荻原 哲

J-GLOBALへ         更新日: 11/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
荻原 哲
 
オギハラ サトシ
所属
大阪大学
部署
大学院理学研究科 生物科学専攻
職名
教授
学位
理学修士(大阪大学), 理学博士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1982年
日本学術振興会奨励 研究員
 
1982年
 - 
1984年
アルバートアインシュタイン医大 ポスドク研究員
 
1984年
   
 
- 大阪大学教養部 助手
 
1988年
   
 
- 大阪大学教養部 助教授
 
1994年
   
 
- 大阪大学理学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
大阪大学 理学研究科 生理学
 
 
 - 
1974年
国際基督教大学 教養学部 自然科学科
 

受賞

 
1996年
Best Poster of the Conference Award (Seventh International Conference on the Cell and Molecular Biology of Chlamydomonas)
 

Misc

 
Changing patterns of give expranesion in Dicytostelium Prestalk Cell subtypes reeognized by in situ hybridization with genes from microarray analyses
Eukoryotic cell   2(3) 627-637   2003年
NISHII I, OGIHARA S, KIRK D L
Cell   113(6) 743-753   2003年
Identification and characterization of novel calcium-binding proteins of Dictyostelium and their spatio-temporal expression patterns during development.
Sakamoto, H., Nishio, K., Tomisako, M., Kuwayama, H., Tanaka, Y., Suetake, I., Tajima, S., Ogihara, S. and Maeda, M.
Develop.Grwoth.Differ.   45(5-6) 507-514   2003年
荻原 哲, 上田 昌宏
生物物理   36(2) 95-100   1996年
アジア型クリティカル・シンキングの教育モデルを求めて:東南アジアの諸大学における教育実践
大阪大学大学教育実践センター紀要   4 pp._43-52    2008年

Works

 
ウニ卵膜修復
2000年
膜修復におけるアネキシンの機能
1998年
植物細胞のかたちとアネキシン
2000年
クリティカル・シンキングの教育:方法と実践
2008年
批判的思考教育のアジア型適応
2009年

競争的資金等の研究課題

 
アメーバ細胞の走化性
細胞移動運動と細胞内膜輸送系の関連
細胞変形の協調性に関する研究