谷坂 隆俊

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/21 23:27
 
アバター
研究者氏名
谷坂 隆俊
 
タニサカ タカトシ
所属
吉備国際大学 
部署
地域創成農学部
職名
教授
学位
農学博士(京都大学)
その他の所属
京都大学

研究分野

 
 

経歴

 
1973年8月
 - 
1986年10月
京都大学 農学部 助手(育種学研究室)
 
1986年11月
 - 
2000年3月
京都大学 農学部・農学研究科 助教授(育種学研究室)
 
1993年4月
 - 
2007年9月
神戸大学大学院農学研究科(自然科学研究科)修士課程非常勤講師
 
1993年4月
 - 
現在
タキイ研究農場附属園芸専門学校講師
 
1995年9月
 - 
1996年3月
名古屋大学大学院農学研究科非常勤講師
 
1995年10月
 - 
1996年3月
山口大学農学部非常勤講師
 
1996年10月
 - 
1996年12月
ドイツ連邦共和国Justus Liebig 大学Giessen校 招聘研究員
 
1997年10月
 - 
1998年3月
香川大学農学部非常勤講師
 
1997年10月
 - 
2003年3月
滋賀県立大学環境科学部非常勤講師
 
2000年4月
 - 
2010年3月
京都大学 大学院農学研究科 教授(育種学研究室)
 
2001年4月
 - 
2006年9月
神戸大学大学院自然科学研究科博士課程非常勤講師
 
2001年10月
 - 
2002年3月
山形大学農学部非常勤講師
 
2002年4月
 - 
2003年3月
鳥取大学農学部非常勤講師
 
2003年1月
 - 
2003年3月
京都大学大学院農学研究科附属亜熱帯植物実験所長
 
2003年1月
 - 
2006年12月
京都大学大学院農学研究科付属農場長
 
2004年4月
 - 
2005年3月
北海道大学農学部非常勤講師
 
2004年4月
 - 
2005年3月
岡山大学農学部非常勤講師
 
2007年10月
 - 
2008年3月
岡山大学農学部非常勤講師
 
2010年4月
 - 
現在
京都大学 名誉教授
 
2010年4月
 - 
現在
谷坂隆俊事務所 代表
 
2010年4月
 - 
現在
株式会社シーティーシー顧問
 
2010年4月
 - 
現在
株式会社オリザ顧問
 
2013年4月
 - 
現在
吉備国際大学 地域創成農学部 教授
 
2015年4月
 - 
現在
吉備国際大学地域創成農学部 学部長
 

学歴

 
1966年4月
 - 
1970年3月
京都大学 農学部 農学科
 
1970年4月
 - 
1972年3月
京都大学大学院 農学研究科 修士課程 農学専攻(育種学研究室)
 
1972年4月
 - 
1973年7月
京都大学大学院 農学研究科 博士課程 農学専攻(育種学研究室)
 

委員歴

 
1988年3月
 - 
1991年3月
日本育種学会  常任幹事(学会誌担当)
 
2001年4月
 - 
2011年3月
文部科学省  教科用図書検定調査審議会委員(第9部会長:2008年4月~2011年3月、農業小委員長:2003年4月~2011年3月、技術家庭小委員長:2010年4月~2011年3月)
 
2001年8月
 - 
2002年3月
農林水産省 研究分野別評価分科会委員
 
2001年8月
 - 
2003年7月
日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員
 
2002年4月
 - 
現在
農林水産省  種苗法に基づく出願品種の現地調査員
 
2003年1月
 - 
2014年12月
日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
 
2004年3月
 - 
2006年3月
日本育種学会  副会長
 
2004年8月
 - 
2005年3月
日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
 
2005年4月
 - 
2009年3月
日本農学会  評議員
 
2006年3月
 - 
2006年5月
京都府農林水産部 遺伝子組換え作物交雑防止検討委員会委員
 
2006年3月
 - 
2008年3月
日本育種学会  会長
 
2006年8月
 - 
2006年7月
日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員
 
2007年1月
 - 
現在
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構  評価委員
 
2007年4月
 - 
2010年3月
文部科学省 ナショナルバイオリソースプロジェクト運営委員会委員長会議委員
 
2007年4月
 - 
2010年3月
文部科学省 ナショナルバイオリソースプロジェクトイネ運営委員会委員長
 
2008年5月
 - 
2010年3月
京都府農林水産部 京都府食の安心・安全審議会 「遺伝子組換え作物交雑防止検討部会」委員
 
2008年7月
 - 
2008年8月
神戸大学農学部外部評価委員
 
2009年5月
 - 
2010年3月
国立遺伝学研究所 ナショナルバイオリソースプロジェクトイネ運営委員会委員長
 
2010年4月
 - 
2013年3月
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構  生物系特定産業イノベーション事業選考・評価委員
 
