細川 友秀

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 02:55
 
アバター
研究者氏名
細川 友秀
 
ホソカワ トモヒデ
所属
京都教育大学
職名
学長
学位
理学博士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1978年2月
 - 
1991年9月
京都府立医科大学 医学部 公衆衛生学教室 助手
 
1981年5月
 - 
1982年10月
トロント大学 免疫学研究所 ポストドクトラルフェロー
 
1991年10月
 - 
1999年3月
京都教育大学 助教授
 
1999年4月
 - 
2011年3月
京都教育大学 教授
 
2011年4月
 - 
2016年3月
京都教育大学 副学長
 

学歴

 
 
 - 
1974年3月
京都大学 理学部 生物系
 
 
 - 
1978年1月
京都大学 理学研究科 動物学
 

委員歴

 
1974年4月
 - 
現在
日本免疫学会  正会員
 
1978年4月
 - 
現在
日本癌学会  正会員
 
1985年4月
 - 
現在
日本基礎老化学会  正会員(評議員, 1989~継続)
 
1985年4月
 - 
現在
老化促進モデルマウス(SAM)研究業議会  正会員(評議員, 1991〜継続)
 

論文

 
蕎麦摂食の免疫機能に及ぼす影響について
松原一美, 細川友秀
京都教育大学環境教育研究年報   19 113-123   2011年3月
学生教育を意図した地域社会への卒業研究のプレゼンテーション - 第五報 -
細川友秀, 西岡敬介, 鄭 紀香
京都教育大学環境教育研究年報   18 79-88   2010年3月
微生物学的環境が老化促進モデルマウス(SAM)の免疫機能の発達に及ぼす影響について
細川友秀, 弘田雄輝, 明田知子, 西村泰光
京都教育大学環境教育研究年報   17 131-139   2009年3月
免疫系における交差反応と免疫記憶の仕組み---幼児期における言語習得との比較---
細川友秀
京都教育大学紀要   113 115-123   2008年9月
The nitiric oxide-producing function of peritoneal cells from mice fed with a young green barley leaf extrct
Hosokawa T., Aotsuka Y., Itonaga M., Hoashi K., Ueyama H.
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition   43(Suppl.1) 355-358   2008年7月   [査読有り]

Misc

 
免疫系老化と神経系による調節について
細川友秀
基礎老化研究   31 1-6   2007年2月   [依頼有り]
自然免疫 マクロファージ
細川友秀
長寿科学事典(全1164ページ、祖父江逸郎 監修)   124-125   2003年2月   [依頼有り]
ノルアドレナリン・副腎皮質ステロイドとTh1/Th2バランス. 特集「Th1/Th2バランスに影響する内外要因」
細川友秀
臨床免疫   34 742-746   2000年12月   [依頼有り]
個体の生育環境によって影響される免疫系
細川友秀
シュプリンガー・サイエンス   15 12-14   2000年9月   [依頼有り]
マクロファージ
細川友秀
長寿科学エンサイクロペデイア情報開発事業報告書(全1172ページ)   161-162   1997年2月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
The Senescence-Accelerated Mouse (SAM): Achievements and Future Directions.
Takeda T., Akiguchi I., Higuchi K., Hosokawa M., Hosokawa T., Nomura Y. (担当:共編者)
Elsevier B. V. (Amsterdam)   2013年8月   ISBN:978-0-444-53510-8
The Senescence-Accelerated Mouse (SAM): Achievements and Future Directions.
Hosokawa T., Nishimura Y. (担当:共著, 範囲:Immune system deficiencies in SAM: T- and NK-cell activities. (pp.229-243))
Elsevier B. V. (Amsterdam)   2013年8月   ISBN:978-0-444-53510-8
The SAM Model of Senescence
Hosokawa T.
Elsevier Science Publishers (Excerpta Medica) (Amsterdam)   2004年3月   ISBN:0-444-51413-9
胃−形態とその機能 (第2版)
青池 晟, 細川友秀 (担当:共著, 範囲:胃・十二指腸の基本構造−免疫機構)
医学書院(東京)   1993年3月   ISBN:4-260-10857-3

講演・口頭発表等

 
Age-associated change in the NO-producing activity of macrophages from SAM mice.
Hosokawa T., Koshide C.
14th International Congress of Immunology   2010年8月22日   International Union of Immunological Societies
Age-associated change in the phagocytic activity of macrophages from SAM mice.
Nishioka K., Hosokawa T.
14th International Congress of Immunology   2010年8月22日   International Union of Immunological Societies
SAMP1/SkuSlcマウスにおける免疫学的形質の再検討
西村泰光, 細川友秀
第 25 回老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会大会   2010年7月9日   老化促進モデルマウス(SAM)研究協議会
大麦若葉青汁粉末の免疫機能に及ぼす影響について(第4報)
細川友秀, 筌口桃江, 上山英夫, 青塚康幸
第130回日本薬学会年会   2010年3月28日   日本薬学会
大麦若葉青汁粉末の免疫機能に及ぼす影響について(第5報)
西岡敬介他
第130回日本薬学会年会   2010年3月28日   日本薬学会

競争的資金等の研究課題

 
大麦若葉青汁粉末の免疫機能に及ぼす影響に関する研究
日本薬品開発株式会社: 共同研究
研究期間: 2009年1月 - 2010年3月    代表者: 細川友秀
大麦若葉青汁粉末の免疫機能に及ぼす影響に関する研究
日本薬品開発株式会社: 共同研究
研究期間: 2007年1月 - 2008年12月    代表者: 細川友秀
大麦若葉青汁粉末の免疫機能に及ぼす影響に関する研究
日本薬品開発株式会社: 共同研究
研究期間: 2005年12月 - 2006年12月    代表者: 細川友秀
だったん蕎麦摂食の免疫機能に及ぼす影響に関する研究
有限会社 アタックコーポレーション: 共同研究
研究期間: 2005年4月 - 2006年3月    代表者: 細川友秀
SAMP1/KaSlcマウスの免疫学的性状の基礎的研究
日本エスエルシー株式会社: 共同研究
研究期間: 2004年4月 - 2005年3月    代表者: 細川友秀