碓井 建夫

J-GLOBALへ         更新日: 09/08/13 00:00
 
アバター
研究者氏名
碓井 建夫
 
ウスイ タテオ
所属
大阪大学
部署
大学院工学研究科 マテリアル生産科学専攻
職名
教授,教授
学位
工学博士(大阪大学), 工学博士(大阪大学), 工学修士(大阪大学), 工学士(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
   
 
- マテリアル生産科学専攻 専攻長
 

学歴

 
 
 - 
1974年
大阪大学 工学研究科 冶金学
 
 
 - 
1974年
大阪大学 工学研究科 冶金学専攻
 
 
 - 
1971年
大阪大学 工学研究科 冶金学専攻
 
 
 - 
1969年
大阪大学 工学部 冶金学科
 
 
 - 
1969年
大阪大学 工学部 冶金学科
 

委員歴

 
1995年
 - 
1997年
日本鉄鋼協会  講演大会協議会委員,編集委員会欧文会誌分科会英文校閲委員,関西支部常任理事,関西支部材料セミナー運営委員長
 
1999年
 - 
2000年
Iron and Steel Society of AIME  本部評議員,難焼結性鉄鉱石の塊成化プロセス工学調査研究会主査,関西支部 学術運営小委員会主査,多孔質メソモザイク組織焼結研究会主査,講演大会協議会国際セッション委員会実施責任者兼編集代表
 
1976年
 - 
1978年
日本金属学会  関西支部幹事,関西支部材料セミナー運営委員長,関西支部 学術運営小委員会主査
 
1987年
 - 
1991年
研究・技術計画学会  本部理事,本部評議員,関西支部運営幹事・事務局,関西支部運営委員・事務局
 
2004年
   
 
日本鉄鋼協会 関西支部  理事・評議員
 

受賞

 
1989年
日本鉄鋼協会西山記念賞(個人)
 
1977年
日本機械学会賞(論文賞)
 
1986年
日本鉄鋼協会山岡賞(グループ)
 
1993年
日本鉄鋼協会山岡賞(グループ)
 
1995年
日本鉄鋼協会山岡賞(グループ)
 

Misc

 
焼結鉱のCO-CO2-N2混合ガス還元の初期段階におけるカルシウムフェライトの還元挙動に及ぼすCO分圧と還元温度の影響
鉄と鋼   78(7) 982-989   1992年
多孔質ヘマタイトペレットのガス還元に対する固相内拡散を考慮した多段反応帯モデル
鉄と鋼   69(3) 363-370   1983年
焼結鉱のCO-CO2-N2混合ガスによる還元の初期段階における鉱物相変化と到達還元率
鉄と鋼   77(8) 1251-1258   1991年
多孔質ヘマタイトペレットのガス還元に対する多段反応帯モデル
鉄と鋼   68(6) 592-601   1982年
CO-CO2-N2混合ガスによる焼結鉱単一粒子の段階ごとの等温還元速度の解析
鉄と鋼   73(15) 1956-1963   1987年

書籍等出版物

 
高炉炉下部における移動現象(共著)
日本鉄鋼協会   1992年   
炭酸ガス抑制と製鉄プロセスの未来(共著)
日本鉄鋼協会   1993年   
魅力のある製鉄技術を求めて(共著)
日本鉄鋼協会   1993年   
高炉内現象とその解析(共著)
日本鉄鋼協会   1982年   
高炉内における4流体の流動と伝熱(共著)
日本鉄鋼協会   1996年   

Works

 
ダイオキシン類の発生消滅機構に関する研究
1998年 - 2001年
ダイオキシン類の発生を抑制するための脱塩素システムの開発
1998年 - 2001年
燃焼排ガスエネルギーの有効利用を目指したダイオキシン類再合成抑制法
2001年
ダイオキシン類ゼロ生成燃焼法
2001年
溶鉄と溶融スラグ物性値の高精度推算
1999年

競争的資金等の研究課題

 
酸化鉄ペレット・焼結鉱の還元過程の解明と反応モデルの開発ならびに反応速度の解析
鉄浴式溶融還元における予備還元プロセスの開発のための基礎研究
高炉下部充填層中の気体・固体・液体の移動現象の解析

特許

 
脈動流れを利用した流体-固体間物質移動促進法(特許庁,公開特許公報(A)平3-249938)
*
焼結設備
*
焼結設備における排ガス処理方法
*
ダイオキシン類の分離除去方法予備分離除去装置
2001-259333
水中のダイオキシン類の吸着除去方法