2011年8月
 - 
2013年3月
(社)農林水産先端技術産業振興センター 地域産学官連携支援委託事業コーディネーター
 
2013年1月
 - 
2015年3月
農林水産省 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業移管課題審査員
 
2014年1月
 - 
現在
農林水産省 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業審査専門評価委員
 
2014年8月
 - 
現在
内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム次世代農林水産業創造技術評議員(新たな育種体系の確立:委員長)
 
2014年9月
 - 
2014年9月
神戸大学食資源教育研究センター評価委員
 
2015年10月
 - 
現在
農林水産省 委託プロジェクト研究「ゲノム情報を活用した農畜産物の次世代生産基盤技術の開発プロジェクト」運営委員
 

受賞

 
 
日本育種学会 日本育種学会賞
 

論文

 
Barley NARROW LEAFED DWARG1 encoding a WUSCHEL-RELATED HOMEPBOX3 (WOX3) regulates the marginal development of lateral organs
谷坂隆俊
Breeding Science   66(3) 416-423   2016年3月   [査読有り]
イネユビキチン様タンパク質遺伝子Rurm1がメチルビオロゲンによって誘導される酸化ストレス応答におよぼす効果
河西恵・築山拓司・寺石政義・奥本裕・谷坂隆俊
作物研究   60(1) 55-57   2015年11月   [査読有り]
The active miniature inveted-repeat transposable element mPing posttranscriptionally produces new transcriptional variants in the rice genome
Kum R, Tsukiyama T, Inagaki H, Saito H, Teraiashi M, Okumoto Y, Tanisaka T
Molecular Breeding   35(159) doi:10.1007/s11032-015-0353-y-57   2015年8月   [査読有り]
The effects of phytochrome-mediated light signals on the developmental acquisition of photoperiod sensitivity in rice
Yoshitake Y, Yokoo T, Saito H, Tsukiyama T, Xu QA, Zikihara K, Katsura H, Tokutomi S, Abos Ti, Mori N, Inoue H, Nishida H, Kohchi T, Teraishi M, Okumoto Y, and Tanisaka T
Scientific Reports   5 7709-DOI: 10.1038/srep07709   2015年1月   [査読有り]
Wide genetic variation in phenolic compound content of seed coats among black soybean cultivaras
Phommalath S, Teraishi M, Yoshikawa T, Saito H, Tsukiyama T, Nakazaki T, Tanisaka T and Okumoto Y
Breeding Science   64(4) 409-415   2014年12月   [査読有り]
Early embryogenesis-specific expression of the rice transposon Ping enhances amplification of the MITE mPing
Teramoto S, Tsukiyama T, Okumoto Y, Tanisaka T
PLOS Genetics   10(6) e1004396-57   2014年6月   [査読有り]
Se14, encoding a JmjC domain-containing protein, plays key roles in long-day suppression of rice flowering through the demethylation of H3K4me3 of RFT1
YokooT, Saito H, Yoshitake Y, Xu QU, Asami T, Tsukiyama T, Teraishi M, Okumoto Y,and Tanisaka T
PLOS ONE   9(4) e96064-57   2014年4月   [査読有り]
Induced mutations will help mold the future of food
Tsukiyama T, Saito S, Naito K, Teraishi M, MondenY and Tanisaka T
Gamma Field Symposia   50 1-19   2014年3月   [査読有り]
Transient dual-luciferase assay combined with a glucocorticoid-inducible system for rice protoplasts
Biosci Biotecnol Biochem   77(12) 2480-2482   2013年12月   [査読有り]
The effects of the photoperiod insensitive alleles, se13, hd1 and ghd7, on yield components in rice
Molecular Breeding   33 813-819 (on line)   2013年11月   [査読有り]
Utilization of transposable element mPing as a novel genetic tool for modification of stress response in rice
Molecular Breeding   32(3) 505-516   2013年10月   [査読有り]
Mobilization of the active transposon mPing in interspecific hybrid rice between Oryza sativa and O. glaberrima
Euphytica   192(1) 17-24   2013年7月   [査読有り]
Loss-of-function of an ubiquitin-related modifier promotes the mobilization of the active MITE mPing
Molecular Plant   6(3) 790-801   2013年5月   [査読有り]
Analysis of protein-modification function of a rice ubiqutin-related modifier RURM1
J Crop Res   57 39-42   2012年7月   [査読有り]
EF7 encodes an ELF3-like protein and promotes rice flowering by negatively regulating the floral repressor gene Ghd7 under both short- and long-day conditions
Plant and Cell Physiology   53(4) 717-728   2012年4月   [査読有り]
High-fidelity transposon display for rice active transposon mPing
J Crop Res   56 63-66   2011年7月   [査読有り]
Complete loss of photoperiodic response in the rice mutant line X61 is caused by deficiency of phytochrome chromophore biosynthesis gene
Theoretical and Applied Genetics   122(1) 109-118   2011年1月   [査読有り]
Variation and dispersal of landraces in northern Laos based on the differentiation of waxy gene in rice (O. sativa L.)
Tropics   18(4) 201-209   2010年4月   [査読有り]
Identification of genes controlling the contents of seed storage proteins in soybean-Finemapping of the quantitative trait locus qPro7
Soy Protein Research   13 51-54   2010年   [査読有り]
Long-culm mutations with dominant genes are induced by mPing transposon in rice
Hereditas   147(6) 256-263   2010年   [査読有り]
Transgressive segregation of isoflavone contents under the control of four QTLs in a cross between distantly related soybean varieties
