赤根谷 達雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 02:52
 
アバター
研究者氏名
赤根谷 達雄
eメール
akaneyadpipe.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
人文社会系
職名
教授
学位
博士(Ph.D.)(分野は国際政治)(オーストラリア国立大学), 国際学修士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
1992年
東京大学 教養学部 助手
 
1992年
 - 
1996年
筑波大学 講師
 
1996年
 - 
2000年
筑波大学 助教授
 
2000年
 - 
2001年
筑波大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1980年
東京大学 教養学部 教養学科国際関係論専攻
 
 
 - 
1989年
オーストラリア国立大学大学院 国際関係研究科 国際関係
 

受賞

 
1995年
山下太郎学術研究奨励賞
 
1993年
サントリー学芸賞(政治・経済部門)
 

論文

 
The Birth of the Trump Administration and U.S.-Japan Security Cooperation
Akaneya,Tatsuo
USJI Voice   25    2017年4月
トランプ政権の誕生と日米安保協力
Akaneya,Tatsuo
USJI Voice   25    2017年4月
日独伊三国同盟にみる日本の同盟政策 ― バンドワゴニングか、バランシングか ―
Akaneya,Tatsuo
国際公共政策論集   (38) 19-35   2016年10月
秋山信将著『核不拡散をめぐる国際政治―規範の遵守、秩序の変容』(有信堂高文社、二〇一二年、二二九+三頁)
赤根谷,達雄
国際政治   2013(171) 171_160-171_163   2013年
環太平洋連帯構想の政治学的分析、レジーム形成の視点から(渡辺昭夫との共著)
赤根谷, 達雄
小島清編『太平洋協力と日豪の関心』日豪調査委員会      1983年1月

書籍等出版物

 
最恵国待遇を求めて
赤根谷, 達雄
1985年1月   
Japan's Quest for Most-Favoured-Nation Treatment
赤根谷, 達雄
1985年1月   
日本のガット加入問題:《レジーム理論》の分析視角による事例研究
赤根谷, 達雄
1992年1月   
NPT-核不拡散条約
赤根谷, 達雄
1993年1月   
核拡散問題
赤根谷, 達雄
1993年1月   

競争的資金等の研究課題

 
新通商法の研究
国内共同研究
研究期間: 2000年 - 2001年
日米同盟と勢力均衡論