伊達 勲

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/11 02:55
 
アバター
研究者氏名
伊達 勲
 
ダテ イサオ
URL
http://neuro.hospital.okayama-u.ac.jp/
所属
岡山大学
部署
医歯薬学総合研究科
職名
教授
学位
医学博士(岡山大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1990年
 1988-1990 ロチェスター大学 研究員 研究員
 
1991年
 - 
1999年
 岡山大学医学部 助手
 
1999年
 - 
2003年
 岡山大学医学部 講師
 
2003年
   
 
- 岡山大学医歯薬学総合研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
岡山大学 医学研究科 脳神経外科学
 
 
 - 
1982年
岡山大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2009年
   
 
日本脳神経外科学会  理事 医療機器委員会委員長
 
2009年
   
 
日本脳神経外科コングレス  2009総会会長
 
2011年
   
 
日本脳卒中の外科学会  理事
 
2010年
   
 
日本医学英語教育学会  理事長
 
2009年
   
 
日本分子脳神経外科学会  2009学会会長、運営委員
 

受賞

 
1994年
日本脳神経外科学会ガレ-ヌス賞
 
1996年
岡山医学会新見賞
 
1998年
岡山医学会結城賞
 

Misc

 
Spinal cord stimulation exerts neuroprotective effects against experimental Parkinson's disease
Shinko A, Agari T, Kameda M, Yasuhara T, Kondo A, Tayra JT, Sato K, Sasaki T, Sasada S, Takeuchi H, Wakamori T, Borlongan CV, Date I
PLoS One   2014 Jul 10;9(7) e101468. doi: 10.1371/journal.pone.0101468. eCollection-e101468. doi: 10.1371/journal.pone.0101468. eCollection   2014年
Assessment of the difference in posterior circulation involvement between pediatric and adult patients with moyamoya disease
Hishikawa T, Tokunaga K, Sugiu K, Date I
J Neurosurg   119(4) 961-965   2013年
血液存在下での血管平滑筋細胞、内皮細胞へのadenovirusによる遺伝子導入
高橋健治, *伊達 勲, 中島正明, 佐藤元美, 大本堯史, 二宮善文, 浅利正二, 濱田洋文
脳血管攣縮      1999年
A Giant thrombosed aneurysm of the petrous carotid artery presenting with cavernous sinus syndrome: Case report.
*Date I, Sugiu K, Ohmoto T
Skull Base Surg      1999年
Evaluation of reaction of primate brain to grafted PC12 cells
Yoshida H, * Date I, Shingo T, Fujiwara K, Miyoshi Y, Furuta T, Ohmoto T
Cell Transplant      1999年

書籍等出版物

 
和英で引ける医学英語フレーズ辞典
メジカルビュー社   2013年   ISBN:9784758304382
Cerebral Vasospasm VI
Oslington Consulting PTY LTD   1999年   
Cerebral Vasospasm VI.
Oslington Consulting PTY LTD   1999年   
脳移植の最前線
中外医学社   1999年   
Stem Cell Biology and Cellular and Molecular Treatment
National Center of Neurology and Psychiatry   2000年   

講演・口頭発表等

 
神経疾患に対する細胞移植・再生療法:21世紀の再生医学の一分野として(特別講演)
第36回備後脳神経外科医会   2001年   
カプセル化神経栄養因子産生細胞脳内移植(シンポジウム)
日本薬学会第121年会   2001年   
神経疾患に対する細胞移植・再生療法(シンポジウム)
第9回細胞療法研究会   2001年   
胎仔および成体側脳室周囲の神経幹細胞由来ドパミンニューロンの大量誘導(シンポジウム)
第16回神経組織の成長・再生・移植研究会   2001年   
パーキンソン病に対する神経移植・再生療法:21世紀の再生医学の一分野として(特別講演)
第2回群馬パーキンソン病治療研究会   2001年   

Works

 
中枢神経系疾患に対する細胞移植の臨床応用の扉を開く:カプセル化と電気刺激を用いて
2014年 - 2017年
中枢神経系疾患に対する細胞移植の臨床応用の扉を開く:カプセル化と電気刺激を用いて
2014年 - 2017年
Bevacizumab誘導性脳腫瘍浸潤に対する新規治療法の開発
2014年 - 2017年
Bevacizumab誘導性脳腫瘍浸潤に対する新規治療法の開発
2014年 - 2017年
HMGB1を標的分子とする脳外傷・脊髄損傷の治療法開発
2012年 - 2015年

競争的資金等の研究課題

 
中枢神経系への神経組織の移植と再生に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1985年   
パーキンソン病、脳虚血、頭部外傷などの神経疾患に対して、細胞を脳内に移植することによって治療しようとする再生療法を研究している。
脳動脈瘤の治療に関する臨床的研究
その他の研究制度
研究期間: 1990年   
脳動脈瘤とくに症候性の脳動脈瘤について、診断、治療の臨床研究を行っている。
クモ膜下出血後の脳血管攣縮に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1998年   
くも膜下出血後の脳血管攣縮に対して、血管拡張物質を中心とする種々の治療法を検討している。遺伝子治療あるいは蛋白セラピーなどの先端的治療を目指している。
蛋白質セラピー法とバイオナノカプセルによる持続性脳腫瘍治療薬の開発
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2005年   
血管透過性蛋白11Rによる脳卒中の治療効果に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 2007年   

特許

 
外傷性神経障害治療剤
外傷性神経障害治療剤