Breeding Science   60(3) 243-254   2010年   [査読有り]
Gene cloning, bacterial expression, and purification of a novel rice (Oryza sativa L.) ubiquitin-related protein, RURM1
Biosci Biotecnol Biochem   74(2) 430-432   2010年   [査読有り]
Co-expression of alpha’ and beta subunits of beta-conglycinin in rice seeds and its effect on the accumulation behavior of the expressed proteins
Transgenic Research   19 819-827   2010年   [査読有り]
Cool water treatment to the underground part of rice at the microspore stage induces severe spikelet sterility
J Crop Res   54 81-84   2010年   [査読有り]
Identification of useful rice genes and elucidation of the mechanism of genetic diversification in plants
Breeding Research   11(4)    2009年12月   [査読有り]
Unexpected consequences of a sudden and massive transposon amplification on rice gene expression
Nature   461(7267) 1130-1134   2009年10月   [査読有り]
Analysis of distribution and proliferation of mPing family transposons in a wild rice (Oryza rufipogon Griff.)
Breeding Science   59(3) 297-307   2009年9月   [査読有り]
Identification of a novel gene ef7 conferring an extremely long basic vegetative growth phase in rice
Theoretical and Appled Genetics   119(4) 675-684   2009年8月   [査読有り]
Multiple alleles at Early-flowering 1 locus making variation in the basic vegetative growth period in rice (Oryza sativa L.)
Theoretical and Applied Genetics   119(2) 315-323   2009年7月   [査読有り]
Identification and characterization of the erect-pose panicle gene EP conferring high grain yield in rice (Oryza sativa L.)
Theoretical and Applied Genetics 119 (1): 85-91   119(1) 85-91   2009年6月   [査読有り]
QTL analysis of seed-flooding tolerance in soybean (Glycine max [L.] Merr.)
Plant Science 176(4): 514-521   176(4) 514-521   2009年4月   [査読有り]
High potential of a transposon mPing as a marker system in japonica x japonica cross in rice
DNA Research   16(2) 131-140   2009年4月   [査読有り]
Identification of genes controlling the contents of seed storage proteins in soybean-Identification and functional analysis of the quantitative trait locus qPro1
Soy Protein Research   12 27-32   2009年   [査読有り]
Modification of gluten property by using the diversity of low molecular weight glutenin subunits among wheat landraces in Asia
J Crop Res   54 137-142   2009年   [査読有り]
Up-regulation of a rice transposon Ping in the mPing active variety ‘Gimbozu’
J Crop Res   54 119-123   2009年   [査読有り]
High isoflavone content mutants induced from the soybean variety ‘Tambaguro’ with gamma irradiation
J Crop Res   54 111-117   2009年   [査読有り]
Differential distribution of miniature inverted-repeat transposable elements in wild rice species
J Crop Res   54 91-97   2009年   [査読有り]
Physical mapping of two novel photoperiod sensitivity genes, se14 and se15, using mPing SCAR markers
J Crop Res   54 85-89   2009年   [査読有り]
QTL analysis of seed-flooding tolerance of the yellow soybean variety ‘Enrei’.
J Crop Res   54 75-80   2009年   [査読有り]
In Silico survey of transposable elements in soybean
J Crop Res   54 71-74   2009年   [査読有り]
Identification of transcripts with mPing sequence in rice
J Crop Res   54 99-102   2009年   [査読有り]
Active transposons in rice
Rice Biotechnology in Agriculture and Forestry, 62 Biology in the Genomics Era”, Springer   62 69-79   2008年   [査読有り]
Identification of genes controlling the contents of seed storage proteins in soybean
Soy Protein Research 11: 32-39   11 32-39   2008年   [査読有り]
Gene cloning, expression, purification and characterization of rice (Oryza sativa L.) class II chitinase CHT11
Enzyme and Microbial Technology   43(1) 19-24   2008年   [査読有り]
Seed-flooding tolerance genes of the yellow seed coat soybean variety ‘Enrei’
J Crop Res   53 61-66   2008年   [査読有り]
A genome-wide view of miniature inverted-repeat transposable elements (MITEs) in rice, Oryza sativa ssp. japonica
Genes & Genetic Systems   83(4) 321-329   2008年   [査読有り]
Analysis of rice blast-induced expression of PR-3 chitinase genes and their signal pathway in rice (Oryza sativa L.)
J Crop Res   53 57-61   2008年   [査読有り]
Potential roles of a transposon MITE in gene regulation
Protein, Nucleic Acid and Enzyme   52(3) 214-220   2007年   [査読有り]
Heading time genes responsible for the regional adaptability of ‘Tongil-type short-culmed rice cultivars’ developed in Korea
Breeding Science   57(2) 135-143   2007年   [査読有り]
A novel transposon Pyong in the japonica rice variety Gimbozu
J Crop Sci and Breed   52 39-43   2007年   [査読有り]

