酒井 潔

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/18 16:41
 
アバター
研究者氏名
酒井 潔
 
サカイ キヨシ
所属
学習院大学
部署
文学部 哲学科
職名
教授
学位
文学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1983年4月
 - 
1985年3月
京都女子大学 文学部 専任講師(哲学・論理学担当)
 
1985年4月
 - 
1995年3月
岡山大学文学部 哲学科 助教授
 
1990年4月
 - 
1991年9月
フライブルク大学 哲学科 (岡山大学教官研修)
 
1995年4月
 - 
現在
学習院大学 文学部哲学科 教授
 
1997年8月
 - 
1997年11月
ヴッパ―タール大学 哲学科 客員研究員(ノルトラインーヴェストファーレン州政府ハインリッヒ・ヘルツ財団基金)
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1982年3月
京都大学大学院 文学研究科  哲学専攻 博士課程
 
1978年10月
 - 
1981年3月
ドイツ連邦共和国フライブルク大学(国際文化教育交流財団奨学生) 哲学科 
 
1982年4月
 - 
1983年3月
日本学術振興会奨励研究員 (受入)京都大学 
 

委員歴

 
2015年6月
 - 
現在
実存思想協会  理事長
 
2011年4月
 - 
現在
日本哲学会  評議員
 
2009年4月
 - 
現在
日本ライプニッツ協会  会長・理事
 
2001年6月
 - 
現在
実存思想協会  理事
 
1997年4月
 - 
現在
比較思想学会  評議員
 

受賞

 
1990年
山陽放送学術文化財団第21回谷口記念賞
 
1996年
比較思想学会 第8回研究奨励賞
 

論文

 
初期ライプニッツの「正義」概念―「衡平」aequitasを中心に
酒井 潔
イギリス哲学研究   (40) 5-17   2017年3月   [査読有り][招待有り]
Das Thomistische Paradigma von 'res-ratio-nomen' bei Leibniz
SAKAI Kiyoshi
Studia Leibnitiana Supplementa ("Leibniz im Lichte der Theologien")   (40) 19-33   2017年2月   [査読有り][招待有り]
Leibniz' Begriff der 'Justitia'. Mit Schwerpunkt auf der "aequitas"
SAKAI Kiyoshi
"Fuer Unser Glueck oder das Glueck Anderer"   VI 747-760   2017年2月   [査読有り][招待有り]
"Passive Synthesis" und "vis passiva". Versuch einer neuen Annaeherung an die Husserl-Leibniz-Problematik
SAKAI Kiyoshi
Studia Leibnitiana Supplementa ("300 Jahre Monadologie")   (39) 109-127   2017年1月   [査読有り][招待有り]
モナドロジーの哲学的射程―モナドの無窓性をめぐって―
酒井 潔
モルフォロギア ゲーテと自然科学   (37) 4-25   2015年10月   [招待有り]
『華厳経』と『モナドロジー』―村上俊江におけるライプニッツ受容―
酒井 潔
学習院大学東洋文化研究所編『東洋文化研究』   (16) 326-356   2014年3月   [招待有り]
『モナドロジー』最終部にみる神学思想のイムパクト」
酒井 潔
理想   (691) 97-110   2013年9月   [招待有り]
Warum gelingt es Leibniz, trotz aller scheinbaren Gegenbeispiele, diese Welt als die beste mögliche zu denken?
Kiyoshi Sakai
9.Leibniz-Festtage 2011/2012 Hannover   49-72   2013年8月   [査読有り][招待有り]
Die japanische Leibnizforschung in der Zeit des expansiven Ultranatonalismus
SAKAI Kiyoshi
Studia Leibnitiana Sonderhefte (""Leibniz" in der Zeit des Nationalsozialismus")   (42) 285-302   2013年   [査読有り][招待有り]
Das Potential von Leibniz’ Politischer Philosophie in der Théodicée im Blick auf die “ Liberals & Communitarians”-Kontroverse
SAKAI Kiyoshi
IX.Internationaler Leibniz-Kongress Nachtragsband   242-248   2012年3月   [査読有り][招待有り]
Sozialpolitische Leitbilder, Leibniz’ Grundsätze einer gerechten Sozialpolitik
Kiyoshi Sakai
Studia Leibnitiana   40(2) 153-167   2011年   [査読有り][招待有り]
Gottfried Wilhelm Leibniz und Kitaro Nishida. Die Frage nach dem wahren Selbst
Kiyoshi Sakai
Studia Leibnitiana   40(1) 92-113   2011年   [査読有り][招待有り]
「ライプニッツ『弁神論』にみる政治哲学的ポテンシャル」
酒井 潔
フランス哲学・思想研究   (15) 52-66   2010年10月   [招待有り]
Rombach und Nishida. Anhand ihrer Leibniz-Interpretationen
Kiyoshi Sakai
182-197   2010年
Kiyoshi Sakai & Keisuke Nagatsuna, Alfred Schutz and G.W.Leibniz: On Theodicy
Kiyoshi Sakai
217-228   2009年
「中世哲学の総合者としてのライプニッツ―ratioと signumをめぐって―」
酒井 潔
理想   (683) 122-135   2009年
「三宅剛一のフィヒテ講義」
酒井 潔
フィヒテ研究   (17) 19-35   2008年11月   [査読有り][招待有り]
「西田幾多郎と三宅剛一―「歴史」ということをめぐって」
酒井 潔
西田哲学年報   (5) 21-43   2008年7月   [招待有り]
ライプニッツの政治哲学―社会福祉論を手引きとして
酒井 潔
理想   680(156-172)    2008年
「若きデユーイのライプニッツ研究(Ⅱ)」
酒井 潔
学習院大学文学部編『研究年報』   (53) 1-23   2007年

