黒坂 昌弘

J-GLOBALへ         更新日: 15/11/26 03:46
 
アバター
研究者氏名
黒坂 昌弘
 
クロサカ マサヒロ
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
教授
学位
医学博士(神戸大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1983年3月
神戸大学 大学院医学研究科博士課程修了  
 

委員歴

 
 
   
 
日本臨床スポーツ医学会  理事
 
 
   
 
日本膝関節学会  常任理事
 
 
   
 
日本整形外科学会  代議員
 
 
   
 
日本関節鏡学会  理事
 
 
   
 
国際関節鏡・膝・スポーツ医学会  理事
 

受賞

 
2015年3月
日本軟骨代謝学会 第20回日本軟骨代謝学会賞 マウスにおける軟骨内Sirt1欠損は機械的ストレスや加齢によって変形性関節症を促進する
受賞者: 松崎時夫, 松下雄彦, 高山孝治, 髙山孝治, 松本知之, 西田康太郎, 黒田良祐, 黒坂昌弘
 
2014年4月
中部日本整形外科災害外科学会 第122回中部日本整形外科災害外科学会奨励賞 転移性脊椎腫瘍に対する手術成績 -手術、非手術例の生命予後、全身状態、日常生活動作に関する前向き研究-
受賞者: 角谷賢一朗, 酒井良忠, 前野耕一郎, 高田徹, 黒坂昌弘, 西田康太郎
 
2013年5月
International Society of Arthroscopy,Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine patellofemoral research excellence award A Simulation of the Optimal Femoral Insertion Site in Medial Patellofemoral Ligament Reconstruction
受賞者: ShinyaOka, TakehikoMatsushita, SeijiKubo, TomoyukiMatsumoto, YuichiroNishizawa, TokioMatsuzaki, KantoNagai, MasahiroKurosaka, RyosukeKuroda
 
2013年4月
中部日本整形外科災害外科学会 第120回中部日本整形外科災害外科学会奨励賞 椎間板変性では脊索由来細胞の消失が細胞外基質の分解を惹起する―ラット椎間板多段階変性モデルにおける検討―
受賞者: 平田裕亮, 由留部崇, 角谷賢一朗, 山本潤哉, 蔵川拓外, 宮崎真吾, 前野耕一郎, 高田徹, 黒坂昌弘, 西田康太郎
 
2012年6月
日本骨折治療学会 2012年度日本骨折治療学会学会賞 低出力超音波パルスは骨折血腫由来細胞の骨・軟骨分化を促進し骨癒合促進に作用する
受賞者: 新倉隆宏, 李相亮, 黒坂昌弘
 

論文

 
Influence of Intraoperative Soft Tissue Balance on Postoperative Active Knee Extension in Posterior-Stabilized Total Knee Arthroplasty
Nagai K, Muratsu H, Matsumoto T, Takahara S, Kuroda R, Kurosaka M
J Arthroplasty   30(7) 1155-9   2015年7月   [査読有り]
The tibia first technique with tensor measurement is useful to predict the soft tissue tension after implantation in unicompartmental knee arthroplasty
Takayama K, Matsumoto T, Muratsu H, Ishida K, Shibanuma N, Araki D, Matsushita T, Kuroda R, Kurosaka M
Int Orthop   39(4) 667-71   2015年4月   [査読有り]
Oxidative stress-induced apoptosis and matrix loss of chondrocytes is inhibited by eicosapentaenoic acid
Sakata S, Hayashi S, Fujishiro T, Kawakita K, Kanzaki N, Hashimoto S, Iwasa K, Chinzei N, Kihara S, Haneda M, Ueha T, Nishiyama T, Kuroda R, Kurosaka M
J Orthop Res   33(3) 359-65   2015年3月   [査読有り]
Cyclin-dependent kinase inhibitor p21 does not impact embryonic endochondral ossification in mice
Chinzei N, Hayashi S, Hashimoto S, Kanzaki N, Iwasa K, Sakata S, Kihara S, Fujishiro T, Kuroda R, Kurosaka M
Mol Med Rep   11(3) 1601-8   2015年3月   [査読有り]
Functional impact of integrin α5β1 on the homeostasis of intervertebral discs: a study of mechanotransduction pathways using a novel dynamic loading organ culture system
Kurakawa T, Kakutani K, Morita Y, Kato Y, Yurube T, Hirata H, Miyazaki S, Terashima Y, Maeno K, Takada T, Doita M, Kurosaka M, Inoue N, Masuda K, Nishida K
Spine J   15(3) 417-26   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
最新基礎科学 知っておきたい 自家末梢血CD34陽性細胞による偽関節治療
松本 知之, 新倉 隆宏, 黒坂 昌弘, 黒田 良祐
臨床整形外科   50(1号) 32-35   2015年1月
骨関節の再生医療の現状と展望 自家末梢血CD34陽性細胞を用いた骨・血管再生療法に関する第I・II相臨床試験
松本 知之, 新倉 隆宏, 川上 洋平, 福井 友章, 美舩 泰, 李 相亮, 川本 篤彦, 黒坂 昌弘, 浅原 孝之, 黒田 良祐
日本整形外科学会雑誌   89(1号) 26-32   2015年1月   [査読有り][依頼有り]
【膝半月板損傷に対する半月板縫合術・切除術】 手術のバリエーション 半月板縫合術
松下 雄彦, 黒田 良祐, 黒坂 昌弘
整形外科Surgical Technique   4(6号) 665-673   2014年12月   [依頼有り]
石灰化病変により手根管症候群をきたした1例
鈴木 孝洋, 乾 淳幸, 美舩 泰, 無藤 智之, 原田 義文, 高瀬 史明, 植田 安洋, 国分 毅, 黒坂 昌弘
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   57(5号) 1203-1204   2014年9月
ラット腱板断裂に対するヒト腱板由来細胞シートを用いた腱板修復術
原田 義文, 美舩 泰, 国分 毅, 乾 淳幸, 無藤 智之, 高瀬 史明, 黒坂 昌弘
日本整形外科学会雑誌   88(8号) S1439   2014年8月