Misc

 
イネ転移因子mPing挿入(STAmP)データベースの活用 (Utilization of STAmP (spontaneous transposition of an active rice transposable element mPing) database)
育種学研究   15(s2) 108   2013年10月
イネ品種銀坊主における mPing 転移は時期・組織特異的な Ping の発現上昇を伴う (mPing transposition is accompanied by temporal and spatial up-regulation of Ping in a rice cultivar, Gimbozu)
育種学研究   15(s2) 76   2013年10月
イネ RURM1 による tRNA の硫黄修飾を介したタンパク質翻訳効率の制御 (Rice ubiquitin-modifier RURM1 involves in translational efficiency through tRNA thiolation in rice)
育種学研究   15(s2) 77   2013年10月
ダイズ高イソフラボン変異体に関するQTL 解析(QTL analysis for high isoflavone content in a soynean mutant)
育種学研究   15(s2) 115   2013年10月
ネユビキチン様タンパク質の機能喪失は活性型MITE・mPingの転移を促進する
日本遺伝学会大会プログラム・予稿集   85 92   2013年9月
出穂期遺伝子による生育相の改変が生産性に及ぼす多面的効果の検証
育種学研究   15(s1) 90   2013年3月
イネの成長・生育における ABA応答性キチナーゼ CHT11の役割
育種学研究   15(s1) 91   2013年3月
イネユビキチン様タンパク質RURM1の機能喪失は細胞分裂の異常を引き起こす
日本遺伝学会大会プログラム・予稿集   84 98   2012年
イネトランスポゾンmPingの転移を活性化する染色体領域の同定. Identification of chromosome regions activating transposition of transposon mPing in rice
育種学研究   14(s2) 45   2012年
イネの早晩性突然変異遺伝子の組合せから見えた新たな出穂期制御機構. Combined effects of early and late mutant genes provive a novel regulation system of flowering-time in rice
育種学研究   14(s2) 132   2012年
個体発生過程におけるイネトランスポゾンmPingの転移時機. The timing of mPing transposition during ontogeny of rice plants
育種学研究   14(s2) 93   2012年
イネ転移因子mPing配列内のシス因子がストレス耐性遺伝子の発現におよぼす影響
日本遺伝学会大会プログラム・予稿集   84 120   2012年
イネ活性型転移因子mPingを利用したストレス応答性遺伝子の発現改変を目指して
育種学研究   13(s2) 52   2011年
イネユビキチン様タンパク質RURM1は細胞分裂の安定性に関与する
育種学研究   13(s2) 35   2011年
Ehd1の発現制御に関わる新規感光性遺伝子の単離
谷坂 隆俊
育種学研究   13(s2) 81   2011年
大学における育種学研究を振り返って―若き研究者に伝えたいこと―
作物研究   56(1) 4   2011年
ダイズの自給率の向上を目指して―発芽時冠水抵抗性の付与
第49回近畿アグリハイテクシンポジウム講演要旨集   1-13   2010年1月
ダイズの発芽時冠水抵抗性に関する評価法の確立
育種学研究   12(s2) 61   2010年
DNAメチル化がイネ非自律性転移因子mPingの転移に与える効果
育種学研究   12(s2) 29   2010年
極大粒黒大豆品種「丹波黒」への冠水抵抗性付与に寄与するQTL
育種学研究   12(s2) 62   2010年

