増田 美砂

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/17 02:58
 
アバター
研究者氏名
増田 美砂
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
教授
学位
農学博士(京都大学), 農学修士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1987年9月
 - 
1994年7月
筑波大学 講師
 
1994年7月
 - 
2007年7月
筑波大学 助教授
 
2007年7月
   
 
筑波大学 教授
 

学歴

 
1973年4月
 - 
1978年3月
京都大学 農学部 林学科
 
1980年4月
 - 
1986年3月
京都大学 農学研究科 林学
 

委員歴

 
2015年7月
 - 
2016年6月
日本熱帯生態学会  第26回日本熱帯生態学会年次大会実行委員
 
2006年
 - 
2007年
日本森林学会  評議員
 
2010年
 - 
2014年
日本熱帯生態学会  編集委員長
 
2001年
 - 
2018年
日本熱帯生態学会  評議員
 
1997年
 - 
2015年
日本熱帯生態学会  編集委員
 

論文

 
Impact of socioeconomic circumstances on forest management and forest cover in Java Island, Indonesia
Kaori,Shiga, Ellyn K. Damayanti, Mardiana Wachyuni, Lilik B. Prasetyo, Misa Masuda
The International Forestry Review   16(5) 470-470   2014年10月
Junji,Koide, Masuda Misa
African Journal of Science, Technology, Innovation and Development   7(1) 1-7   2015年3月   [査読有り]
Kazuyo,Nagahama, Kaoru Saito, Misa Masuda, Masahiko Ota, Hem Gairola, Subodh Kumar Kala, Randeep Rakwal
Environment and Ecology Research   4(3) 128-139   2016年5月   [査読有り]
国有林経営が地域住民の生計に及ぼす影響:中ジャワ州のチーク林地帯の事例
志賀, 薫; 御田, 成顕; 増田, 美砂
日本森林学会大会発表データベース   124(0) 256   2013年
Forests in Java have been threatened by high population pressure, especially by demand of agricultural land. Tumpangsari (TPS) reforestation system makes agricultural land demand and production forest compatible. However, location and area of TPS ...
四方篝 著『焼畑の潜在力―アフリカ熱帯雨林の農業生態誌』昭和堂,2013年,212頁,¥5,400+税
増田,美砂
アフリカ研究   2014(84) 61-63   2014年

書籍等出版物

 
International Cooperation in Forestry (in "Forest Policy in Japan") ed. by R. Handa
増田, 美砂
1988年1月   
熱帯林副産物の生産・流通とその組織化(森田学編著 『日本林業の市場問題』)
増田, 美砂
1990年1月   
Production, Distribution and Development of Nonwood Forest Products in the Tropics
増田, 美砂
1990年1月   
アグロフオレストリー-土地利用の高度化をめざして-(『地球環境時代に生きる農林業』)
増田, 美砂
1992年1月   
森林と人とのかかわり-インドネシアの事例から-(国民森林会議編『森とともに生きる』)
増田, 美砂
1992年1月   

講演・口頭発表等

 
Impact of landless people resettlement on mangrove afforestation in Bangladesh: a case study from the Hatiya Island of Noakhali district
Kisinger,Chakma, Masuda Misa
第25回日本熱帯生態学会年次大会   2016年6月21日   日本熱帯生態学会
Changes in forest resource use and local livelihood and the implications for the forest management: a decade of a village surrounded by teak forests in Central Java
Kaori,Shiga, Deky Hutomo, Misa Masuda, Fajar Adityarama, Lilik B. Prasetyo
第25回日本熱帯生態学会年次大会   2015年6月21日   日本熱帯生態学会
Challenges of the State Forestry Corporation in Java, Indonesia:Before and after the Reformation
Teguh,Jati Waluyo, Kaori Shiga, Misa Masuda, Deky Hutomo
第25回日本熱帯生態学会年次大会   2015年6月21日   第25回日本熱帯生態学会年次大会
Economic effect of different water regimes and organic fertilizer strategies for rice cultivation in Nam Dinh province, Vietnam
Nguyen,Thu Thuy, Masuda Misa
第25回日本熱帯生態学会年次大会   2015年6月20日   日本熱帯生態学会
The reality of an agricultural marginal society in Java Island and the effectiveness of Forest Management with Communities (PHBM)
Masuda,Misa, Mardiana Wachyuni, Maria L. Simonapendi, Miki Toda, Fajar Adityarama, Kaori Shiga
第25回日本熱帯生態学会年次大会   2015年6月21日   日本熱帯生態学会

Works

 
インドネシア・マルク州における慣習法調査
増田, 美砂   その他   1988年
インドネシアのマングローブ林帯における社会生態系調査
増田, 美砂   その他   1988年
Field Survey on Customary Law in Maluku Province, Indonesia
増田, 美砂   その他   1988年
Soci-ecological Survey on Mangrove Forests in Indonesia
増田, 美砂   その他   1988年
インドネシア・東南スラウェシ州における林業経営調査
増田, 美砂   その他   1991年

競争的資金等の研究課題

 
大学ネットワーク活用食料農業連携研究事業
農林水産省: 出資金による受託研究
研究期間: 2009年12月 - 2010年3月    代表者: 東 照雄
大学ネットワークの構築,すなわち日伯の大学がどのようなリソースを所有し,それを具体的にどのようなかたち(研究交流,共同研究・開発,交換留学,研修,OJT,技術移転など)で発展させたいのかを明らかにする.また,具体的に可能な共同研究の実現へ向けての基盤を築く.
水田エコテクノロジーによる西アフリカの緑の革命実現とアフリカ型里山集水域の創造
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費補助金特別推進研究
研究期間: 2007年4月 - 2011年3月    代表者: 若月 利之
標記課題のサブプログラムとして,在来の土地制度が水田開発や植林活動をどのように規定しているかを明らかにする.
森林経営のオルタナティヴと政府セクターの役割
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)一般
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 増田 美砂
1990年の中央政府決議以降,急速に共同森林管理(JFM)が拡大したインドにおいて,進捗の早い州と遅い州を対象に,その相違を見いだそうとした.
森林再生支援のための社会システムの機能とメカニズムに関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)海外学術調査
研究期間: 2004年4月 - 2007年3月    代表者: 餅田 治之
標記課題の分担研究者として,インドネシアにおける政府主導型植林プログラムについて,中ジャワ州と南スマトラ州を事例に,制度と実態の乖離とその要因を明らかにした.