金澤 雄一郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/05/23 02:52
 
アバター
研究者氏名
金澤 雄一郎
eメール
yukanazawaicu.ac.jp
URL
https://www.researchgate.net/profile/Yuichiro_Kanazawa
所属
国際基督教大学
部署
教養学部アーツ・サイエンス学科
職名
教授
学位
統計学博士(イエール大学), 経済学士(東京大学), 経済学士(東京大学)
科研費研究者番号
50233854

研究分野

 

経歴

 
1991年9月
 - 
2016年8月
筑波大学 システム情報系社会工学域 教授
 
1988年9月
 - 
1991年6月
ニューヨーク大学 メディカルセンター 研究員
 
1981年4月
 - 
1984年6月
三菱総合研究所 研究員
 

学歴

 
1984年9月
 - 
1988年8月
イエール大学 統計学部 
 
1980年4月
 - 
1981年3月
東京大学 経済学部 経営学科
 
1976年4月
 - 
1980年3月
東京大学 経済学部 経済学科
 

Misc

 
Tomohito KAMAI
Cogent Economics & Finance   4(1)    2016年8月   [査読有り]
Manufacturers of packaged consumer goods strive to develop a new product with a special feature that could provide additional value to consumers. However, it is less clear whether such an effort is still rewarding in terms of margin if manufacture...
Kiheiji NISHIDA
Communications in Statistics - Theory and Method   44(10) 2151-2175   2015年10月   [査読有り]
The mean squared error (MSE)-minimizing local variable bandwidth for the univariate local linear estimator (the LL) is well-known. This bandwidth does not stabilize variance over the domain. Moreover, in regions where a regression function has zer...
Satoshi KABE
Empirical Economics   47(4) 1193-1220   2014年12月
Allias and Nichèle (Eur Rev Agric Econ, 34(4):517–538, 2007) proposed a Markov-switching almost ideal demand system (MS-AIDS) model by extending the idea of Hamilton (Econometrica, 57(2):357–384, 1989). In this paper, we propose a Bayesian estimat...
◎Satoshi MYOJO
International Economic Review   53(3) 887-938   2012年   [査読有り]
We derive asymptotic properties of an estimator for supply and demand models extended with additional moments relating consumer demographics to the characteristics of purchased products. We clarify the structure of a practical sampling scheme in w...
◎遊間義一 遊間千秋
理論と方法   27(1) 149-168   2012年   [査読有り]
本研究は,遊間・金澤・遊間(2010)に2年分のデータを追加して1974年から2008年までの,日本全国で起きた少年による殺人事件の発生率に対する完全失業率の効果及びその構造変化の有無を共和分回帰及び誤差修正モデルを用いて検証したものである.その結果,遊間・金澤・遊間では,見いだせなかった構造変化が,年長少年(18・19歳)において確認された.つまり,年長少年においては,完全失業率が上昇(下降)すれば殺人発生率も上昇(下降)するという正の関係が認められ,この効果の強さは調査期間を通じて変化...

書籍等出版物

 
計量経済学ハンドブック
朝倉書店   2007年   ISBN:978-4-254-29007-3
本書は大きく四部構成になっています。第I部は線形代数や確率統計の数理的解説を施す基礎編,第II部は変量間の関係を探る回帰分析編,第III部は時間経過による変量の動態を探る時系列分析編,第IV部はベイズ統計や空間統計などの新しい手法を応用したトピックス編です。経済学・統計学の学部上級から大学院生・研究者のバイブルとして活用されるものと期待しています。少数精鋭主義による執筆が本書の大きな特徴といえます。各テーマの基礎から応用までを第一人者の一貫した筆致で解説するという執筆方針のもと,1章1執筆...