杉本 朋貞

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/11 02:57
 
アバター
研究者氏名
杉本 朋貞
 
スギモト トモサダ
URL
http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~dentanatomy2/
所属
岡山大学
部署
医歯薬学総合研究科
職名
教授
学位
歯学博士(大阪大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年
   
 
- 岡山大学医歯薬学総合研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
大阪大学 歯学研究科 解剖学
 
 
 - 
1976年
大阪大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
1991年
   
 
日本解剖学会  評議員
 
1900年
   
 
日本神経科学学会  会員
 
1991年
   
 
歯科基礎医学会  評議員
 
1900年
   
 
International Brain Research Organization  会員
 
2009年
   
 
歯科基礎医学会  座長
 

Misc

 
Electron microscopic demonstration of nick end-labeled DNA fragments during capsaicin-induced apoptosis of trigeminal primary neurons in neonatal rats.
*T. Sugimoto, A. Takeyama, C. Xiao, T. Takano-Yamamoto and H. Ichikawa
Brain Res.      1999年
Expansion of thermonociceptive receptive field of dorsal horn neurons following a peripheral nerve injury.
Y. Fujiyoshi, C. Xiao, T. Takano-Yamamoto and *T. Sugimoto
Dentistry in Japan      1999年
Peptide 19 in the dorsal root ganglion and the mesencephalic trigeminal tract nucleus of the adult rat.
H. Ichikawa, J. I. Morgan and *T. Sugimoto
Brain Res.      1999年
Apoptotic cascade of neurons in the subcortical sensory relay nuclei following the neonatal infraorbital nerve transection.
*T. Sugimoto, C. Xiao, A. Takeyama, Y. F. He, T. Takano-Yamamoto, and H. Ichikawa
Brain Res.      1999年
Noxious tooth pulp stimulation suppresses c-fos expression in the rat hippocampal formation.
M. Funahashi , Yi-Fen He , *T. Sugimoto and R. Matsuo
Brain Res.      1999年

書籍等出版物

 
ネッター 頭頚部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス(原著第1版)
医歯薬出版株式会社   2012年   ISBN:9784263456538
ネッター 頭頚部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス(原著第2版)
医歯薬出版株式会社   2014年   ISBN:9784263457738

講演・口頭発表等

 
Effect of neonatal capsaicin on the c-fos response of subnucleus oralis neurons to noxious intraoral stimulation.
第104回日本解剖学会総会   1999年   
ラット新生仔三叉神経節でのBax蛋白用免疫活性とapoptosis.
第104回日本解剖学会総会.   1999年   
眼窩下神経切断によって脳内に誘発されるアポトーシス連鎖.
第22回日本神経科学大会(日本神経科学学会).   1999年   
シスプラチンの神経毒性.
第41回歯科基礎医学会総会.1999. 9. 24-25.   1999年   
ラット新生仔の神経切断による2次ニューロンの侵害刺激応答の変化.
第41回歯科基礎医学会総会.   1999年   

Works

 
神経損傷に起因する口腔顔面領域の病的疼痛の発症機序に関する研究         
2007年 - 2008年
神経損傷に起因する口腔顔面領域の病的疼痛の発症機序に関する研究         
2008年 - 2009年
神経損傷に起因する口腔顔面領域の病的疼痛の発症機序に関する研究         
2009年 - 2010年
三叉神経損傷による神経因性疼痛発症メカニズムの研究
2010年 - 2013年
三叉神経損傷による神経因性疼痛発症メカニズムの研究
2010年 - 2013年

競争的資金等の研究課題

 
末梢神経損傷が中枢神経系に及ぼす影響の研究
研究期間: 1981年   
神経障害性疼痛における中枢神経系のニューロンやグリア細胞の機能的変化について検討している。
三叉神経1次ニューロンの形態学的研究
研究期間: 1976年   
ニューロトロフィンとそのレセプターに関する研究
研究期間: 1992年 - 2008年