書籍等出版物

 
大豆と日本人の健康
幸書房   2014年   
大学における育種学研究を振り返って―若き研究者に伝えたいこと―.
作物研究56:1-4   2011年   
品種改良の世界史(作物編) (共著)
悠書館   2010年   
生物学辞典  (分担執筆)
東京化学同人   2010年   
大豆のすべて (分担執筆:第4章第1節「大豆種子の構造」第1項「組織構造」)
サイエンスフォーラム   2009年   

講演・口頭発表等

 
イネ群落形成パターンに対する出穂期突然変異遺 伝子の効果
伏見栄利奈, 齊藤大樹, 小出陽平, 郭威, 二宮 正士, 谷坂隆俊, 奥本裕
日本育種学会第129回講演会   2016年3月22日   
DNA メチル化がイネ自律性転移因子 Ping の結合 能におよぼす効果
築山拓司, 小野原一暢, 田中幹也, 齊藤大樹, 奥本裕, 寺石政義, 井上國世, 谷坂隆俊
日本育種学会第129回講演会   2016年3月21日   
変異創成技術の歩み [招待有り]
谷坂 隆俊
近畿作物・育種研究会(第180回講演会)   2015年12月   
イネ品種銀坊主の出穂期突然変異系統間の相互作用
伏見 栄利奈, 横尾敬行, 齊藤大樹, 吉竹良洋, 築山拓司, 寺石政義, 谷坂隆俊, 奥本裕
日本育種学会第128回講演会   2015年9月12日   
イネ強勢突然変異系統VGIにおける強勢形質のQTL解析
許冲・築山拓司・寺石政義・谷坂隆俊・奥本裕
近畿作物・育種研究会   2015年5月30日   
イネの基本栄養成長相を支配する遺伝子Ehd1が感光性に及ぼす効果
伏見栄利奈・齊藤大樹・伊藤真・吉竹良洋・浅見武人・徐銓・泉はるか・横尾敬行・谷阪隆俊・奥本裕
第179回近畿作物・育種研究会   2015年5月30日   
イネユビキチン様タンパク質RURM1の機能喪失が種々の酸化ストレス応答性におよぼす効果
河西恵・築山拓司・寺石政義・奥本裕・谷坂隆俊
第178回近畿作物・育種研究会   2014年11月22日   
イネトランスポゾンmPing の転移活性を制御する因子の探索
寺本翔太・築山拓司・谷坂隆俊・奥本裕
日本育種学会第126回講演会   2014年9月26日   
イネ非自律性転移因子mPingによる転写産物の改変
Kum, R.・築山拓司・稲垣晴香・谷坂隆俊・奥本裕
日本育種学会第125回講演会   2014年3月21日   
イネ品種銀坊主におけるmPing 転移は時期・組織特異的なPingの発現上昇を伴う
寺本翔太・築山拓司・寺石政義・谷坂隆俊・奥本裕
日本育種学会第124回講演会   2013年10月12日   
イネRURM1によるtRNAの硫黄修飾を介したタンパク質翻訳効率の制御
濵本有希、築山拓司、清水顕史、寺石政義、谷坂隆俊
日本育種学会第124回講演会   2013年10月12日   
イネ転移因子mPing挿入(STAmP)データベースの活用
安田加奈子・築山拓司・齊藤大樹・内藤健・寺石政義・谷坂隆俊・奥本裕
日本育種学会第124回講演会   2013年10月12日   
ダイズ高イソフラボン変異体に関するQTL解析
石井隆介・寺石政義・寺井雅一・小阪英樹、戸田登志也・吉川貴徳・築山拓司・齋藤大樹・谷坂隆俊・奥本裕
日本育種学会第124回講演会   2013年10月12日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
大豆品種登録(第21849号)フジクロM111
その他   2012年7月
大豆品種登録(第21848号)フジクロM110
その他   2012年7月
イネにおける新遺伝子の発見 出穂開花期遺伝子EF7(E2)
谷坂 隆俊   その他   2007年
イネにおける新遺伝子の発見 出穂開花期遺伝子Se13
その他   2011年
イネにおける新遺伝子の発見 出穂開花期遺伝子Se14
谷坂 隆俊   その他   2009年

