寺嶋 正治

J-GLOBALへ         更新日: 15/06/15 16:15
 
アバター
研究者氏名
寺嶋 正治
 
テラシマ マサハル
所属
東海学園大学
部署
健康栄養学部 管理栄養学科
職名
教授
学位
博士(医学)(*島根医科大学*)

研究分野

 
 

経歴

 
1989年
 - 
2003年
島根医科大学医学部 助手
 
2003年
   
 
- 島根医科大学医学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
島根医科大学 医学部 医学科
 

Misc

 
Purification, characterization and molecular cloning of glycosylphosphatidylinositol-anchored arginine-specific ADP-ribosyl transferase from chicken lung.
Biochemical Journal   389: 853-861    2005年
シンポジウム, 脊椎動物のモノADP-リボ-ス化反応
ビタミン   78: 347-354    2004年
Suppression of cell adhesion and spreading activities of fibronectin by arginine-specific ADP-ribosyltransferase from chicken polymorphonuclear leukocytes
Biochimica et Biophysica Acta   1404(3), 299-304    1998年
Arginine-specific ADP-ribosyltransferase and its acceptor protein p33 in chicken polymorphonuclear cells: co-localization in the cell granules, partial characterization, and In Situ mono(ADP-ribosyl)ation
Journal of Biochemistry   110(3), 388-394    1991年
ADP-ribosylation of actins by arginine-specific ADP-ribosyltransferase purified from chicken heterophils
European Journal of Biochemistry   204(1), 305-311    1992年

書籍等出版物

 
Target proteins for arginine specific ADP-ribosyltransferase in chickens
"ADP-Ribosylation Reactions"   1991年   
ADP-ribosylation of cytoskeletal proteins
Recent Research Developmental Analytical Biochemistry     2001年   

Works

 
癌化におけるβ-カテニン変異の役割について
1998年 - 2002年
タウリンの細胞増殖阻害機構の解明
1999年 - 2002年
軟骨細胞増殖促進薬剤の作用機序の解明
1999年 - 2002年

競争的資金等の研究課題

 
ADP-リボシル転移酵素
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 1989年   
細胞内情報伝達
ライフサイエンス基礎科学研究
研究期間: 1989年   
細胞増殖制御因子の作用機序に関する研究
タンパク質分解と癌化、癌抑制機序に関する研究
健康増進に関わる機能性物質の作用機序の解析