水谷 雅年

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/14 18:01
 
アバター
研究者氏名
水谷 雅年
 
ミズタニ マサトシ
所属
吉備国際大学
部署
保健医療福祉学部 理学療法学科
職名
教授
学位
医学博士(岡山大学)
その他の所属
吉備国際大学大学院保健科学研究科吉備国際大学保健福祉研究所

研究分野

 
 

経歴

 
1994年10月
 - 
2006年3月
岡山県立大学短期大学部 助教授
 
2006年4月
   
 
吉備国際大学 教授
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本平滑筋学会  広報委員
 
1990年
   
 
日本生理学会  評議員
 
1992年
   
 
日本平滑筋学会  評議員
 

論文

 
Antidepressant-like effect of 1α-hydroxyvitamin D3 on mice in the forced swimming test.
Kawaura,A., Kitamura,Y., Tanida,N., Akiyama,J., Mizutani,M., Harada,K., Morishita,M., Inoue,S., Kano,Y., Okano,T., Takeda,E.
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   63(1) 81-84   2017年2月   [査読有り]
慢性腰痛者における腰部の臨床不安定性と股関節伸展運動時の背部筋群及び股関節伸展筋群の活動開始時間との関係
末廣忠延、水谷雅年、石田弘、小原謙一、藤田大介、大坂裕、高橋尚、渡邉進
理学療法科学   31(2) 329-333   2016年4月   [査読有り]
高齢心不全患者における歩行自立度の予後不良な集団特性と移動能力の回復過程に関する検討
北村匡大、齋藤圭介、水谷雅年、横井輝夫、八重倉政和、三村由美、永島ひとみ
理学療法学   43(1) 47-55   2016年2月   [査読有り]
大腿骨頸部骨折患者の栄養状態からみた歩行能力の経時的変化
岡本伸弘、増見伸、水谷雅年、齋藤圭介、原田和宏、中村浩一
理学療法科学   30(4) 523-527   2015年9月   [査読有り]
入院高齢患者における炭酸飲料を用いた嚥下運動改善の持続効果の検討
森下元賀、山上翔太、小林まり子、水谷雅年
吉備国際大学保健福祉研究所研究紀要   (16) 7-12   2015年3月
Effect of abduction and external rotation of the hip joint on muscle onset time during prone hip extension with knee flexion.
Tadanobu Suehiro, Masatoshi Mizutani, Hiroshi Ishida, Kenichi Kobara, Daisuke Fujita, Hiroshi Osaka, Hisashi Takahashi, Susumu Watanabe
The Journal of Physical Therapy Science   27(1) 289-291   2015年1月   [査読有り]
高齢大腿骨頸部骨折患者の栄養状態と歩行能力予後との関連性について
岡本伸弘、増見 伸、水谷雅年、齋藤圭介、原田和宏
理学療法科学   30(1) 53-55   2015年1月   [査読有り]
Individuals with chronic low back pain demonstrate delayed onset of the back muscle activity during prone hip extension.
Suehiro T, Mizutani M, Ishida H, Kobara K, Osaka H & Watanabe S
Journal of Electromyogaphy and Kinesiology      2015年   [査読有り]
Influence of hip joint position on muscle activity during prone hip extension with knee flexion.
Suehiro T, Mizutani M, Okamoto M, Ishida H, Kobara K, Fujita D, Osaka H, Takahashi H & Watanabe S
Journal of Physical Therapy Science   26(12) 1895-1898   2014年12月   [査読有り]
GLP-1中枢投与による反射性嚥下抑制を惹起する部位の同定
水谷諭史、小橋基、島谷祐一、藤田雅子、美藤純弘、水谷雅年、松尾龍二
日本味と匂学会誌   21(3) 245-248   2014年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
スタンダード生理学 第3版
水谷 雅年 (担当:分担執筆, 範囲:第9章 消化・吸収)
文光堂   2013年9月   
臨床生理学シリーズ6「腸」
水谷 雅年 (担当:分担執筆, 範囲:大腸の運動性と排便機能および便秘の病態生理)
南江堂   1990年   
腸壁内のopioid neuronによる粘膜内反射の調節.消化管ホルモンVII
医学図書出版   1987年   
粘膜内反射におけるセロトニンの役割.消化管ホルモン(XII).
医学図書出版,   1993年   
粘膜内反射に介在する5-HT3受容体の所在.消化管ホルモン(14)
医学図書出版   1995年   

講演・口頭発表等

 
上喉頭神経刺激によりc-fosを発現したNOS免疫陽性前胃部投射ニューロン
柳原 衛、水谷 雅年、小橋 基
コメディカル形態機能学会   2012年9月   
炭酸飲料摂取によって嚥下運動は改善するか? -電気生理学的解析ならびに官能評価を用いた基礎的検討-
森下元賀、森 佐苗、山上翔太、水谷雅年
第17回・第18回共催日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会   2012年8月   
上喉頭神経刺激による背側迷走神経複合体でのc-fos発現ニューロン
柳原 衛、水谷雅年、小橋 基
コメディカル形態機能学会 第9回学術集会   2010年9月11日   

担当経験のある科目

 

Works

 
消化管運動
1995年

競争的資金等の研究課題

 
健常人嚥下遅延モデルの作成とその有効性の検討
日本学術振興会: 学術研究助成基金
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 水谷 雅年
蠕動反射機構に関する研究
その他の研究制度
消化管運動の自律神経支配に関する研究
その他の研究制度
消化管運動の体液性調節に関する研究
その他の研究制度
摂食調節機能における消化管運動の役割
その他の研究制度