伊吹山 知義

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/21 20:31
 
アバター
研究者氏名
伊吹山 知義
 
イブキヤマ トモヨシ
URL
http://www.math.sci.osaka-u.ac.jp/~ibukiyam/
所属
大阪大学
部署
大学院理学研究科 数学専攻
職名
名誉教授
学位
理学博士(東京大学), 理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1973年
 - 
1981年
東京大学 助手
 
1981年
 - 
1991年
九州大学 助教授
 
1991年
   
 
- 大阪大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
東京大学 理学系研究科 数学
 
 
 - 
1971年
東京大学 理学部 数学
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本数学会  学術委員会委員、ジャーナル編集委員、代数学分科会運営委員
 
2002年
   
 
日本数学会  理事、代数学分科会評議員
 

受賞

 
2012年
日本数学会 代数学賞
 

Misc

 
「やさしい」ゼータ関数について
日本数学会「数学」   50(1) 1-11   1998年
On relations of dimensions of automorphic forms of Sp(2,R) and its compact twist Sp(2) (II)
Advanced Studies in Pure Mathematics 7   7    1985年
On relations of dimensions of automorphic forms of Sp(2,R) and its compact twist Sp(2) (I)
Advanced Studies in Pure Mathematics   7    1985年
On automorphism groups of positive definite binary quaternion hermitian lattice and new mass formula
Advanced Studies in Pure Mathematics   15    1989年
Graded rings of modular forms of rational weights of level 11 and 13
Proceedings of the Workshop on Number Theory 2001, Institute of Math. Waseda Univ.   104-113    2001年

書籍等出版物

 
有限体 Tex 上の有理点数最大の種数3の代数曲線の存在(Tex は任意の奇素数)
1998年   
例外 Lie 環の分類と構成、
第7回整数論サマースクール報告集   2000年   
分数ウェイトの保型形式
第8回整数論サマースクール報告集   2000年   
保型形式の次元公式の文献案内
第3回整数論オータムワークショップ「保型形式の次元公式」   2001年   
ベクトル値ジーゲル保型形式の構造と微分作用素
京大数理研究所講究録「代数的整数論とその周辺」   2001年   

所属学協会

 
 

Works

 
保型形式と算術的ゼータ関数の研究
1998年 - 2000年
代数学における保型形式的構造とゼータ関数の明示的研究
2001年 - 2004年
多変数保型形式と代数的・幾何的不変量についての明示的研究
2005年
代数学における保型形式的構造とゼータ関数の明示的研究
2004年
ベクトル値ジーゲル保型形式テンソル環の研究
2004年

競争的資金等の研究課題

 
整数論と保型形式