松田 英幸

J-GLOBALへ         更新日: 12/02/22 15:32
 
アバター
研究者氏名
松田 英幸
 
マツダ ヒデユキ
URL
http://yoshiki.life.shimane-u.ac.jp/
所属
島根大学
部署
生物資源科学部 生命工学科
職名
名誉教授
学位
農学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1986年
 - 
1995年
島根大学農学部 教授
 
1995年
 - 
2006年
島根大学生物資源科学部 教授
 
2006年
 - 
現在
島根大学生物資源科学部 名誉教授
 

委員歴

 
1989年
   
 
日本農芸化学会  支部評議員,全国評議員
 
1992年
   
 
日本生化学会  評議員
 
1999年
 - 
2001年
日本生物工学会  評議員
 
1999年
 - 
2001年
日本キチン・キトサン学会  理事,編集委員
 

論文

 
Kawamoto H, Horibe A, Miki Y, Kimura T, Tanaka K, Nakagawa T, Kawamukai M, Matsuda H
Marine biotechnology (New York, N.Y.)   8(5) 481-490   2006年9月   [査読有り]
KAWAMOTO Hitoshi, MIKI Yasunari, KIMURA Takayuki, TANAKA Katsunori, NAKAGAWA Tsuyoshi, KAWAMUKAI Makoto, MATSUDA Hideyuki
Food science and technology research   12(3) 218-222   2006年8月   [査読有り]
Yakura M, Ozoe F, Ishida H, Nakagawa T, Tanaka K, Matsuda H, Kawamukai M
Genetics   172(2) 811-825   2006年2月   [査読有り]
Yun C, Matsuda H, Kawamukai M
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   70(2) 559-563   2006年2月   [査読有り]
Goldar MM, Jeong HT, Tanaka K, Matsuda H, Kawamukai M
Current genetics   48 345-355   2005年12月   [査読有り]

Misc

 
松田 英幸
ジャパンフ-ドサイエンス   48(7) 53-57   2009年7月
Regulation of ubiA and ubiC Genes Expression ; UbiA and UbiC are Involved in Ubiquinone Biosynthesis.(jointly worked)
Meeting on Yeast Cell Biology in Cold Spring Harbor Laboratory   87    1993年
Induction of the Enzymes That Degrade Chitin and Chitosan from Enterobacter sp. G-1.(jointly worked)
Bulletine of the Faculty of Agriculture, Shimane University   28 107-117   1994年
Isolation of Cyclophilin/peptidyl-prolyl isomerase genes from Arabidopsisi thaliana. (jointly worked)
4th Int. Cong. Plant Mol. Biol      1994年
Characterization of sam Mutations Which Induce Hyper-sporulation in Fusion Yeast.(jointly worked)
Yeast Genetics and Molecular Biology Meeting   169    1994年

書籍等出版物

 
微生物処理キトサンの生化学特性と生理機能(共著)
大成出版   1991年   
微生物処理キトサンの生物生産における効果(共著)
大成出版   1991年   
植物キチナーゼを用いたバイオ農薬の開発 
シーエムシー出版、キチン・キトサンの開発と応用   
Reconstitution of Photosynthe Oxygen Evolution in liposomes. In"Advance in photosynesis Research" Ed. Sybesma, .(jointly worked)
Martinus Nijhoff/Dr. W. Junk Publisher   1984年   
Poddinlr Role of Cytochrome b-559 in Photosynthesis. In "3xygen Evoving System of Photosynthesis" (jointly worked) Ed. By INOUE, Y. , et al
Academic Press   1983年   

Works

 
ユビキノン-10の機能解析とその生物工学的研究
微生物キトサナーゼによる生分解性電磁波シールド材のリサイクル
1999年 - 2001年
山芋キメラキチナーゼの微生物のよる大量生産とバイオ農薬への応用
2001年

競争的資金等の研究課題

 
キトサンとその関係酵素の機能解析と生物工学的研究
微生物の有用物質生産機能の遺伝子解析とその応用
Enterobacter sp. G-1のキチナーゼ遺伝子のクローニングとその解析
海藻モズクのフコイダンの機能解明とその応用
中小企業産業技術研究開発
研究期間: 1995年   
キトサン及びキトサナーゼの機能解析とその応用

特許

 
特許特許第4428486号 : モズク由来フコイダン含有剤
木村隆之、三木康成、川本仁志、松田英幸、川向誠、田中克典、中川強
特許第4034146号 : 薬剤の副作用抑制剤
木村隆之、三木康成、川本仁志、松田英幸、川向誠、田中克典、中川強
ユビキノン生産酵素遺伝子のクローニングとその大腸菌における形質発現
*
ユビキノン生合成鍵酵素ubiA遺伝子 特開平6-189775
*
ユビキノン-10の製造方法 特開平8-107789
*