森田 啓之

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 03:06
 
アバター
研究者氏名
森田 啓之
 
モリタ ヒロノブ
URL
http://www.gifu-u.ac.jp/~physiol/
所属
岐阜大学
部署
医学系研究科 医科学専攻 神経統御学講座 生理学分野
職名
教授
学位
医学博士(神戸大学)
その他の所属
医学系研究科

プロフィール

起立性低血圧/重力変化に対する循環系の適応/腎臓の神経支配/心・循環系,自律神経系の応答を解析し,応答をシミュレートするためのモデルを作成する。そのモデルを用い,生体機能を補完するためのシステムを作成する。/肝-腎反射/微小重力,過重力に対する心循環系応答,自律神経応答を解析し,重力変化に対抗するカウンターメジャーを考案する。/前庭系の可塑性/メタボリックシンドロームと高血圧

研究分野

 

経歴

 
2015年
   
 
岐阜大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
 
 
   
 
岐阜大学 医学部 医学科 教授
 
1981年
 - 
1986年
香川医科大学 助手
 
1986年
 - 
1989年
香川医科大学 講師
 
1990年
 - 
1996年
香川医科大学 助教授
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1981年3月
神戸大学 医学部 医学
 

論文

 
Cerebral circulation during acute microgravity induced by free drop in anesthetized rats
後藤太郎(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学),藤木通弘(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学),松田朋子(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学),高双(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学),森田啓之(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学)
Japanese Journal of Physiology   53 223-228   2003年1月
Relationship between transmural pressure and aortic diameter during free drop-induced microgravity in anesthetized rats
森田啓之(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学),藤木通弘(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学),後藤太郎(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学),松田朋子(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学),高双(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学),田中邦彦(岐阜大学・大学院医学系研究科・生理学)
Japanese Journal of Physiology   53 151-155   2003年1月
Acute hemodynamic responses in the head during microgravity induced by free drop in anesthetized rats.
森田啓之(岐阜大学・医学研究科・生理学分野)
American Journalof Physiology   286 R1063-R1068   2004年1月
To examine acute hemodynamic responses to microgravity (μG) in the head, we measured carotid artery pressure (CAP) and jugular vein pressure (JVP) to calculate cephalic perfusion pressure (CPP=CAP-JVP) and recorded images of microvessels in the ir...
Effect of high-NaCl or high-KCl diet on hepatic Na+- and K+-receptor sensitivity and NKCC1 expression in rats.
森田啓之(岐阜大学・医学研究科・神経統御学講座・生理学分野)
American Journal of Physiology   286 R591-R596   2004年1月
We previously reported that the bumetanide-sensitive Na+-K+-2Cl- cotransporter (NKCC1) is involved in the hepatic Na+ and K+ sensor mechanism. In the present study, we examined the effects of a high NaCl or high KCl diet on hepatic Na+ and K+ rece...
Roles of baroreflex and vestibulosympathetic reflex in controlling arterial blood pressure during gravitational stress in conscious rats.
森田啓之(岐阜大学・医学研究科・生理学分野)
American Journal of Physiology   286 R25-R30   2004年1月
Gravityacts on the circulatory system to decrease arterial blood pressure (AP) by causing blood redistribution and reduced venous return. To evaluate roles of the baroreflex and vestibulosympathetic reflex (VSR) in maintaining AP during gravitatio...

Misc

 
Hironobu Morita, Takashi Ogino, Yoshiteru Seo, Nobuhiro Fujiki, Kunihiko Tanaka, Akira Takamata, Shun Nakamura, Masataka Murakami
Neuroscience Letters   326 101-104   2002年6月
To examine the usefulness of Mn2+ contrasted magnetic resonance imaging (MRI) in hypothalamic imaging, images obtained using T1-weighted MRI were compared with Fos expression, which is known to increase after activation of voltage-dependent Ca2+ c...
K. Lee, H. Morita, Y. Iwamuro, X. F. Zhang, Y. Okamoto, S. Miwa
Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology   364 42-46   2001年7月
We have recently shown that in addition to L-type voltage-operated Ca2+ channel (VOC), endothelin-1 (ET-1) stimulation opens two types of Ca2+-permeable nonselective cation channels [designated nonselective cation channel-1 (NSCC-1) and NSCC-2]. H...
Yoshiteru Seo, Akira Takamata, Takashi Ogino, Hironobu Morita, Shun Nakamura, Masataka Murakami
Journal of Physiology   545 217-228   2002年11月
The water permeability of capillaries in the subfornical organ (SFO) of rat was measured by a 1H nuclear magnetic resonance method in combination with a venous injection of a relaxation reagent, gadolinium-diethylene triamine-N,N,N′,N″,N″-pentaace...
Hironobu Morita, Chikara Abe, Kunihiko Tanaka
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   57 Suppl    2008年11月
Chikara Abe, Takayuki Tashiro, Kunihiko Tanaka, Ryousuke Ogihara, Hironobu Morita
Journal of Pharmacological and Toxicological Methods   59 7-12   2009年1月
Introduction: The iPRECIO™ (Primetech Corporation, Tokyo, Japan) is a new form of pump for infusing small laboratory animals. The key features of the iPRECIO™ are that it can be implanted within the animal, it is refillable, and it is programmable...

