蓮沼 仰嗣

J-GLOBALへ         更新日: 12/04/03 10:56
 
アバター
研究者氏名
蓮沼 仰嗣
 
ハスヌマ コウジ
URL
http://cytogenetics.sc.yokohama-cu.ac.jp
学位
理学修士(東京大学), 理学博士

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
横浜市立大学 木原生物学研究所 細胞遺伝学部門 教授
 
1971年
 - 
1979年
東京大学教養学部 助手
 
1979年
 - 
1990年
岡崎国立共同研究機構, 基礎生物学研究所, 助教授
 
1990年
 - 
2001年
横浜市立大学, 木原生物学研究所, 教授
 
1990年
   
 
- スタンフォード大学, カーネギー研究所(W.R.Briggs所長)へ留学
 

学歴

 
 
 - 
1971年
東京大学 理学系研究科 生物学,植物学
 
 
 - 
1971年
東京大学 理学系研究科 生物学、植物学
 
 
 - 
1966年
東京大学 理学部 生物学科,植物
 

委員歴

 
1995年
   
 
日本遺伝学会  評議員,日本遺伝学会第69回大会準備委員長,アイソトープ委員
 
1989年
   
 
日本植物生理学会  評議員
 

受賞

 
1998年
マーキス世界人名辞典,第15版(マーキスWho'sWho)に掲載される.(Who's Who in the World 15th ed.(Marquis Who'sWho))
 
1998年
世界知識人人名辞典,第13版(国際人名辞典センター)に掲載される.(International Who's Who of Intellectuals 13th ed.(International Biography Center))
 
1998年
世界知識人人名辞典,第13版に特別記載(1頁,写真入り)される.(International Who's Who of Intellectuals 13th ed. Dedication(International Biography Center))
 
1998年
国際人人名辞典,第26版(国際人名辞典センター)に掲載される.(Dictionary of International Biography, 13th ed(International Biography Center))
 
1998年
国際人名辞典センターの終身会員(1998-)に推薦される.(International Biography Center, Life fellowship)
 

Misc

 
[α-32P]NTPのコレラ毒素への結合とアラスカエンドウの原形質膜を経由した[α-32P]GTP結合を促進する光信号受容
キトロギア   58(1) 107-114   1993年
[α-32P]NTPのジフテリア毒素への結合とアカパンカビの粗膜分画を経由したその毒素への光信号伝達
キトロギア   58(1) 99-105   1993年
アカパンカビのラス遺伝子のクローニングと塩基配列決定
工学研究雑誌   37(1) 1-6   1993年
アカパンカビの菌糸において光信号はATP-GTP(NTP)結合蛋白質に伝達される
キトロギア   58(3) 231-240   1993年
ATP-GTP(NTP)結合蛋白質と暗発芽アラスカエンドウの原形質膜上の光信号伝達
キトロギア   58(2) 171-185   1993年

書籍等出版物

 
分子生物学辞典(分担執筆)
(株)東京化学同人   
光シグナルトランスダクション
シュプリンガーフェアラーク東京   1999年   

Works

 
蓮沼仰嗣、平野 久編、現代化学増刊、植物バイオテクノロジーIII、植物のシグナルトランスダクション 植物の光シグナリング、実験マニュアル2,原形質膜の調整,実験マニュアル4,光シグナリングの┣DBin(/)-┫DB ┣DBvitro(/)-┫DB解析,実験マニュアル5,AFLPを用いた変異遺伝子のクローニング.
1996年
新規切り花鮮度保持剤の開発
1999年 - 2000年
植物における光環境応答デバイスの開発とその応用
2000年 - 2001年

競争的資金等の研究課題

 
アカパンカビを用いた光信号伝達の解析
アラスカエンドウを用いた光信号伝達の解析
シロイヌナズナを用いた光信号伝達および花芽誘導の遺伝的解析