廣瀬 幸生

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/05 02:52
 
アバター
研究者氏名
廣瀬 幸生
所属
筑波大学
部署
人文社会系
職名
教授
学位
文学博士(筑波大学), 文学修士(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1985年3月
 - 
1985年3月
筑波大学 助手
 
1985年4月
 - 
1987年7月
信州大学 講師
 
1987年8月
 - 
1993年3月
筑波大学 講師
 
1992年8月
 - 
1993年6月
カリフォルニア大学 バークレー校 客員研究員
 
1993年4月
 - 
2004年3月
筑波大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年3月
筑波大学 第一学群 人文学類
 
 
 - 
1984年3月
筑波大学 文芸・言語研究科 言語学
 

委員歴

 
2016年8月
 - 
2016年8月
日本言語学会  夏期講座2016講師
 
2012年9月
 - 
2012年9月
日本認知言語学会  2012年度認知言語学セミナー講師
 
2016年8月
 - 
2016年9月
日本認知言語学会  日本認知言語学会奨励賞審査委員
 
2016年4月
   
 
日本英語学会  理事
 
2014年6月
 - 
2014年11月
日本英語学会  学会賞審査委員
 

論文

 
英語との比較から見た日本語らしさ─時間のメタファーを中心に─
Hirose,Yukio
日本語の研究   206-208   2016年10月
Introduction: Public/Private-Self-Centeredness and Grammatical Phenomena in Japanese and English—The Perspective of the Three-Tier Model of Language Use
Hirose,Yukio
English Linguistics   32(1) 114-119   2015年6月   [査読有り]
An Overview of the Three-Tier Model of Language Use
Hirose,Yukio
English Linguistics   32(1) 120-138   2015年6月   [査読有り]
Hirose,Yukio
JOURNAL OF PRAGMATICS   68 99-116   2014年7月   [査読有り]
公的自己・私的自己中心性と日英語の文法現象:「言語使用の三層モデル」からの視点
廣瀬,幸生
JELS 31(日本英語学会第31回大会研究発表論文集)   267-268   2014年2月

書籍等出版物

 
ラネカーの(間)主観性とその展開
Hirose,Yukio
2016年11月   
言語の主観性─認知とポライトネスの接点─
Hirose,Yukio
2016年6月   
言語研究の視座
廣瀬,幸生
2015年3月   
Referential Opacity and the Speaker's Propositional Attitudes
廣瀬, 幸生
Liber Press   1986年11月   
例解現代英文法辞典(項目執筆)
廣瀬, 幸生
大修館書店   1987年5月   

講演・口頭発表等

 
認知言語学と日英語対照研究─ことばからこころと文化に迫る─ [招待有り]
廣瀬,幸生
日本認知言語学会2012年度認知言語学セミナー   2012年9月7日   
言語使用の三層モデルと日英語対照研究
廣瀬,幸生
主観性プロジェクト第1回セミナー   2012年12月21日   

競争的資金等の研究課題

 
日英語対照研究
認知意味論の研究
文法と語用論の関係に関する日英語対照研究
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2012年 - 2015年
談話のタイプと文法の関係に関する日英語対照言語学的研究
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2007年 - 2010年