新田 保次

J-GLOBALへ         更新日: 15/05/13 11:57
 
アバター
研究者氏名
新田 保次
 
ニッタ ヤスツグ
所属
鈴鹿工業高等専門学校
職名
校長
学位
工学博士(大阪大学), 工学修士(大阪大学)
その他の所属
鳥羽商船高等専門学校独立行政法人国立高等専門学校機構

プロフィール

1949年岡山県生まれ。大阪大学工学部土木工学科卒業、同大学大学院工学研究科修士課程修了。工学博士。1975年同大学工学部助手、講師、助教授を経て、2002年より同大学大学院教授。2012年3月退職後、同年4月より、、独立行政法人国立高等専門学校機構・鈴鹿工業高等専門学校長、2014年4月より、独立行政法人国立高等専門学校機構・理事、2015年4月より、同機構・鳥羽商船高等専門学校長。著書に「図説わかる土木計画」(学芸出版社)、「まちづくりのための交通戦略-パッケージアプローチの進め」(学芸出版社)、「理論から実践へ 日本の交通バリアフリー」(学芸出版社)、「参加型福祉の交通まちづくり」(学芸出版社)、「エース土木システム計画」(朝倉書店)他。主な研究テーマは、持続可能な交通システムづくりのための計画・政策技術に関するもの。主に福祉、環境面からアプローチしている。

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
独立行政法人国立高等専門学校機構 鳥羽商船高等専門学校 校長
 
2014年
 - 
現在
独立行政法人国立高等専門学校機構 理事
 
2012年4月
 - 
現在
独立行政法人国立高等専門学校機構 鈴鹿工業高等専門学校 校長
 
2002年12月
 - 
2012年3月
-  大阪大学 教授
 
1989年3月
 - 
2002年11月
 大阪大学 助教授
 
1986年4月
 - 
1989年3月
 大阪大学 講師
 
1975年4月
 - 
1986年3月
 大阪大学 助手
 

学歴

 
1973年4月
 - 
1975年3月
大阪大学 大学院工学研究科 土木工学専攻
 
1969年4月
 - 
1973年3月
大阪大学 工学部 土木工学科
 

受賞

 
1987年
日本都市計画学会論文奨励賞
 
2001年
国際交通安全学会賞
 
2005年
第3回三井住友海上福祉財団賞(著作)(2005(平成17)年度)
 
2005年
国立大学法人大阪大学教育・研究功績賞
 
2006年
地球温暖化防止活動度環境大臣賞対策技術導入・普及部門
 

論文

 
仮設住宅の交通環境の実態把握とその改善について
飯田克弘、新田保次、増田仁、米田満芳
交通科学   25(1-2合併号) 63-68   1996年5月   [査読有り]
パッケージアプローチによるロードプライシングの賛否意識の変化特性と効果分析
新田保次、松村暢彦、森 康男
土木学会論文集   (536/Ⅳ-31) 23-35   1996年4月   [査読有り]
ロードプライシングの賛否を中心とした交通と環境の意識に関する住民の意識構造分析
新田保次、松村暢彦、森 康男
土木計画学研究・論文集   (12) 747-756   1995年8月   [査読有り]
モビリティ確保の視点から見た高齢者対応型バス計画についての一考察
新田保次、三星昭宏、森 康男
土木学会論文集   (518/Ⅳ-28) 43-54   1995年7月   [査読有り]
交通困難者の概念と交通需要について
三星昭宏、新田保次
土木学会論文集   518(Ⅳ-28) 31-42   1995年7月   [査読有り]
都市高速道路ドライバーの混雑料金意識に関する因果分析
新田保次、荒木浩文
土木計画学研究・論文集   (6) 241-248   1988年11月   [査読有り]
混雑料金に対する都市高速道路ドライバーの意識について
新田保次、毛利正光
高速道路と自動車   30(11) 19-27   1987年11月   [査読有り]
通勤交通手段別需要推計手法に関する基礎的研究
新田 保次
大阪大学      1986年2月   [査読有り]
交通手段転換意識モデルによる急行バスの需要推計について
毛利正光・新田保次・安田扶律
交通工学   20(4) 3-13   1985年7月   [査読有り]
一般化時間を組み込んだ経路選択モデルにおける時間価値について
新田 保次
交通科学   13(2) 33-40   1984年12月   [査読有り]
一般化時間を組み込んだ交通手段選択モデルに関する基礎的研究
毛利正光・新田保次
土木学会論文報告集   (343) 63-72   1984年3月   [査読有り]
都市類型別通勤者生成原単位モデルについて
毛利正光・新田保次
交通工学   18(3) 17-26   1983年5月   [査読有り]
就業構造を反映した通勤者生成原単位モデルについて
毛利正光・新田保次
土木学会論文報告集   (328) 89-96   1982年12月   [査読有り]
自家用乗用車保有率の経年的、地域的変動特性
毛利正光・新田保次
交通科学   11(2) 1-8   1982年8月   [査読有り]
バスと乗用車で構成される混合交通流の基礎的特性
毛利正光・新田保次
土木学会論文報告集   (316) 135-143   1981年12月   [査読有り]