Misc

 
第10回国際ライプニッツ会議
酒井 潔
ライプニッツ研究   (4) 183-199   2016年11月
日本ライプニッツ協会 (Societas Leibnitiana Japonica)
酒井 潔
ドイツ語学文学振興会編『ひろの』   (55) 30-31   2015年10月   [依頼有り]
書評:ホルスト・ブレーデカンプ/原研二訳『ライプニッツと造園革命』(産業図書2014年刊)
酒井 潔
図書新聞 2014年9月27日   (3176)    2014年9月   [依頼有り]
海外ライプニッツ研究動向(2013‐2014)
酒井 潔
ライプニッツ研究   (3) 203-217   2014年11月
第九回国際ライプニッツ会議
酒井 潔
ライプニッツ研究   (2) 129-143   2012年11月
(海外学会報告)第九回国際ライプニッツ会議 
酒井 潔
理想   (688) 143-147   2012年3月   [依頼有り]
「学界インフォメイション:日本ライプニッツ協会」
酒井 潔
理想   (686) 151-155   2011年
書評:ホルスト・ブレーデカンプ/原研二訳『モナドの窓』(産業図書2010年刊)
酒井 潔
図書新聞 2010年9月4日   (2980)    2010年   [依頼有り]
宮崎裕助『判断と崇高―カント美学のポリティコス』(知泉書館2009年刊)
酒井 潔
『実存思想論集』XXV(「実存と美学」)      2010年
三宅剛一差出・下村寅太郎宛書簡(下)
酒井 潔, 加瀬宜子との共編
学習院大学人文科学研究所編『人文』   7(137-231)    2009年3月   [査読有り]
哲学者 三宅剛一
酒井潔
西山拙斉顕彰会・浅口市教育委員会ブックレット   1-38   2008年
三宅剛一著『人間存在論』「解説」
酒井 潔
講談社学術文庫   274-289   2008年
「西田幾多郎と三宅剛一―『人間存在論』を中心に」
酒井 潔
   2007年
第八回国際ライプニッツ会議に参加して―Novissima Leibnitiana
酒井 潔
創文   493(16-20)    2006年12月
ライプニッツ文書室(Leibniz-Archiv)について
酒井 潔
『理想』   (673) 175-177   2004年8月
西田幾多郎と三宅剛一―伝記的研究の試み
酒井 潔
学習院大学史料館紀要   11(1 - 67)    2003年
三宅剛一差出・下村寅太郎宛書簡(上)(翻刻・校訂・注・解題)
酒井 潔
学習院大学人文科学研究所編『人文』   1(127-162)    2003年
西田幾多郎・全集未収録書簡について
酒井 潔
学習院大学史料館収蔵資料目録   18(13-28) 13-27   2002年3月
「あなたの同僚ライプニッツ―ハイデッガーのライプニッツ講義」
酒井 潔
創文社『創文』   (444) 6-9   2002年
R.ブルジーナ「現象学的形而上学への問い-オイゲン・フィンク『第六デカルト的省察』によせて」(翻訳、解題)
酒井 潔
思想(岩波書店   (841) 95-110   1994年
R. Bruzina, Die Bestimmung des Menschen und die ph(]E88D2[)nomenologische Metaphysik
Kiyoshi Sakai
(841) 95-110   1994年
オイゲン・フィンク・コロキウム(1990年)の印象
酒井 潔
岡山大学文学部紀要   15(1-15)    1991年
Walter Gebhard, Zur wissenschaftlichen Nietzsche-Rezeption der letzten zwanzig Jahve in Frankveich und Dentschland.
酒井 潔
Journal of the Faculty of Letters Okayama University   (13) 23-46   1990年
W・ゲプハルト「フランスとドイツにおける最近二十年間のニーチェの学術的受容(翻訳、解題)
酒井 潔
岡山大学文学部紀要   13(23-46)    1990年
ライプニッツ研究の最前線―第五回国際ライプニッツ会議に参加して(報告)
酒井 潔
創文   298(18-22)    1989年
Phenomenology of the "Boredom"
酒井 潔
Journal of the Faculty of Letters Okayama University   11    1989年
書評:ライプニッツ『人間知性新論』
酒井 潔
図書新聞 1988年3月5日      1988年3月   [依頼有り]
ライプニッツと形而上学
酒井 潔
創文   278(5 - 8)    1987年

