阪本 昌成

J-GLOBALへ         更新日: 11/04/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
阪本 昌成
 
サカモト マサナリ
所属
旧所属 立教大学 法学部 法学科
職名
教授
学位
法学博士, LLD(Kyoto University), 法学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
   
 
- 立教大学法学部法学科 教授
 
1970年
 - 
1972年
 神戸大学法学部(英米法) 助手
 
1972年
 - 
1973年
 広島大学政経学部(憲法) 助手
 
1973年
 - 
1977年
 広島大学政経学部 講師
 
1977年
   
 
 広島大学政経学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1970年
神戸大学 法学研究科 
 
 
 - 
1970年
京都大学 法学研究科 
 
 
 - 
1968年
広島大学 政経学部 
 

委員歴

 
1995年
 - 
2004年
日本公法学会  理事
 
1998年
 - 
2003年
関西アメリカ公法学会  理事長
 
2006年
 - 
2007年
九州法学会  理事
 

Misc

 
ベーシック憲法
弘文堂      1989年
『法の支配』復権のための覚書
阪本 昌成
広島法学   20(2)    1996年
国家は何をすべきか
阪本 昌成
ジュリスト   (1133)    1998年
自由主義憲法学の課題
阪本 昌成
佐藤幸治先生還暦記念論文集『現代立憲主義と司法権』 青林書院      1998年
立憲主義の展開と国家の役割
阪本 昌成
北大法学論集   50(4)    1999年

書籍等出版物

 
プライヴァシーの権利
成文堂   1981年   
表現の自由と情報公開
成文堂   1983年   
プライヴァシー権論
日本評論社   1986年   
身元調査とプライヴァシー
解放出版   1990年   
コミュニケイション行為の法
成文堂   1992年   

競争的資金等の研究課題

 
Rule of Law
法の支配