長谷川 秀彦

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/22 02:55
 
アバター
研究者氏名
長谷川 秀彦
eメール
hasegawaslis.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
図書館情報メディア系
職名
教授
学位
学術修士(筑波大学), 博士(工学)(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1983年4月
 - 
1989年3月
図書館情報大学 助手
 
1989年4月
 - 
1996年3月
図書館情報大学 講師
 
1996年4月
 - 
2002年9月
図書館情報大学 助教授
 
2002年10月
 - 
2004年3月
筑波大学 図書館情報学系 助教授
 
2004年4月
 - 
2007年3月
筑波大学 大学院図書館情報メディア研究科 助教授
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1980年3月
筑波大学 第一学群 自然学類
 
1980年4月
 - 
1983年3月
筑波大学 社会工学研究科 経営工学
 

論文

 
SIMD Parallel Sparse Matrix-Vector and Transposed-Matrix-Vector Multiplication in DD Precision
Hishinuma, T.;Tanaka, T.;Hasegawa, Hidehiko
12th International Meeting High Performance Computing for Computational Science (VECPAR2016)      2017年12月   [査読有り]
AVX2を用いた倍精度BCRS形式疎行列と倍々精度ベクトル積の高速化
菱沼,利彰;藤井,昭宏;田中,輝雄;長谷川,秀彦
情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム   7(4) 25-33   2014年12月   [査読有り]
高精度演算を用いることでKrylov部分空間法の収束を改善できるが,高精度演算はコストが高いことが知られている.高精度演算の1つに,倍精度を2つ組み合わせて4倍精度演算を行う倍々精度演算がある.我々は,IntelのSIMD拡張命令であるAVX2を用いてBCRS形式の倍精度疎行列と倍々精度ベクトルの積(DD-SpMV)の高速化を行った.AVX2を用いたCRS形式のDD-SpMVでは,各行で端数処理などを必要とするが,BCRS形式は端数処理をなくし,メモリアクセスを改善できる.しかし,BCRS...
AVX2を用いた倍々精度反復解法の高速化
菱沼, 利彰; 藤井, 昭宏; 田中, 輝雄; 長谷川, 秀彦
情報処理学会研究報告. [ハイパフォーマンスコンピューティング]   2015(9) 1-7   2015年2月
大規模数値シミュレーションの核である Krylov 部分空間法は,丸め誤差により収束に影響を受ける.高精度演算を用いれば収束を改善できるが,計算時間が多くかかる.我々はこれまで,SIMD 拡張命令 AVX を用いて,高精度演算の 1 つである倍々精度演算を高速化してきた.その成果として,AVX2 を用いて高速化した倍々精度反復解法ライブラリ "DD-AVX" を反復解法ライブラリ Lis をベースに開発した.本研究では,今後,このライブラリを用いて大規模並列環境において倍々精度反復解法を行...
AVXを用いた倍々精度疎行列ベクトル積-転置行列-
菱沼,利彰;藤井,昭宏;田中,輝雄;長谷川,秀彦
2013年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム HPCS2013   76-76   2013年1月
反復法ライブラリ向け倍々精度演算のAVXを用いた高速化
菱沼,利彰;浅川,圭介;藤井,昭宏;田中,輝雄;長谷川,秀彦
情報処理学会研究報告   2012-HPC-135(16) 1-6   2012年8月

書籍等出版物

 
テネシー大学計算機科学科(CS.UTK.EDU)紹介
長谷川秀彦
応用数理 応用数理    1995年3月   
2013/ 6/17 論文から著書に再度変換してみます。
ページ(開始ページ)が消えた模様。
平田さん、メッセージをチェックしてください
反復法 Templates
長谷川里美 ; 長谷川秀彦 ; 藤野清次 ; (担当:単訳)
  朝倉書店   1996年3月   
Software Automatic Tuning: From Concepts to State-of-the-Art Results
Tamito, Kajiyama;Akira, Nukada;Reiji, Suda;Hidehiko, Hasegawa;and, Akira Nishida
Springer   2010年12月   
PARALLEL PROCESSING AND APPLIED MATHEMATICS
Kajiyama, Tamito;Nukada, Akira;Hasegawa, Hidehiko;Suda, Reiji;Nishida, Akira
SPRINGER-VERLAG BERLIN   2006年1月   ISBN:3540341412
情報システムのための情報技術辞典
情報システムと情報技術事典編集委員会編;+長谷川, 秀彦
培風館   2006年6月   

講演・口頭発表等

 
SIMD Parallel Sparse Matrix-Vector and Transposed-Matrix-Vector Multiplication in DD Precision
Hishinuma, T.;Tanaka, T.;Hasegawa, Hidehiko
12th International Meeting High Performance Computing for Computational Science (VECPAR2016)   2016年6月28日   
Eigenvalue computation using High Precision Arithmetic Toolbox MuPAT on Scilab
Kohei,Asami;Ryoya,Ino;Emiko,Ishiwata;HIDEHIKO,HASEGAWA
International Workshop on Eigenvalue Problems: Algorithms; Software and Applications, in Petascale Computing   2015年9月14日   
Fast computation of double precision sparse matrix in BCRS and DD vector product using AVX2
T.,Hishinuma;A.,Fujii;T.,Tanaka;長谷川,秀彦
11th International Meeting High Performance Computing for Computational Science (VECPAR2014)   2014年7月1日   
倍精度BCRS形式疎行列と倍々精度ベクトル積のAVX2による高速計算
菱沼,利彰;田中,輝雄;長谷川,秀彦
第4回多倍長精度計算フォーラム,   2014年3月7日   
AVXを用いた倍々精度疎行列ベクトル積の高速化
菱沼,利彰;藤井,昭宏;田中,輝雄;長谷川,秀彦
第3回多倍長精度計算フォーラム,   2013年3月8日   

競争的資金等の研究課題

 
ハイパフォーマンスコンピューティング
数値線形代数