書籍等出版物

 
循環器疾患の病態生理
医薬ジャーナル社   1989年   
心血管機能の神経性調節
医薬ジャーナル社   1988年   

担当経験のある科目

 

Works

 
fNMRによる自律神経中枢の同定
1998年
統合型医学実習教材の作成
高橋 優三(大学院医学研究科),岡野 幸雄(大学院医学研究科),森田 啓之(大学院医学研究科)   教材   2004年4月 - 2005年3月

競争的資金等の研究課題

 
インプラント治療に用いる超音波を利用した装置開発
丸嘉工業株式会社: 
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月    代表者: 森田 啓之(岐阜大学大学院医学系研究科)
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 森田 啓之
宇宙飛行士を被験者とした研究:HoustonのJohnson Space Centerにおいて,国際宇宙ステーション(ISS)滞在前後(滞在2ヶ月前,帰還1日後,2週間後,2ヶ月後)にHead-up tile (HUT) 実験を実施し,HUT時の血圧調節における前庭-血圧反射の関与を調べた。26年3月31日の時点で,2名の宇宙飛行士に関しては全てのデータセットを取得した。他の2名に関しては滞在前のデータを取得した。この2名については26年度中に滞在後のデータを取得予定である。全データセット...
宇宙飛行に伴う前庭-血圧反射の可塑性とその対策
日本学術振興会: 
研究期間: 2012年 - 2015年    代表者: 森田 啓之
宇宙飛行に伴う前庭-血圧反射の可塑性とその対策
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 森田 啓之
宇宙飛行に伴う前庭-血圧反射の可塑性とその対策
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 森田 啓之

特許

 
山田 宏尚, 森田 啓之, 田中 邦彦
森田 啓之, 田中 邦彦, 安部 力, 小栗 成人
山田 宏尚, 森田 啓之, 田中 邦彦, 村田 明宏, 成瀬 哲哉, 安藤 敏弘, 藤巻 吾朗, 坂東 直行, 東 庄豪
山田 宏尚, 森田 啓之, 田中 邦彦, 堀部 哲, 安藤 敏弘, 成瀬 哲哉, 藤巻 吾朗, 坂東 直行, 東 庄豪
森田 啓之, 田中 邦彦, 後藤 太郎, 佐藤 允男, 中村 久子

社会貢献活動

 
市民公開講座「宇宙で快適に生活するために」
【】  日本病態生理学会  日本病態生理学会  2005年1月22日
日本病態生理学会会長
第15回日本病態生理学会開催
【】  森田啓之  森田啓之  2005年1月22日 - 2005年1月23日
大会会長
前庭刺激で血圧調節安定:宇宙飛行士の悩みに道
【】  読売新聞朝刊  読売新聞朝刊  2005年2月27日
無重力実験,パラボリックフライト,前庭刺激,血圧調節
血栓症靴下で予防:岐阜大教授ら新商品開発中,電流で筋肉刺激
【】  朝日新聞社/新聞  朝日新聞社/新聞  2006年1月10日
岐阜県立看護大学における非常勤講師
【】  岐阜県立看護大学  岐阜県立看護大学  2014年10月1日 - 2015年3月31日

その他

 
2005年7月   医学部受験者に関する分析:19年度入試改革に向けて
「医学部受験者に関する分析:19年度入試改革に向けて」の報告を行った。/入試FD/入選研学内研究会,入試講演会