田中 雅一

J-GLOBALへ         更新日: 15/06/15 18:03
 
アバター
研究者氏名
田中 雅一
 
タナカ マサカズ
URL
http://www.zinbun.kyoto-u.ac.jp/~shakti/
所属
京都大学
部署
人文科学研究所 人文科学研究所 文化研究創成研究部門
職名
教授,教授
学位
文学修士(東北大学), Ph.D(ロンドン大学(イギリス)), 文学修士

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1988年
国立民族学博物館助手
 
1988年
 - 
2004年
京都大学人文科学研究所助教授
 
2004年
   
 
- 京都大学人文科学研究所教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年
ロンドン大学経済政治学院(LSE)  社会人類学
 
 
 - 
1980年
東北大学 文学研究科 実践哲学,宗教学,宗教史専攻
 
 
 - 
1978年
東北大学 文学部 哲学科 宗教学宗教史専攻
 

委員歴

 
1996年
 - 
1999年
日本文化人類学会  評議委員
 
2001年
   
 
日本宗教学会  評議委員
 
1998年
 - 
2002年
日本南アジア学会  常任理事
 
1993年
 - 
1994年
「宗教と社会」学会  常任委員
 

論文

 
縛りからシバリへ――もうひとつのクールジャパン
田中 雅一
佐藤知久・比嘉夏子・梶丸岳編『世界の手触り――フィールド哲学入門』株式会社ナカニシヤ出版   79-92   2015年4月
スリランカの民族紛争と宗教――ソーシャル・キャピタル論の視点から
田中 雅一
櫻井義秀・外川昌彦・矢野秀武編『アジアの社会参加仏教――政教関係の視座から』[現代宗教文化研究叢書5)北海道大学出版会   309-336   2015年3月
現代インドにおける女性に対する暴力
田中 雅一
椎野若菜編『シングルの人類学1 境界を生きるシングルたち』人文書院   187-205   2014年3月
多宗教世界インドの怪談――暴力と姦通と名誉殺人
田中 雅一
オンラインジャーナル SYNODOS   2014/1/29    2014年1月   [査読有り]
現代インドにおける女性に対する暴力――デリーにおける集団強姦事件の背景を探る
田中雅一
オンラインジャーナル SYNODOS      2013年5月

Misc

 
趣旨説明「名誉に基づく暴力」 
田中 雅一
日本文化人類学会第49回研究大会 分科会A③      2015年5月
コメント「複数性の否定に抗するために・・・ 」特別企画ラウンドテーブル2015(「国際情報発信強化」特別委員会主催)  「国際化/グローバル化」の波動と文化人類学――複数性の岐路に立って
田中 雅一
日本文化人類学会第49回研究大会      2015年5月
井上章一・三橋順子編『性欲の研究 東京のエロ地理編』平凡社 2015年
田中 雅一
合評会      2015年4月
暴力とセックスからから他者を考える
田中 雅一
AA研共同利用・共同研究課題「人類社会の進化史的基盤研究(3)」第5回研究会      2015年2月
身体・エロス
田中 雅一
AA研公開シンポジウム「<情動 sense, emotional and affect>と<社会的なものthe social>の交叉をめぐる人類学的研究」      2014年7月

書籍等出版物

 
軍隊の文化人類学
田中 雅一 (担当:編者, 範囲:序章 軍隊の文化人類学のために、第五章 軍隊・性暴力・売春)
風響社   2015年2月   
フェティシズム研究2 越境するモノ
田中 雅一 (担当:編者, 範囲:序章 越境するモノたちを追って)
京都大学学術出版会   2014年2月   
『世界宗教百科事典』
田中雅一(共編著)
丸善出版   2012年12月   
『コンタクト・ゾーンの人文学 第三巻 Religious Practices /宗教実践』
田中雅一(共編著)
晃洋書房   2012年   ISBN:4771022100
『コンタクト・ゾーンの人文学 第四巻 Postcolonial /ポストコロニアル』
田中雅一(共編著)
晃洋書房   2012年   

Works

 
スリランカ・タミル漁村における人類学的調査
1982年 - 1983年
フィールドワーク支援ソフト開発
1995年 - 1998年
けいはんな・マラソンセミナー人間・生物・時間
1992年 - 1997年
植民地主義と人類学
1997年 - 2000年
フェティシズム研究の射程
2000年

競争的資金等の研究課題

 
スリランカとインドの宗教と社会
研究期間: 2000年 - 2005年
軍隊の歴史、人類学
研究期間: 2002年 - 2007年
ジェンダーとセクシュアリティ
研究期間: 2003年 - 2007年