Misc

 
バスと乗用車で構成される混合交通流の基礎的特性
土木学会論文報告集   316    1981年
就業構造を反映した通勤者生成原単位モデルについて
土木学会論文報告集   328    1982年
都市類型別通勤者生成原単位モデルについて
交通工学   18(3)    1983年
一般化時間を組み込んだ経路選択モデルにおける時間価値について
交通科学   13(2)    1984年
一般化時間を組み込んだ交通手段選択モデルに関する基礎的研究
土木学会論文報告集   343    1984年
交通手段転換意識モデルによる急行バスの需要推計について
交通工学   20(4)    1985年
混雑料金に対する都市高速ドライバーの意識について
高速道路と自動車   30(11)    1987年
都市高速道路ドライバーの混雑料金意識に関する因果分析
土木計画学研究・論文集   6    1988年
放置禁止区域による自転車利用抑制効果
自転車バイク駐車場   134,10-15    1991年
ヨーロッパにおけるロードプライシングをめぐる最近の動き
高速道路と自動車   35(7) 30-34   1992年
オランダの自転車交通政策とサイクル都市「ハウテン」
都市問題   83(5) 53-61   1992年
ロードプライシングに対する市民意識と受容可能性
運輸と経済   53(1) 50-60   1993年
自動車交通の現状と課題-「サイクル都市」づくりをめざして-
都市と交通   (29) 11-15   1994年
ロードプライシングを中心とした自動車と環境の意識に関する構造分析
大阪交通科学研究会 平成6年度学術研究発表会講演論文集   11-12   1994年
自転車交通の現状と課題-「サイクル都市」づくりをめざして-
都市と交通   (29) 11-15   1994年
阪神・淡路大震災における障害者の被災と今後の課題
総合都市研究   (57) 141-150   1995年
交通の相互補完システム-阪神・淡路大震災の教訓を踏まえて-
都市問題研究   47(12) 27-36   1995年
ロードプライシングの賛否を中心とした交通と環境の意識に関する住民の意識構造分析
土木計画学研究・論文集   (12) 747-756   1995年
モビリティ確保の視点からみた高齢者対応型バス計画についての一考察
土木学会論文集   (518/IV-20) 43-54   1995年
交通困難者の概念と交通需要について
土木学会論文集   (518/VI-28) 31-42   1995年
高齢者の交通形態別等価時間係数の推定
生産技術誌   47-1-59-62    1995年
ストックホルムにおけるパッケージ型ロードプライシング政策について
都市と交通   (40) 51-54   1996年
新規駐車場への転換特性とそれを考慮した需要予測に関する研究
土木計画学研究・論文集   (13) 695-702   1996年
パッケージアプローチによるロードプライシングの賛否意識の変化特性と効果分析
土木学会論文集   (536/IV-31) 35   1996年
高齢社会と歩行空間
道路   663 14-15   1996年
一般化時間を組み込んだ高齢者対応型バスへの交通手段転換モデル構築に関する研究
第32回日本都市計画学会学術研究論文集   (32) 643-648   1997年
高齢者の交通負担感を反映したバス停間隔評価の試み
土木計画学研究・論文集   (14) 687-693   1997年
阪神高速道路神戸線の復旧方法に関する住民選好意識
阪神高速道路神戸線の復旧方法に関する住民選好意識   547-552   1997年
震災後の被災地域住民の通勤交通手段に関する分析
第2回阪神・淡路大震災に関する学術講演会論文集   535-540   1997年
利用頻度を考慮した高令者対応型バスの需要予測に関する研究
土木計画学研究・論文集   (16) 793-800   1999年
ロードプライシングを中心とした統合交通政策について
都市問題研究   52(10) 27-41   2000年
オックスフォードの新交通戦略
交通工学   35(5) 48-56   2000年
利用者サイドからみたノンステップバスの評価に関する研究-高齢者・身体障害者・乘客を対象として-
土木計画学研究・論文集   (17) 907-914   2000年
新田 保次, 都 君燮
土木学会論文集第(]G0004[)部門   (646) 37-45   2000年
英国の新交通政策とロードプライシング
交通科学   31(1-2) 30-35   2001年