書籍等出版物

 
最新関節リウマチ学-寛解・治療を目指した研究と最新治療- / DcR3による遺伝子発現誘導
林申也, 三浦靖史, 黒坂昌弘 (担当:共著)
日本臨床社   2014年4月   
標準整形外科学 第12版 / 整形外科領域における手術の特徴
黒坂昌弘
医学書院   2014年2月   
膝靱帯手術のすべて / 靭帯再建後再断裂に対するRevision Surgery 再再建術と私のポイント
松下雄彦, 松本知之, 黒田良祐, 黒坂昌弘
メジカルビュー社   2013年3月   
靭帯手術のすべて / 再再建術と私のポイント
松下雄彦, 黒田良祐, 松本知之, 黒坂昌弘
メジカルビュー   2013年   
運動器診療最新ガイドライン / 膝関節部痛の診療指針
酒井良忠, 黒坂昌弘
総合医学社   2012年5月   

講演・口頭発表等

 
マウスにおける軟骨内Sirt1欠損は機械的ストレスや加齢によって変形性関節症を促進する [招待有り]
松崎 時夫, 松下 雄彦, 高山 孝治, 松本 知之, 西田 康太郎, 黒田 良祐, 黒坂 昌弘
第28回日本軟骨代謝学会   2015年3月   日本軟骨代謝学会
シンバスタチンは半月板修復を促進する [招待有り]
張 樹蓉, 松下 雄彦, 黒田 良祐, 松崎 時夫, 岡 真也, 長井 寛斗, 高山 孝治, 松本 知之, 上藤 淳郎, 中野 直樹, 田畑 泰彦, 黒坂 昌弘
第28回日本軟骨代謝学会   2015年3月   日本軟骨代謝学会
脛骨骨折髄内釘手術後回旋変形治癒の症例報告と文献的考察 [招待有り]
新倉 隆宏, 李 相亮, 岩倉 崇, 黒坂 昌弘
第28回日本創外固定・骨延長学会   2015年3月   日本創外固定・骨延長学会
【緒言】脛骨骨幹部骨折の手術治療は、横止め髄内釘の普及により安定した成績が得られるようになってきている。しかし合併症の一つに回旋変形がある。有症状の外旋変形治癒に髄内釘を温存した経皮的骨切りで治療した一例を報告するとともに、文献的考察を加える。【症例】49歳男性で、脛骨遠位骨幹部のらせん骨折に対し、横止め髄内釘を用いた内固定手術を受けた。術後すぐから患肢の外旋に気付いたとのことである。主治医に問うも、許容範囲の回旋変形であるとの説明を受けた。骨癒合は得られ、歩行可能となったが、足関節痛、膝...
炭酸ガス経皮吸収の継続期間が骨折治癒に与える影響 [招待有り]
岩倉 崇, 新倉 隆宏, 李 相亮, 黒田 良祐, 黒坂 昌弘
第28回日本創外固定・骨延長学会   2015年3月   日本創外固定・骨延長学会
【背景】我々はこれまでに,炭酸ガス経皮吸収が骨折部の血管新生・血流増加,軟骨内骨化の促進を介して,骨折治癒を加速することを報告した.しかしながら,骨折治癒促進に適した治療期間は不明であった.【目的】炭酸ガス経皮吸収の継続期間が骨折治癒に与える影響を検討することとした.【対象と方法】ラット大腿骨の閉鎖性骨折モデルを作成し,骨折肢に対して炭酸ガス経皮吸収を骨折後1週間,2週間,3週間連続で実施した群(炭酸ガス1週群,2週群,3週群)と,sham treatmentを行った群(コントロール群)間...
不安定型骨盤輪骨折に対する新しい骨盤創外固定法の比較-第2報- [招待有り]
大江 啓介, 長宗 高樹, 新倉 隆宏, 李 相亮, 黒田 良祐, 黒坂 昌弘
第28回日本創外固定・骨延長学会   2015年3月   日本創外固定・骨延長学会

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2005年       代表者: 村津 裕嗣
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2005年       代表者: 黒田 良祐
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2005年       代表者: 長宗 高樹
科学研究費補助金/特別研究促進費
研究期間: 2007年       代表者: 久保 晴司
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2010年       代表者: 陳 隆明