山本 隆

J-GLOBALへ         更新日: 09/06/09 00:00
 
アバター
研究者氏名
山本 隆
 
ヤマモト タカシ
所属
旧所属 大阪大学 大学院人間科学研究科 人間科学専攻
職名
教授,教授
学位
歯学博士, 歯学博士(大阪大学), 歯科医師(大阪大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1972年
 - 
1977年
 大阪大学歯学部助手
 
1977年
 - 
1985年
 大阪大学歯学部講師
 
1986年
 - 
1991年
 大阪大学歯学部助教授
 
1991年
 - 
2000年
 大阪大学人間科学部教授
 
2000年
   
 
- 大阪大学大学院人間科学研究科教授
 

学歴

 
 
 - 
1972年
大阪大学 歯学研究科 口腔生理学
 
 
 - 
1972年
大阪大学 歯学研究科 
 
 
 - 
1968年
大阪大学 歯学部 歯学科
 
 
 - 
1968年
大阪大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
 
   
 
日本生理学会  評議員
 
2000年
   
 
日本味と匂学会  会長
 
 
   
 
歯科基礎医学学会  評議員
 
2003年
 - 
2005年
日本咀嚼学会  評議委員
 
2002年
   
 
日本官能評価学会  理事
 

受賞

 
1986年
中西賞(日本味と匂学会賞)
 
2001年
キリン賞(日本味と匂学会)
 
2002年
三島海雲記念財団研究奨励賞
 
2003年
安藤百福賞
 
2003年
安藤百福賞基礎部門優秀賞
 

Misc

 
A neurophysiological study on astringent taste.
Japanese Journal of Physiology   19(6) : 851-865    1969年
A neurophysiological study on the taste of cupric ions.
Japanese Journal of Physiology   21(4) : 359-374    1971年
Inhibitory effect of cupric and zinc ions on sweet taste response in the rat.
Journal of Osaka Univ. Dental School   11 : 99-104    1971年
Gustatory responses from circumvallate and foliate papillaeof the rat.
Journal of Physiol. Soc. Japan   34(2) : 83-84    1972年
A model of neural code for taste quality.
Physiology and Behavior   9(4) : 559-563    1972年

書籍等出版物

 
うま味刺激と脳の活動
うま味-味覚と食行動-共立出版   1993年   
味覚の認知学習に関する脳神経機構
ブレインサイエンス最前線'94 講談社   1993年   
おいしさの知覚
おいしさの科学 朝倉書店   1994年   
Discrimination of taste between polysaccharides and common sugars in rats and mice
OLFACTION AND TASTE XI Springer-Verlag   1994年   
Artificial neural networks analyze response patterns of cortical taste neurons in the rat
OLFACTION AND TASTE XI Springer-Verlag   1994年   

Works

 
mNav2.3ノックアウトマウスの味覚異常の探索
1999年 - 2001年
味覚情報の神経伝達に関与する機能性分子の探索とその役割の解明
2004年
味覚についての情動行動ならびに学習と記憶の脳機構に関する神経科学的研究
2004年
味覚情報の神経伝達に関与する機能性分子の探索とその役割の解明
2005年
味の認知から情動性、嗜好性および食行動発現に至る脳機構に関する神経科学的研究
2005年

競争的資金等の研究課題

 
味覚認知の脳神経機構
食行動に関する神経科学的研究
情動学習の脳機構

特許

 
味パルス刺激装置
3702337