書籍等出版物

 
高速道路とクルマ社会-英国の道路交通政策の変遷
新田 保次 (担当:共訳)
学芸出版社   1991年   
都市と地域の交通問題-その現状と政策課題- 地域と自治体21集
新田 保次 (担当:分担執筆)
自治体研究社   1993年   
地方自治・21世紀への提言
新田保次 (担当:分担執筆)
公職研   1993年   
これからの安全都市づくり−阪神, 淡路大震災の教訓を踏まえて−
新田 保次 (担当:分担執筆)
学芸出版社   1995年   
クルマ依存社会-自動車排出ガス汚染から考える
新田 保次
実教出版   1995年   
講座 高齢社会の技術 6移動と交通
新田 保次 (担当:分担執筆)
日本評論社   1996年   
21世紀の地域像-都市と空港の文明論
新田 保次 (担当:分担執筆)
関西空港調査会   1997年   
エース 土木システム計画
新田 保次 (担当:編者)
朝倉書店   1998年   
自転車の役割とマネジメント 交通計画集成7
新田 保次 (担当:分担執筆)
地域科学研究会   1998年   
阪神・淡路大震災調査報告 土木・地盤第10巻交通施設と農業施設の被害と復旧
新田 保次 (担当:分担執筆)
丸善   1998年   
地球総合工学入門−地球と調和する生活空間をめざして−
新田 保次 (担当:分担執筆)
大阪大学出版会   1999年   
土木用語大辞典
新田 保次 (担当:分担執筆)
技報堂出版   1999年   
まちづくりのための交通戦略-パッケージアプローチのすすめ
新田保次 (担当:共著)
学芸出版社   2000年   
社会公共政策への提言〜関西から全国へ問いかける〜
新田保次 (担当:分担執筆)
日本工業新聞社   2000年   
交通混雑の経済分析-ロードプライシング研究 日本交通政策研究会研究双書15
新田 保次 (担当:分担執筆)
勁草書房   2001年   
交通バリアフリー法に基づく基本構想策定の手引き‐先進事例に学ぶ
新田 保次 (担当:分担執筆)
大成出版社   2002年   
imidasイミダス2003
新田 保次 (担当:分担執筆)
集英社   2003年   
環境都市計画事典
新田 保次 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2004年   
新しい自治体の設計3 持続可能な地域社会のデザインー生存とアメニティの公共空間
新田 保次 (担当:分担執筆)
有斐閣   2004年   
imidasイミダス2004
新田 保次 (担当:分担執筆)
集英社   2004年   
参加型福祉の交通まちづくり
新田 保次 (担当:分担執筆)
学芸出版社   2005年   
imidasイミダス2005
新田 保次 (担当:分担執筆)
集英社   2005年   
imidasイミダス2006
新田 保次 (担当:分担執筆)
集英社   2006年   
日本の交通バリアフリー~理解から実践へ
新田 保次 (担当:分担執筆)
学芸出版社   2008年   
<改訂版>まちづくりのための交通戦略-パッケージアプローチのすすめ
新田 保次 (担当:分担執筆)
学芸出版社   2010年   
図説 わかる土木計画
新田 保次 (担当:監修)
学芸出版社   2013年   

競争的資金等の研究課題

 
大都市部における交通需要マネジメントのあり方に関する研究
その他の研究制度
高令社会におけるの交通バリアフリーシステム整備に関する研究
その他の研究制度
持続可能な交通システムのあり方に関する研究
その他の研究制度
自転車都市の構築に関する研究
その他の研究制度