竹内 孝江

J-GLOBALへ         更新日: 17/08/29 02:52
 
アバター
研究者氏名
竹内 孝江
 
タケウチ タカエ
URL
http://researchmap.jp/read0015361/
所属
奈良女子大学
職名
准教授,IUPAC Titular member (2016-2017, Div. V),日本学術会議 連携会員 「化学分野の参照基準策定分科会」幹事 「分析化学分科会」幹事 「IUPAC分科会」委員,日本学術振興会 研究開発専門委員会委員
学位
学術博士(奈良女子大学), 理学修士(奈良女子大学)
その他の所属
奈良女子大学奈良女子大学奈良女子大学奈良女子大学奈良女子大学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
2018年
:(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「エネルギー・環境新技術先導プログラム/ビッグデータ適応型の革新的検査評価新技術の研究開発」に関する調査委員会委員(課題C)
 
2016年
 - 
2017年
:国際純正・応用化学連合(IUPAC) Titular Member
 
2014年
 - 
2020年
:第23・24期日本学術会議連携会員
 
2013年
 - 
2016年
:独立行政法人産業技術総合研究所客員研究員
 
2012年
   
 
-:国立大学法人 奈良女子大学 准教授 研究院自然科学系(理学部・大学院人間文化研究科・共生科学研究センター担当)
 

学歴

 
 
 - 
1985年
奈良女子大学大学院 人間文化研究科 生活環境学専攻
 
 
 - 
1982年
奈良女子大学大学院 理学研究科 化学専攻
 
 
 - 
1980年
奈良女子大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2016年4月
   
 
ケイ素化学協会  
 
2016年4月
   
 
ケイ素化学協会  理事
 
2015年5月
   
 
日本プロテオーム学会  
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本質量分析学会  
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本質量分析学会  スペクトルデータ部会部会長
 

受賞

 
2001年
文部科学省 第60回注目発明
 
1997年
1997年度日本質量分析学会奨励賞
 
1996年
1996年度質量分析連合討論会ポスター賞
 
1994年
公益信託 林女性自然科学者研究助成基金
 
1994年
1994年度質量分析連合討論会ポスター賞
 

Misc

 
竹内 孝江, Tohru Yamagaki, Michika Takeuchi2, Takehiro Watanabe1, Kohtaro Sugahara1 and Takae Takeuchi
Rapid Communications in Mass Spectrometry   30 2650-2654   2016年
竹内 孝江, Asakawa, Daiki; Yamashita, Asuka; Kawai, Shikiho; Takeuchi, Takae; Wada, Yoshinao
The Journal of Physical Chemistry Part B   120(1) 891-901   2015年
Air Modification Apparatus by Using a UV Lamp and Corona Discharge
竹内 孝江, M. Kiuchi, H. Sakurai, S. Kitagawa, T. Takeuchi
Plasma Medicine   4(1-4) 131-135   2014年
竹内 孝江, Daiki Asakawa, Takae Takeuchi, Asuka Yamashita and Yoshinao Wada
J. Am. Soc. Mass Spectrom.   25(6) 1029-1039   2014年
イオン反応研究部会の歴史 Letter to the Editor
竹内 孝江
J. Mass Spectrom. Soc. Jpn.   62(2) 15-23   2014年

書籍等出版物

 
化学実験テキスト第4版(下)
新踏社   2015年   ISBN:978-4-87806-130-1
Microbial Biodeterioration of Cultural Property
National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo (NRICPT)   2013年   
「微生物の簡易迅速検査法」 第9章第5節 文化財の微生物汚染と簡易迅速検査法
株式会社テクノシステム   2013年   ISBN:978-4-924728-69-1
現代質量分析学 基礎原理から応用研究まで
化学同人   2013年   ISBN:978-4-7598-1413-2
平成23年度文部科学省科学技術人材育成費補助金女性研究者養成システム改革加速事業「伝統と改革が創る次世代女性研究者養成拠点」事業報告書
奈良女子大学男女共同参画推進室 女性研究者養成システム改革推進本部   2012年   

講演・口頭発表等

 
低エネルギー有機ケイ素イオンビームの生成とSiC等成膜への応用
第78回応用物理学会秋季学術講演会   2017年   
Real Time Monitoring of Microbial Volatile Metabolites of Solid-derived Fungi via Ambient Ionization Mass Spectrometry I. P. paneum, F. solani, A. fumigatus and A. nidulans
日本化学会第97春季年会 1PB-130   2017年   
質量スペクトルのフラグメンテーション反応機構の研究―理論的アプローチ
第156回 質量分析関西談話会/第67回イオン反応研究会 合同講演会   2017年   
文化財保全環境モニター開発―土壌由来のカビの検出イオンモビリティースペクトロメトリー(招待講演)
サントリー生命科学財団 生物有機科学研究所シンポジウム   2016年   
Ab initio Study of Reaction Mechanisms for Formation of PCB Isomers With o-Dichlorophenyl Radicals
The 9th International PCB Workshop   2016年   

Works

 
計算化学による香粧品関連成分の異性化/開裂機構の解析
2017年1月 - 2017年12月
計算化学に基づく質量分析計内で起こるイオン反応の解明による未知化合物構造決定への展開
2013年5月 - 2014年3月
リン酸化ペプチドのマトリックス支援レーザー脱離衝突誘起解離マススペクトルにおけるフラグメンテーション理論の構築
2012年4月 - 2013年3月
飲料水の異味異臭原因解明のための微生物由来揮発性有機化合物(MVOC)の分析方法の開発)
2012年4月 - 2012年9月
リン酸化ペプチドのマトリックス支援レーザー脱離衝突誘起解離マススペクトルにおけるフラグメンテーションのエネルギー依存性に関する研究
2010年8月 - 2011年7月

競争的資金等の研究課題

 
マススペクトルのフラグメンテーション機構の理論的研究
その他の研究制度
研究期間: 1979年   
マススペクトルのフラグメンテーション機構の理論的研究
カビ臭の質量分析およびイオンモビリティ分析によるカビ種推定ソフトウェアの研究(イオンモビリティースペクトロメトリーによる土壌由来カビ検出データベースの構築)
先端技術開発研究
研究期間: 2009年   
不安定化学種の捕捉・同定
その他の研究制度
研究期間: 1998年 - 2009年
気相反応におけるケイ素-ケイ素多重結合の生成に関する研究
フーリエ変換イオンサイクロトロン共鳴質量分析法による有機ケイ素の気相イオン-分子反応の研究
研究期間: 1995年   
超分子複合体の金属錯体イオンの気相イオン-分子反応の機構
研究期間: 2004年 - 2009年
超分子複合体の金属錯体イオンの気相イオン-分子反応の機構

特許

 
IMSドリフトタイム予測装置、IMSドリフトタイム予測方法およびプログラム
特開2014-102149
特定カビ種存在判定システム、特定カビ種存在判定関数取得装置、特定カビ種存在判定装置、特定カビ種存在判定方法、及びプログラム
特許公開2014-87282
質量分析スペクトル解析装置
特許公開2008-128849
質量分析を用いたペプチド同定方法及び同定装置
特許公開2007-187501
金ヒドロキソ陰イオン錯体溶液及び金ナノ粒子担持体の製造方法
特許第5740658号