書籍等出版物

 
Gottfried Wilhelm Leibniz. Ratschlaege fuer Eheleute (Hochzeit-Praesent)
SAKAI Kiyoshi (担当:共編者, 範囲:Einfuehrung (S.7-15))
Wehrhahn Verlag, Hannover   2017年6月   
ライプニッツ著作集 第二期 第二巻 「法学・神学・歴史学」
酒井潔 (担当:監修, 範囲:「法律を学習し教授するための新方法」(酒井潔・長綱啓典・町田一訳)、「国際法史料集成」(酒井潔訳)、「総解説」(酒井潔))
工作舎   2016年9月   
Kontexte der Leiblichen
SAKAI Kiyoshi (担当:分担執筆, 範囲:Eine monadologische Begegnung zwischen Ost und West. Die Leibniz-Rezeption des japanischen Heimatdichters Kenji Miyazawa (S.39-70))
Traugott Bautz, Nordhausen   2016年7月   
改訂 考える福祉
酒井 潔 (担当:分担執筆, 範囲:「まえがき」、第8章 酒井潔「家族福祉から「共生」を考える」)
東洋館出版社   2016年5月   
続ハイデガー読本
酒井潔 (担当:分担執筆, 範囲:第Ⅰ部8 酒井潔「ライプニッツー終生の「共同思索者」」)
法政大学出版局   2016年5月   
Leibniz and Hermeneutics
SAKAI Kiyoshi (担当:分担執筆, 範囲:On the Shift in How Leibniz was Viewed in Heidegger's Thinking (pp.35-66))
Cambridge Scholars Publishing   2016年3月   
ライプニッツ著作集 第二期 第一巻 「哲学書簡」
酒井潔 (担当:監修, 範囲:「第一部 解説」、「総解説」)
工作舎   2015年5月   ISBN:978-4-87502-463-7
ライプニッツ 〔新装版〕
酒井 潔
清水書院   2014年9月   
ライプニッツのモナド論とその射程
酒井潔
知泉書館   2013年5月   
ライプニッツ読本
酒井潔 (担当:共編者, 範囲:「編者前書」、「第一部 座談会「ライプニッツ研究のこれまで、いま、これから」、酒井潔「ライプニッツの正義論-社会的公正の政治哲学」(79-91頁))
法政大学出版局   2012年10月   

