吉村 弘

J-GLOBALへ         更新日: 16/08/23 16:09
 
アバター
研究者氏名
吉村 弘
 
ヨシムラ ヒロシ
学位
経済学修士(神戸大学), 博士(経済学)(神戸大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1967年
 - 
1970年
山口大学 助手 (経済学部)
 
1970年
 - 
1972年
山口大学 講師 (経済学部)
 
1972年
 - 
1980年
山口大学 助教授 (経済学部)
 
1975年
   
 
- 山口大学大学院経済学研究科担当
 
1980年
   
 
- 山口大学 教授 (経済学部)
 

学歴

 
 
 - 
1967年
神戸大学 経済学研究科 経済学・経済政策
 
 
 - 
1965年
広島大学 政経学部 政経学科
 

受賞

 
1999年
日本計画行政学会賞「論文賞」
 

Misc

 
『最適貯蓄の理論』
神戸大学大学院経済学研究科修士論文      1967年3月
「最適貯蓄の理論(1)」
神戸大学大学院研究会『六甲台論集』   14(1) 26-35   1967年
「最適貯蓄の理論(2)」
神戸大学大学院研究会『六甲台論集』   14(2) 84-93   1967年
「体化された技術進歩を伴う最適資本蓄積の理論」
山口大学経済学会『山口経済学雑誌』   19(1) 33-50   1968年
「分権的計画と計算価格」
山口大学経済学会『山口経済学雑誌』   19(2) 94-115   1969年

書籍等出版物

 
「チェコスロバキアの経済計画」
関西経済研究センター、北野熊喜男編『各国経済計画の実証的研究』   1971年   
「産業構造と発展」「産業連関」
『ワークブック近代経済学』有斐閣   1975年   
「ケインズ経済学と社会的勢力」
山口大学経済学部『創立70周年記念論文集』   1975年   
「公共経済と外部効果」
北野熊喜男博士古希記念論文集刊行会『経済と社会の基礎分析』   1979年   
「山口県における観光の動向と課題」
(財)九州経済調査協会『九州観光の現状と課題』   1980年3月   

Works

 
山東省の経済発展と日中経済交流の発展可能性---山東半島を中心に---
1989年 - 1991年
中国四国地域の資源、生産、高令化社会に関するデータベース確立のための基礎的研究
1995年 - 1996年
「時間学研究施設設立のための“時間”に関するアンケート調査」
1998年
山口県における広域行政に関する調査研究
1999年
経済発展における都市と産業の相互作用に関する研究
2001年

競争的資金等の研究課題

 
都市集積の経済性の理論的実証的研究
科学研究費補助金
経済発展と産業構造・都市構造・人口構造
研究期間: 1975年   
グローバリゼーションのもとでの地域経済の持続的発展と地域福祉
研究期間: 1980年   
地域福祉のコスト・サービス・効率
研究期間: 1995年   
サービス経済化時代の産業クラスター