林 泰一

J-GLOBALへ         更新日: 14/08/07 03:00
 
アバター
研究者氏名
林 泰一
 
ハヤシ タイイチ
所属
京都大学
部署
防災研究所 流域災害研究センター 流域圏観測領域
職名
助教授
学位
理学修士(京都大学), 理学博士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1975年
京都大学 理学研究科 地球物理学
 
 
 - 
1973年
京都大学 理学部 地球物理学
 

委員歴

 
2000年
 - 
2004年
日本風工学会  評議員
 

受賞

 
2005年
バングラデシュ国際下痢疾患研究センター,人工と保健研究所による, 機構と公衆衛生に関する功績にハイする表彰
 

論文

 
那珂川流域における豪雨・土砂災害について
寶 馨、今本博健、林 泰一、中北英一、市川 温、端野典平、中村行雄
京都大学防災研究所年報, Vol.B-2 ,No. 42 , pp. 235-253      1999年
台風9807号による強風災害について-その2,消防署で観測された気象要素-
丸山 敬、桂 順治、林 泰一、奥田泰雄
京都大学防災研究所年報, Vol.B-1 ,No. 42 , pp. 267-273      1999年
台風9807号による強風災害について-その1:消防署で観測された気象要素-
奥田, 泰雄
京都大学防災研究所年報. B = Disaster Prevention Research Institute Annuals. B   42(B-1) 247-265   1999年4月
台風9807号の強風災害について その2 -特に住家の被害について-
林 泰一、奥田泰雄、丸山 敬
JWE : 日本風工学研究会誌   79 35-36   1999年4月
台風9807号の強風災害 その3 : 航空映像による建物被害調査
丸山 敬、桂 順治、林 泰一、奥田泰雄
JWE : 日本風工学研究会誌   79 37-38   1999年4月

Misc

 
ドップラーレーダーで観測された崖交流の台地上の風速分析
伊藤芳樹,林 泰一
第15回風工学シンポジウム論文集   55-60   1998年   [査読有り]
1998年8月豪雨による那珂川の水害について
今本博健、寶 馨、林 泰一、中川 一、戸田圭一、中北英一、武藤裕則、市川 温
河川災害に関するシンポジウム,自然災害総合研究班 , pp. 41284      1999年
台風9807号による強風災害について−その1,消防署で観測された気象要素−
奥田泰雄,桂 順治,藤井 健,林 泰一,石川裕彦,丸山 敬
京都大学防災研究所年報   B-2(42) 247-265   1999年
台風9818号による八代海沿岸の建物被害について
丸山 敬、林 泰一、前田潤滋、桂 順治、藤井 健
第16回風工学シンポジウム論文集 , pp. 89-94      2000年   [査読有り]
台風9918号において気圧分布から計算した風とNeWMeKシステムで観測された風の比較
藤井健;前田潤滋;石田伸幸;林泰一
風工学シンポジウム論文集   16th 71-76   2000年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
暴風
林 泰一
防災ハンドブック pp.51-54   2001年   
1.2(2)温帯低気圧、1.2(3)積乱雲に伴う強風、1.2(4)地形と強風 
林 泰一 石川裕彦
防災ハンドブック、京都大学防災研究所編集、朝倉書店、東京 pp.51-54   2001年   
気象災害
林 泰一
防災辞典   2002年   
防災ハンドブック 
林 泰一
朝倉書店 pp.724   2002年   
台風に伴う気圧と強風の記録 
林 泰一
風工学ハンドブック pp.30-32   2006年   

Works

 
1990年2月19日に鹿児島県枕崎市で発生した竜巻の被害調査
1990年
1990年4月6日石川県富来町の竜巻の調査
1990年
1990年3月12日三重県大王町、志摩町の竜巻の調査
1990年
1990年4月3日沖縄県金武町の竜巻の調査
1990年
1991年11月28日和歌山県日置川町の竜巻の調査
1991年

競争的資金等の研究課題

 
大気接地層中の組織運動の研究
科学研究費補助金
研究期間: 1985年 - 2005年
日本の竜巻の統計的研究
科学研究費補助金
研究期間: 1983年 - 2010年
バングラデシュにおけるサイクロン洪水、竜券などの災害の研究
国際研究協力
研究期間: 1991年 - 2010年
伝染病に対する気候変動・気象現象のインパクト
国際研究協力
研究期間: 2000年 - 2010年
南アジアの気象災害とその社会的影響
科学研究費補助金
研究期間: 2000年 - 2010年