川書店   2010年   
食を育む水(共著)
ドメス出版   2007年   
あらすじで読む名作能50
世界文化社   2005年   
環境と空間文化(共著)
学芸出版社   2005年   
水の環境史
PHP新書   2001年   
環境保全工学(共著)
技報堂   1997年   
オゾン利用による水の蘇生技術(共著)
サンコー書房   1997年   
<清潔>の近代
講談社   1997年   
環境微生物工学研究法 (共著)
技報堂出版   1993年   
水質環境工学 (共訳)
技報堂出版   1993年   
病の世紀-衛生と養生-
『視覚の一九世紀』 思文閣出版   1992年   
博覧会と衛生
『万国博覧会の研究』 思文閣出版   1986年   
衛生の諸相
『一九世紀日本の情報と社会変動』 京大人文科学研究所出版   1985年   

Works

 
能楽金剛流師範免許取得
芸術活動   2000年
能楽金剛流舞囃子「忠度」
芸術活動   2003年
(社)日本能楽協会会員
芸術活動   2009年
能楽「猩々」シテ
芸術活動   2005年
能楽「鶴亀」シテ
芸術活動   2007年