安達 修二

J-GLOBALへ         更新日: 14/08/07 03:00
 
アバター
研究者氏名
安達 修二
 
アダチ シュウジ
URL
http://www.bioeng.kais-kyoto-u.ac.jp
所属
京都大学
部署
大学院農学研究科 食品生物科学専攻 農学研究科 食品生物科学専攻
職名
教授,教授
学位
農学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1978年
 - 
1984年
京都大学助手
 
1984年
 - 
1988年
新居浜工業高等専門学校助教授
 
1988年
 - 
1990年
静岡県立大学助教授
 
1990年
 - 
2003年
京都大学助教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
京都大学 農学研究科 食品工学
 
 
 - 
1974年
京都大学 農学部 食品工学
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本食品工学会  理事
 

受賞

 
1991年
農芸化学奨励賞
 
2003年
日本食品工学会研究賞
 

論文

 
擬似移動層型吸着分離装置の簡易設計法
安達 修二
化学工学論文集   16(1) 193-196   1990年   [査読有り]
カラム液体クロマトグラフィ-の連続化に関する基礎的研究とそのバイオリアクタ-への応用
安達 修二
日本農芸化学会誌   65(11) 1611-1616   1991年   [査読有り]
Lipid encapsulation and retardation of lipid oxidation through the encapsulation
S. Adachi
Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi   43(9) 977-982   1996年   [査読有り]
Suppression of lipid oxidation by its interaction with a food polymer
S. Adachi; Y. Matsumura
Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi   51(5) 221-228   2004年   [査読有り]
脂質と食品高分子の相互作用と酸化抑制
安達修二;松村康生
日本食品科学工学会誌   51(5) 221-228   2004年5月   [査読有り]

Misc

 
擬似移動層型吸着分離装置 (移動層技術の新展開<特集>)
安達 修二
ケミカルエンジニヤリング   33(3) 225-229   1988年3月   [査読有り]
カラム液体クロマトグラフィーの連続化とその応用
安達 修二
┣DB分離技術(/)-┫DB,19/6,365-370      1989年   [査読有り]
DLVO理論とStokes則を融合したモデルによる濃厚エマルションの安定性の評価
安達修二;今義潤;松野隆一
New Food Ind   34(7) 79-86   1992年7月   [査読有り]
タンパク質加水分解物からの特徴的な組成を有するオリゴペプチド混合物の調製
安達修二;松野隆一
New Food Ind   34(9) 17-21   1992年9月   [査読有り]
Special issue : Food chemical engineering and new technology.Oxidation control of lipid by pulverization.
安達修二;松野隆一
ケミカルエンジニヤリング   39(7) 530-532,538   1994年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Cultivation of Yeast Cells by Air-Solid Fluidized Bed Fermentor(共著)
安達 修二
Mechanical Engineering Publication,79-86   1993年   
機能性食品設計のための液状脂質粉末化法の開発
安達 修二
「機能性食品の研究」,荒井綜一監修,学会出版センター,/,259-264   1995年   
「食品物理化学」(IV.3物質移動)
安達 修二
松野,矢野編,文永堂出版,/,210-230   1996年   
「高純度化技術大系第2巻・分離技術」(第4章第3節3.2擬似移動層吸着)
安達 修二
長浜監修,フジ・テクノシステム,/,433-435   1997年   
安達修二、松野隆一:二相系および微水系有機溶媒中での界面活性剤の酵素合成「食品産業のためのバイオリアクター -生体触媒分子の開発と応用-」,(社)農林水産先端技術産業振興センター 次世代バイオリアクターシステム事業部会編
安達 修二
化学工業日報社,/, 2-24   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
液状脂質の粉末化
酵素法による可食性界面活性剤の合成
亜臨界水の食品加工への利用