成定 薫

J-GLOBALへ         更新日: 05/02/01 00:00
 
アバター
研究者氏名
成定 薫
 
ナリサダ カオル
所属
広島大学
部署
総合科学部 総合科学部
職名
教授
学位
理学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1982年
 - 
1993年
 広島大学総合科学部 助教授
 
1979年
 - 
1982年
 広島大学総合科学部 講師
 
1976年
 - 
1979年
 広島大学大学教育研究センター 助手
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東京大学 理学系研究科 科学史・科学基礎論
 
 
 - 
1972年
大阪市立大学 文学部 歴史学
 

委員歴

 
1993年
   
 
化学史学会  評議員
 

Misc

 
英国における科学の制度化:ギーセン留学とロイヤル・カレッジ・オブ・ケミストリイ
大学論集   6   1976年
科学社会学の展開:マートン・クーン・エディンバラ学派
現代思想   13 8   1985年
『科学革命の構造』のコンピュータによる内容分析
広島大学総合科学部紀要(]G0004[)   11   1986年
科学の客観性と党派性
理想   628   1985年
消失する中心:学問中心地としての大学の現状
高等教育研究叢書(広島大学大学教育研究センター)   (41) 25-32   1996年

書籍等出版物

 
科学立国論の系譜:十九世紀における科学の制度化との関連で
木鐸社   1989年   
グリッド・グループ理論と科学史・科学論
木鐸社   1991年   
コンピュータによる科学的発見をめぐって
丸善   1991年   
科学史における30年代と70年代:エクスターナル・アプローチの展開
朝倉書店   1980年   
アメリカの科学・技術:その歴史と現状
英潮社新社   1982年   

所属学協会

 
 

Works

 
ヴィヴィアン・H.H.グリーン著『イギリスの大学-その歴史と生態』(共訳,法政大学出版局)
1994年

競争的資金等の研究課題

 
科学知識の社会的形成に関する歴史的・社会学的研究
19世紀における科学の制度化の比較研究
環境思想史