競争的資金等の研究課題

 
イネMITE・mPingの転移機構の解明と高効率トランスポゾンタギング系の開発: 文部科学省科学研究費補助金(基盤B)
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 谷坂 隆俊
イネ・トランスポゾンmPingの起源と転移活性獲得機構: 文部科学省科学研究費補助金(基盤B)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 奥本裕
イネRURM1が関与するユビキチン様タンパク質結合システムの解明: 文部科学省科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 中崎鉄也
トランスポゾンmPingが誘発するゲノムの構造変異: 文部科学省科学研究費補助金(基盤B)
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 谷坂 隆俊
イネ・トランスポゾンmPingを植物体内で可動化する遺伝要因: 文部科学省科学研究費補助金(基盤B)
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 奥本裕
イネの地下部冷温処理に対する耐冷性の遺伝的および生理的機構: 文部科学省科学研究費補助金(萌芽)
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月    代表者: 奥本裕
イネで初めて見出された活性型トランスポゾンの転移機構の解析: 文部科学省科学研究費補助金(基盤B)
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 谷坂 隆俊
イネの内生PR-3キチナーゼの発現特性に関する包括的解析: 文部科学省科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月    代表者: 中崎鉄也
イネ易変性突然変異遺伝子slgの構造解析: 文部科学省科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 谷坂 隆俊
暖地に潜在するイネ穂ばらみ期耐冷性遺伝子の探索: 文部科学省科学研究費補助金(基盤C)
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 奥本裕
イネmutator活性化遺伝子座近傍の細密分子遺伝学的地図の作成: 文部科学省科学研究費補助金(基盤B)
研究期間: 1994年4月 - 1996年3月    代表者: 谷坂 隆俊
RAPDを用いたイネ量的形質遺伝解析法の開発: 文部科学省科学研究費補助金(一般B)
研究期間: 1993年4月 - 1996年3月    代表者: 谷坂 隆俊
イネ遺伝学の再構築: 文部科学省科学研究費補助金(総合研究A)
研究期間: 1993年4月 - 1995年3月    代表者: 武田和義
次世代育種に向けた生物工学の展開: 文部科学省科学研究費補助金(総合研究A)
研究期間: 1992年4月 - 1995年3月    代表者: 武田元吉
RFLPを用いたイネQTL(量的形質遺伝子座)解析法の開発: 文部科学省科学研究費補助金(一般C)
研究期間: 1992年4月 - 1994年3月    代表者: 奥本裕
高等植物の根機能に関する遺伝子発現機構の解明と遺伝子工学的改良: 文部科学省科学研究費補助金(総合研究A)
研究期間: 1991年4月 - 1994年3月    代表者: 谷坂 隆俊
イネ突然変異誘発遺伝子の機能に関する分子遺伝学的解析: 文部科学省科学研究費補助金(一般B)
研究期間: 1990年4月 - 1993年3月    代表者: 山縣弘忠
Mutatorの利用によるイネの新育種システムの開発: 文部科学省科学研究費補助金(一般C)
研究期間: 1988年4月 - 1991年3月    代表者: 谷坂 隆俊
生物工学的手法によるイネの新しい機能開発に関する研究: 文部科学省科学研究費補助金(総合研究A)
研究期間: 1988年4月 - 1991年3月    代表者: 山縣弘忠
イネ突然変異誘発遺伝子の作用に関する細胞遺伝学的解析: 文部科学省科学研究費補助金(一般B)
研究期間: 1987年4月 - 1990年3月    代表者: 山縣弘忠