講演・口頭発表等

 
Leibniz-Rezeption in der Strukturontologie Heinrich Rombachs [招待有り]
SAKAI Kiyoshi
Expression und Ausdruck (Leibniz-Stiftungsprofessur, Hannover)   2016年9月16日   
Leibniz' Begriff der Gerechtigkeit [招待有り]
SAKAI Kiyoshi
X. Internationaler Leibniz-Kongress (Hannover)   2016年7月20日   
Leibniz' Theorie der natuerlichen Sprache im Gegensatz/ Verhaeltnis zur Universalsprache [招待有り]
SAKAI Kiyoshi
Utopie und Vielfalt: Leibniz' Sprach-Projekte (Berlin-Brandenburgische Akademie der Wissenschaften, Berlin)   2016年4月21日   
初期ライプニッツの「正義」概念―「衡平」aequitasを中心に [招待有り]
酒井 潔
日本イギリス哲学会第40回研究大会   2016年3月28日   
ライプニッツ『モナドロジー』を読む:読解と解説 [招待有り]
酒井 潔
東京ドイツ文化センター(Goethe-Institut Tokyo) 講座(全3回:1/15, 2/12, 3/12)   2015年1月15日   
モナドロジーの哲学的射程 [招待有り]
酒井 潔
「モナドロジーとゲーテ形態学―新たな普遍学のプログラムに向けて」(於・慶應義塾大学)   2014年11月2日   
"Passive Synthesis" und "vis passiva". Versuch einer neuen Annaeherung an die Husserl-Leibniz-Problematik [招待有り]
SAKAI Kiyoshi
300 Jahre Monadologie (Leibniz-Stiftungsprofessur, G.W.Leibniz-Gesellschaft, Hannover)   2014年10月9日   
Gottfried Wilhelm Leibniz, der erste Vertreter des "Kommunitarismus"? [招待有り]
SAKAI Kiyoshi
Corso di Dottorato di Ricerca in Filosofia (Universita di Padova)   2014年3月17日   
『ライプニッツのモナド論とその射程』 [招待有り]
酒井 潔
東京ドイツ文化センター主催 合評会   2014年2月15日   
自我の哲学 [招待有り]
酒井 潔
鎌倉市教育委員会市民講座(於・鎌倉市腰越生涯学習センター 全5回:1/12,1/19,1/26,2/2.2/9)   2014年1月12日   
西田幾多郎『善の研究』について [招待有り]
酒井 潔
鎌倉女子大学生涯学習センター講座   2013年10月25日   
老いの哲学 [招待有り]
酒井 潔
関東学院大学生涯学習センター公開講座   2013年10月10日   
Das Thomistische Paradigma von 'res-ratio-nomen' bei Leibniz [招待有り]
SAKAI Kiyoshi
“G.W.Leibniz im Licht der Theologien” (Leibniz-Stiftungs-Professur, Stadt Hannover)   2013年9月26日   
Monadologie im "Kegon"-Buddhismus. Zur Leibniz-Interpretation Toshie Murakamis [招待有り]
SAKAI Kiyoshi
Oeffentlicher Vortrag bei Gottfried-Wilhelm-Leibniz-Gesellschaft, Hannover   2013年9月18日   
ライプニッツ正義論に関する一考察 [招待有り]
酒井 潔
第7回多摩哲学会(於・専修大学神田キャンパス)   2012年3月23日   
Leibnizforschung in Japan und die japanische Leibnizausgabe [招待有り]
SAKAI Kiyoshi
"Komma und Kathedrale"(Zur Tradition, Bedeutung und Herausforderung der Leibniz-Edition)(G.W.Leibniz-Gesellschaft, Hannover)   2011年12月9日   
Erdbeben, Tsunami und Atomkatastrophe. Warum gelingt es Leibniz aller scheinbaren Gegenbeispiele, diese Welt als die beste mögliche zu denken? [招待有り]
SAKAI Kiyoshi
”8.Leibniz-Festtage”, Neustädter Hof- und Stadtkirche St.Johannis, Hannover   2011年9月12日   
Ein japanischer Beitrag zu Leibnizens politischer Philosophie [招待有り]
SAKAI Kiyoshi
IX.Internationaler Leibniz-Kongress (Hannover)   2011年9月27日   
西田幾多郎における自己の探究 [招待有り]
酒井 潔
鎌倉市教育委員会市民講座   2011年6月5日   
ライプニッツの形而上学 [招待有り]
酒井 潔
哲学塾カント   2010年11月28日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
技術の挑発と人間の故郷喪失―マルティン・ハイデッガーの現代分析―(岡山大学文学部公開講座)
1987年
The Life and Thought of Goichi MIYAKE (1)
1990年
岡山出身の哲学者三宅剛一の生涯と思想(1)(山陽放送学術文化財団リポート第35号研究成果特集)
1990年
The Report of the V. International-Leibniz-Congress Hannover 1988
1989年
日本文化の特徴について(ドイツ・エメンディンゲン市ゲーテ・ギムナジウム招待授業)
1991年

競争的資金等の研究課題

 
ライプニッツの形而上学
現象学におけるライプニッツの受容
比較思想から見たモナドロジー
西洋近世哲学における「自我」概念の形成と確立
ハイデッガーの解釈学的現象学(前期ハイデッガーを中心に)

社会貢献活動

 
ライプニッツを初代会長とするアカデミー主催の記念行事
【助言・指導, 情報提供, 報告書執筆】  工作舎  ライプニッツ通信Ⅱ第12回 (Web)  2016年5月31日
Schuelerworkshop. "Die beste aller Sprachen". Schueler fragen Experten.
【パネリスト】  Berlin-Brandenburgische Akademie der Wissenschaften.  Tagung: "Utopie und Vielfalt: Leibniz' Sprach-Projekte"  2016年4月22日
学問研究の「いま」―研究最前線
【インタビュイー, 取材協力, 情報提供】  学習院大学新聞社  学習院大学新聞 第271号、第1面  2014年9月15日
Die Leibniz-Intenationale
【インタビュイー, 取材協力】  Hannoversche Allgemeine Zeitung  Hannoversche Allgemeine Zeitung, Seite 19  2013年6月1日
Im Auge des Taifuns. Internationaler Leibniz-Kongress beginnt.
【インタビュイー, 取材協力】  Hannoversche Allgemeine Zeitung  Hannoversche Allgemeine Zeitung, Kultur Seite 6  2011年9月23日