具 英成

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/08 04:51
 
アバター
研究者氏名
具 英成
 
グ エイセイ
所属
神戸大学
部署
大学院医学研究科 医科学専攻
職名
教授
学位
医学博士(神戸大学)

研究キーワード

 
 

学歴

 
 
 - 
1983年3月
神戸大学 大学院医学研究科博士課程修了  
 

委員歴

 
 
   
 
日本消化器外科学会  評議員
 
 
   
 
日本外科学会  評議員
 
 
   
 
日本消化器病学会  評議員
 
 
   
 
日本移植学会  評議員
 
 
   
 
日本肝臓学会  評議員
 

論文

 
Recommendation of treatment strategy for postpancreatectomy hemorrhage: Lessons from a single-center experience in 35 patients
AsariS, MatsumotoI, ToyamaH, YamaguchiM, OkadaT, ShinzekiM, GotoT, AjikiT, FukumotoT, KuY
Pancreatology      2016年2月   [査読有り]
A Novel Technique for the Intraoperative Identification of Biliary Drainage Areas in the Liver after Hepatobiliary Resection for Perihilar Cholangiocarcinoma
FukumotoT, UradeT, KidoM, TakebeA, AjikiT, ToyamaH, MatsumotoI, KuY
J Am Coll Surg      2016年1月   [査読有り]
BSEP and MDR3: Useful Immunohistochemical Markers to Discriminate Hepatocellular Carcinomas From Intrahepatic Cholangiocarcinomas and Hepatoid Carcinomas
FujikuraK, YamasakiT, OtaniK, KanzawaM, FukumotoT, KuY, HiroseT, ItohT, ZenY
Am J Surg Pathol   00(00) 1-7   2016年1月   [査読有り]
Fabrication of a magnesium alloy with excellent ductility for biodegradable clips
IkeoN, NakamuraR, NakaK, HashimotoT, YoshidaT, UradeT, FukushimaK, YabuuchiH, FukumotoT, KuY, MukaiT
Acta Biomater   29 468-76   2016年1月   [査読有り]
Proposal of a new staging system for intrahepatic cholangiocarcinoma: Analysis of surgical patients from a nationwide survey of the Liver Cancer Study Group of Japan
SakamotoY, KokudoN, MatsuyamaY, SakamotoM, IzumiN, KadoyaM, KanekoS, KuY, KudoM, TakayamaT, NakashimaO;LiverCancerStudyGroupofJapan
Cancer   122(1) 61-70   2016年1月   [査読有り]

Misc

 
手術手技 門脈血栓症を合併したレシピエントに対する肝移植
木下秘我, 蔵満薫, 武部敦志, 木戸正浩, 福本巧, 具英成
手術   69(12号) 1721-1726   2015年11月   [査読有り]
【Neoadjuvant therapyの最新の動向-がんの治療戦略はどのように変わっていくのか】 がん種別 術前補助療法の臨床的意義と今後の方向性 肝細胞癌に対するneoadjuvant chemotherapy
田中基文, 福本巧, 具英成
臨床外科   70(7号) 838-843   2015年7月   [査読有り]
手術手技 ラジオ波焼灼療法後再発肝細胞癌に対する肝切除
武部敦志, 福本巧, 具英成
手術   69(5号) 753-759   2015年4月   [査読有り]
【最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向-】 肝癌の治療 外科的治療 高度進行肝癌の外科治療
福本 巧, 木戸 正浩, 武部 敦志, 田中 基文, 具 英成
日本臨床   73(増刊1 最新肝癌学) 693-698   2015年1月   [査読有り]
【膵悪性腫瘍に対する手術;エビデンス、術式と適応、手術手技のエッセンス】 重症急性膵炎合併・随伴性膵炎既往症例に対する膵頭十二指腸切除術
後藤 直大, 外山 博近, 浅利 貞毅, 木下 秘我, 蔵満 薫, 松本 拓, 田中 基文, 武部 敦志, 木戸 正浩, 松本 逸平, 味木 徹夫, 福本 巧, 具 英成
消化器外科   38(1号) 45-55   2015年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
Neoadjuvant Chemotherapy ? Current Applications in Clinical Practice / Percutaneous Pelvic Perfusion with Extracorporeal Chemofiltration for Advanced Uterine Cervical Carcinoma
Motoyama S, Hamana S, Yoshida S, Deguchi M, Yamasaki M, Ku Y
Intech   2012年   
Venous Embolization of the Liver: Radiologic and Surgical Practice / Hepatic Vein Embolization
Ku Y
Springer   2011年8月   
Induction chemotherapy - Integrated Treatment Programs for Locally Advanced Cancers / Induction Chemotherapy for Hepatocellular Carcinoma
Ku Y
Springer   2011年   
Surgery of the liver, biliary tract and pancreas, 4th edition / Isolated hepatic perfusion for extensive liver cancers
Ku Y
SAUNDERS Elsevier   2007年   

講演・口頭発表等

 
Stenotic involvement of the main pancreatic duct is a preoperative predictor of metastases of pancreatic neuroendocrine tumors [招待有り]
Nanno Y, Goto T, Asari S, Toyama H, Fukumoto T, Ku Y
Asian Pacific Digestive Week   2015年12月   
シンポジウム17 司会 [招待有り]
具 英成
第28回日本内視鏡外科学会総会   2015年12月   関西医科大学
ソフト凝固とイオアドバンス電極を用いた腹腔鏡下脾温存尾側膵切除術(Lap-SPDP)手技 [招待有り]
外山 博近, 後藤 直大, 浅利 貞毅, 寺井 祥雄, 石田 潤, 南野 佳英, 木戸 正浩, 水本 拓也, 上田 悠貴, 味木 徹夫, 松本 拓, 篠﨑 健太, 武部 敦志, 福本 巧, 具 英成
第28回日本内視鏡外科学会総会   2015年12月   関西医科大学
「当科におけるアルコール性肝硬変に対する生体肝移植の検討」
蔵満 薫, 福本 巧, 木戸 正浩, 田中 基文, 木下 秘我, 寺井 祥雄, 松本 拓, 後藤 直大, 浅利 貞毅, 外山 博近, 味木 徹夫, 具 英成
第32回近畿肝移植検討会プログラム   2015年12月   アステラス製薬株式会社
胆道ジスキネジーに対する単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術 [招待有り]
味木 徹夫, 松本 拓, 篠﨑 健太, 浅利 貞毅, 後藤 直大, 外山 博近, 木戸 正浩, 福本 巧, 具 英成
第28回日本内視鏡外科学会総会   2015年12月   関西医科大学

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 武部 敦志
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 浅利 貞毅
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 味木 徹夫
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2011年       代表者: 松本 逸平
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2010年       代表者: 福本 巧