村澤 由利子

J-GLOBALへ         更新日: 10/01/29 00:00
 
アバター
研究者氏名
村澤 由利子
 
ムラサワ ユリコ
所属
鳴門教育大学
部署
大学院学校教育研究科
職名
教授

研究キーワード

 
 

受賞

 
1971年
第四回徳島県芸術祭奨励賞
 

Misc

 
ピアノプレーヤを用いたピアノ指導法の改善と研究 -アンケートによる使用状況の調査と分析-
鳴門教育大学研究紀要   13 15-23   1998年
モーツァルトのピアノ協奏曲におけるカデンツァについての一考察
鳴門教育大学研究紀要   14 1-17   1999年
ピアノ実技指導におけるピアノプレーヤの有用性と将来展望
鳴門教育大学実技教育研究   9 11-16   1999年
メンデルスゾーン作曲「ピアノとヴァイオリンのための二重協奏曲 ニ短調」についての一考察-ピアノ演奏上における指使いの注意点について-
鳴門教育大学研究紀要・芸術編, 16,1-10,2001   16 1-10   2001年
グリーク作曲「ピアノ協奏曲イ短調作品16」についての一考察 ‐P. グレインジャーの校訂に見る作曲家の意図について‐
鳴門教育大学研究紀要(芸術編)   第17巻 1-13    2002年

Works

 
シューベルト作曲ピアノ五重奏曲「ます」 共演ベルリン弦楽四重奏団 場所 徳島郷土文化会館
芸術活動   1983年
グリーク作曲ピアノ協奏曲イ短調 共演 日本フィルハーモニーオーケストラ 場所 徳島市文センター
芸術活動   1986年
モーツアルト作曲 ピアノ四重奏曲第1番K.V.478 共演ウィーン弦楽トリオ 場所 徳島県郷土文化会館
芸術活動   1991年
宿谷苑生・村沢由利子ジョイントリサイタル ショパン作曲マヅルカOp.7の1,2.ブラームス作曲ソナタ.Op108 場所 神戸市谷上いめ-じホール
芸術活動   1992年
ヴァイオリンとピアノによるソナタの夕べ 共演ミヒアエル・ヴィルト モーツアルト作曲ソナタ K.454.ブラームス作曲ソナタop.108 場所鳴門市文化会館
芸術活動   1988年

競争的資金等の研究課題

 
ピアノ演奏法及び指導法の研究 ピアノプレーヤを使用したピアノ指導法の研究