田仲 可昌

J-GLOBALへ         更新日: 13/08/28 14:43
 
アバター
研究者氏名
田仲 可昌
 
タナカ ヨシマサ

研究分野

 
 

論文

 
Bloomfield G, Skelton J, Ivens A, Tanaka Y, Kay RR
Science (New York, N.Y.)   330(6010) 1533-1536   2010年12月   [査読有り]

Misc

 
細胞性粘菌のゲノム解析(共著)
ゲノミックス・プロテオミクスの新展開(エヌ・ティー・エス)   268-282   2004年
桑山 秀一, 田仲 可昌
日本農芸化学会誌   77(2) 150-153   2003年
ゲノムプロジェクトとプロテオーム計画(共著)
モデル生物:細胞性粘菌(アイピー・シー)   301-320   2000年8月
細胞性粘菌:ふしぎな土壌微生物への新しい期待。
AGRI-BIO   7 21-23   1993年
細胞性粘菌の発生分化とその制御因子。
土と微生物   37 27-36   1991年
細胞性粘菌の生活環と生活環制御因子。
日本農薬学会誌   15(3) 457-463   1990年
細胞の運命はいつどのようにして決まるか。
現代化学   212(11) 34-38   1988年
サイトカイニン合成酵素遺伝子のクローニングの試み。
化学と生物   23(2) 72-73   1985年
RNAの塩基配列決定法
植物遺伝子工学マニュアル(講談社サイエンティフィク)   127-130   1984年
DNAの塩基配列決定法
植物遺伝子工学マニュアル(講談社サイエンティフィク)   111-126   1984年

書籍等出版物

 
植物遺伝子工学マニユアル。(共編著)
講談社サイエンティフィク   1984年   

競争的資金等の研究課題

 
細胞性粘菌の発生分化と有性生殖の研究
国際研究協力